希望日記

A A
  • デジタルシティ・ソウル
    [朴元淳の希望日記544]

    SMG 610
  • 544

    今どちらですか?花の金曜日、地下鉄で帰宅するなら、そろそろ会社を出る時間でしょう。帰宅途中でこんな想像をしてみてはいかがでしょう。バスのドアステップを踏むだけで自動的に交通費がカウントされるウェアラブル機器。迷子防止用のリアルタイム位置追跡腕輪。これまでに想像したことがおありでしょうか。仮想現実を利用した安全教育。クラウディング・ソーシングを活用した集団的問題の発見.。.デジタルは、すでに私たちの社会を変えつつあります。「デジタル」が「ソウル」をいかに変えうるのかを考えるグループの新しい想像は熱いです。市民は想像し、ソウルは実践し、行動します。「デジタルはソウルのために何をできるか」。フェイスブック・グループ: https://www.facebook.com/groups/digitalforseoul/では、グループに寄せられた内容を共有いたします。

    1.バスのドアステップを踏むだけで自動的に交通費がカウント、ウェアラブルの果ては

    http://media.daum.net/digital/others/newsview?newsid=20140924051104277

    2.迷子防止腕輪:革新はスペックではなく

    3.「地図はモノのインターネットの革新プラットフォームとなる」 http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2014&no=1241883