希望日記

A A
  • 「中国北京訪問」
    [朴元淳の希望日記462]

    SMG 440
  • 中国北京の日帰り訪問を終え、
    無事帰国したことをご報告します。

    サムギョプサル
    泥棒
    腹部肥満の
    主犯
    ‐微笑粒子状物質、ウォンスン(元淳)市

    • 0627_06
    • 0627_07

    売れっ子の詩人ハ・サンウクさんの「ソウル市」をパロディしてみました。微笑粒子状物質は、もはや特別な問題ではなく、日常のことになりました。だからといって、問題が解決されたわけではありません。

    「逢山開道、遇水架橋」

    山があれば道をつくり、

    水があれば橋をかけるという中国の故事のように、
    問題は解決するためにあるのです。

    0627_08

    無謀と思われるかもしれませんがが、市民の苦痛に目を背けるわけにはいけないと思い、中国を視察してまいりました。北京市の王安順市長と協約を結んだり、環境保護観測センターの大気汚染観測システムを視察したり。専門家との座談会や、人民網と中国国営の新華社通信とインタビューもしました。

    「千里の道も一歩から」という言葉の通り、これからがスタートです。どんなに遠い道も、仲間と一緒なら辛くないといいます。ソウル市と北京市が力を合わせれば、大気汚染問題は解決できるはずです。

    夢が叶いますように。

    0627_47
    0627_48