希望日記

A A
  • ソウル市公職社会革新対策
    [朴元淳の希望日記605]

    SMG 420
  • -公務員の犯罪件数1/7に減少、市民による公職者不正行為ホットライン通報10倍に
    -市民73%「市民の信頼度向上にプラスの影響」、職員82%「清廉度向上に効果あり」

    まさに「朴元淳法」の効果です。ソウル市は、昨年8月に「ソウル市公職社会革新対策」を発表し、10月に「ソウル市公務員行動綱領」と「懲戒規則」の見直し、今年3月に「細部実行計画」を取りまとめ、政府の「キム・ヨンラン法」より先に「朴元淳法」を全面施行しています。

    「朴元淳法」と呼ばれる「ソウル市公職社会革新対策」は、①公益と私益の利害衝突防止制度の新設 ②不正請託の撲滅システムの構築 ③金品を授受した公務員のワンストライク・アウト制の強化 ④通常時の安全管理と高官の責任強化 ⑤退職者の不正再就職などいわゆる「官フィア」の撲滅対策、などが柱です。

    「朴元淳法」の施行から6カ月となった3月31日、ソウル市は公職社会革新の成果と限界、そして今後の課題を綿密に検討し、市民の皆様の期待にお応えすべく、公職社会の価値基準を率先して実践していく方針です。