希望日記

A A
  • 脱北者らとともに法事
    [朴元淳の希望日記534]

    SMG 367
  • 534

    故郷に戻れない人々にとって祝日は寂しいものです。

    ソウル市で暮らす脱北者らとともにお供えをし、北朝鮮にいる先祖のために法事をしました。私が祭官となって祝詞を読み、先祖に一礼し、南北統一を祈りました。

    来年は南北分断70周年です。悲しみと苦痛の歴史はあまりにも長すぎます。