文化/観光ニュース

A A
  • 江南(カンナム)観光の新しいランドマーク、江南観光情報センターが開館

    SMG 1601
  •     韓国のビジネス、文化・芸術、ファッション、ビューティー、IT、教育、金融の中心であり、世界最高のプレミアム医療サービスを誇る都市「江南(カンナム)」!

        PSY(サイ)の「江南スタイル」の世界的人気により現在、世界の人々が江南に注目している。実際、江南区は毎年200万人以上の外国人観光客が訪れている魅力的な観光地である。江南に対する世界の関心と人気に応え、外国人観光客にとって便利で信用できるサービスを提供するために、「江南」地域の新しいランドマークとなる「江南観光情報センター」が6月26日、狎鴎亭洞(アックジョンドン、ヒュンダイデパート本店の隣)に開館した。

        センターの位置する狎鴎亭洞は、交通、ショッピング、医療施設の密集地域なので立地条件に優れており、新沙洞(シンサドン)カロスキル (並木道)、清潭洞(チョンダムドン)ブランド街など観光名所とも隣接しているなど、観光客誰もがアクセスしやすくソウル観光の新しい中心として人気が高まっている地域である。また、江南シティツアーバスの出発点となるバス亭がセンター前に設けられ、大型観光バスの駐車施設も備わっているので、個人旅行者のみならず、団体客も訪れやすいというメリットがある。また、清潭洞一帯に造成される韓流スターストリートと繋がっているので、韓流観光の拠点になると期待されている。

        2階建て(延べ面積820㎡)の江南観光情報センターは、江南の素晴らしい韓流コンテンツ、観光資源、医療観光インフラなどを広報するために、1階を「医療観光センター」と「総合観光案内センター」に、2階を「韓流体験館」にし、外国人観光客が江南の観光資源について情報を得て感じて楽しめる特徴ある体験案内センターとしていく方針である。

        主な内部施設は、1階は▲英語、中国語、日本語など多言語で観光情報を案内する観光案内デスク、▲江南の主なインフラである医療観光体験および医療情報を提供する「医療観光センター」、その他に▲旅行代理店、▲外貨両替所、▲ラウンジ、▲総合観光サービスデスク(各種予約、チケット販売、交通カードの販売、ロッカー)などを構築し、センターを訪れる個人旅行者に必要な様々なサービスを一カ所で提供できるようにしている。2階は韓流体験館で、▲デジタル体験ゾーン、▲韓流スター体験ゾーン、▲韓流MD展示ゾーンおよび複合ビューティーゾーンなどにより構成されていて韓流スターのファンがコンテンツを直接見て聞いて体験できるように構成している。

        江南観光情報センター長のイ・スナ氏は「観光客にとって信頼できる観光情報や様々なサービスを提供し、また真の江南が体験できるきっかけを作る」とし、「世界の注目を集めている韓流文化、そして健康な美しさを求める医療観光をメインテーマにして、最新IT技術を取り入れた様々な体験プログラムを備えている」と述べた。

        仁川空港とソウルの明洞に続き、ソウルの狎鴎亭に江南観光情報センターを開館したソウル観光マーケティング㈱は今後、ソウル市や江南区とともに観光インフラの拡大と様々な観光コンテンツ開発を続けることにより多くの観光客を誘致し、医療観光や韓流など江南の魅力を知らせる観光の拠点施設にしていく予定である。 お問い合わせ:観光事業チーム ノ・ジュンシク (02-3788-0872, junshik@seoulwelcome.com)