Go to Main Content Go to Footer Content

経済ニュース

A A
  • 海外投資者を集めて「グローバルテストベッド都市、ソウル」への発展方法について論議

  • SMG 249

    ソウル市は2019年5月17日(金)、外資系企業のCEO、コンサルタント、弁護士など各界の専門家によって構成された外国人投資諮問議会(Foreign Investment Advisory Council)の懇談会をウェスティン朝鮮ホテルで開催した。

    外国人投資諮問議会(FIAC)とは、海外からの投資誘致を促進するため、1999年にソウル市が設立した諮問機関で、投資の誘致や創業生態系の構築など市政に関する諮問に答えてソウル市の発展に貢献している。

    外国人投資諮問議会(FIAC)は、1999年に設立されてから2019年5月現在まで計49回の会議を開催しており、▵グローバル金融ハブへの発展 ▵グローバル地域本部の誘致方案 ▵マゴク(麻谷)地区投資誘致の活性化方案 ▵DMCの活性化方案 ▵グローバルのトップ5を目指す創業都市の実行方案などの諮問に答えた実績がある。

    ソウル市は、革新企業と人材を集めて胆大にチャレンジできる「グローバルテストベッド都市」としての地位を確立することがグローバル無限競争時代に必要な先決すべき課題であると考えている。

    今回の懇談会では、ソウル市が、革新都市ソウルとしての名声を高めるとともに革新企業の成長をサポートするため推進している「テストベッドソウル」や「ソウルグローバルチャレンジ」などについて15人のグローバル投資専門家などの諮問を受けた。