ソウル市総合ニュース

A A
  • 清渓川、仁寺洞、ソウルの森公園にu-seoul体験空間を設置

    SMG 2729
  •     ソウル市は、2008年に清渓川(チョンゲチョン)、仁寺洞(インサドン)、ソウルの森公園に設置したユビキタス・ソウル(u-seoul)体験空間を年中無休で運営します。

        これにより、ソウル市民誰でも清渓(チョンゲ)広場、仁寺洞、ソウルの森公園などに設置された先端ユビキタス設置ブースで恋人と動画(UCC)を撮影したり、その場で撮った写真でマイ・フォトアルバムをつくり、自分の電子メールに送信することができます。

        特に、外国人観光客の主な観光コースの一つである清渓川や仁寺洞のいたるところに設置された先端メディアボードは、文化・観光、食べ物、交通など、多様なコンテンツを多国語(英語・日本語・中国語)で提供しており、外国人観光客から好評を得ています。

        さらに、ソウル市は、清渓川、仁寺洞、ソウルの森公園などに無線WiFi Zoneを構築することで、ソウル市民誰でもスマートフォン、ネットパソコン、タブレットPCなどを使って無料でインターネットにアクセスし、情報を検索・活用することを可能にしました。

        ソウル市は、ヘルスケアにもユビキタス・システムを適用し、家族みんなで健康状態をチェックできるu-ヘルスパークセンターをソウルの森公園に設けました。

        u-ヘルスパークセンターでは、血圧や体形、体重バランス、筋力、瞬発力などを自由に測定することができます。