希望日記

A A
  • SH公社の革新案
    [朴元淳の希望日記590]

    SMG 739
  • SH公社が大きく変わります。

    SH公社は、都市再生に1兆ウォンを投じて個別ニーズに合わせた共同体住宅1万戸を供給する内容が盛り込まれた「SH公社革新案」を昨日発表しました。

    SH公社は、市民代表3人を招いて「市民に約束する14項目の革新案」を伝え、住宅福祉と都市生活のための市民参加型の公共デベロッパーに生まれ変わろうとしています。

    SH公社はまず、住宅福祉サービスの強化に向け、住宅福祉センター11カ所を拠点に、地域に見合った体制を構築して総合的な住宅福祉プログラムを施行し、その過程でこれまで公共賃貸住宅政策から排除されてきた1人世帯や障害者、ホームレスらに、それぞれのニーズに対応した共同体住宅1万戸を2018年までに供給する計画です。

    また、ニュータウン解除区域は、小規模住宅再生事業の拡大に向け、投資と支援を通じて住民参加を引き出すなど、ニュータウン代案事業の総括施行者の役割を担う計画です。また、公社の保有資産や公共資産を活用し、市民が徒歩10分圏内で共同体施設を利用できる「徒歩10分圏内」政策を推進する計画です。

    SH公社は、必要な財源確保に向け、都市再生レイツ(REITs)を設立し、民間資本や年基金など公共財源の投資を引き出す計画です。ソウル市民選6期の公約である都市再生事業1兆ウォン投資計画も取りまとめました。

    安心住宅サービスのために、30分以内の応急処置、3時間以内の復旧、3日以内の再発防止対策の策定の「3-3-3安全システム」を導入するとともに、「欠陥ゼロ」住宅建設の実現に向け、入居時の欠陥未処理の割合が10%を超える業者は入札参加を制限する方針です。

    最高の住宅サービスを提供することをお約束いたします。