文化/観光ニュース

A A
  • 東大門グローバルセンターがオープン 外国人住民の貿易を支援

    SMG 1128
  • 글로벌센터

    中区クァンヒ(光熙)洞に設置されたトンデムン(東大門)グローバルセンターが、10月7日のオープンセレモニーをもって正式にオープンします。

    中区クァンヒ(光熙)洞は、モンゴルやロシア及び中央アジアの人々の交流が盛んな地域で、特に外国人が経営する商店約150店が密集しており、モンゴル人やロシア人ら約1千人が交流したり、商取引を行ったりしています。それにもかかわらず、外国人支援施設が不十分で、グローバルセンターの設置が求められてきました。 トンデムン(東大門)グローバルセンターは、小規模の零細貿易商の橋渡しなど、貿易・ビジネス活性化に向けた特化型サービスを提供するとともに、韓国人・外国人住民が交流する様々な空間やイベントを支援します。

    ※第1グローバルセンターはチョンロ(鐘路)区ソリン(瑞麟)洞に位置し、ソウル市最大の外国人密集地域であるヨンドンポ(永登)区テリム(大林)洞に第2グローバルセンター(西南地区グローバルセンター)を、中区クァンヒ(光熙)洞に第3グローバルセンターとしてトンデムン(東大門)グローバルセンターをオープンさせました。

    東大門グローバルセンター概要

    ○ 場 所:チュン(中)区サンリム(双林)洞25-6 7階

    ※ 地下鉄2・4・5号線トンデムン(東大門)歴史文化公園駅6・7番出口前

    ○ 主要施設

    区分 施設詳細及び活用計画
    多目的室
    (講義室)
    ‐講義室:韓国語及び貿易・ビジネス専門教育室
    ‐大会議室兼イベント会場:大規模な会議やコミュニティ・イベント、商品説明会など様々なイベント会場として活用
    共同業務空間 ‐事務スペースを持てない零細貿易商のための空間
    ‐メモや会議室の予約といった秘書代行サービス、郵便物の受け取り、小包の保管などを支援
    会議室 ‐貿易・ビジネス関連の会議室
    ‐専門家によるコンサルティングやセミナーの会場として活用
    相談席 ‐貿易・ビジネス専門相談
    ‐言語圏別(モンゴル語、ロシア語など)相談支援
    コミュニティ空間 ‐モンゴルやロシア、中央アジアなど5つのコミュニティ空間を提供
    カフェラウンジ ‐地元の韓国人・外国人住民が自由に交流できる空間
    ‐モンゴル及びロシア文化体験空間として活用
    利便施設 ‐零細貿易商専用の物品保管ロッカーを設置
    ‐周辺の利便施設案内図と情報交換のための掲示板を設置