希望日記

A A
  • 雨の日に荷物を運ぶこと
    [朴元淳の希望日記641]

    SMG 477
  • 雨の日に荷物を運ぶことがこれほど大変だとは知りませんでした。「大変だけど仕事があるから嬉しい」と笑顔で答えるお年寄りに元気をもらいました。

    「ウォンスンさんは働き者だな」。そんな嬉しい言葉をかけていただきました。私は60歳です。お年寄りの友であり、親孝行な息子です。

    お年寄りの気持ちを一番よく理解できるのは私くらいの年齢でしょう。

    市民の一人として、お年寄りが幸せに暮らせるソウル市を築いてまいります。働くお年寄りが不当な待遇を受けないようお守りします。お年寄りが力仕事だけではなく、スマートな仕事に就けるよう、多くの雇用を創出してまいります。

    住宅の心配をせずに暮らせるよう、お年寄りのための安心賃貸住宅をもっと建設します。

    仕事と余暇のバランスのとれた生活により、もっと健康に過ごしていただけるようサポートします。かゆいところをかいてくれる孫の手のように、お年寄りが苦労していることや大変なことをソウル市が解消してさしあげます。

    私のニックネームが「コムコム(几帳面)ウォンスン」であることをご存知でしょう。
    お年寄りのための政策に大小はありません。もっと几帳面に、慎重に取り組んでまいります。

    #お年寄り #パク・ウォンスン(朴元淳) #ポリン住宅