希望日記

A A
  •  今まで雨や雪が降る日に
    [朴元淳の希望日記155]

    SMG 798
  •  

        今まで雨や雪が降る日に、屋根のないバス停で傘をさして待つことが多かったと思います。それで2014年3月までに、安全に楽にバスを待てるよう最先端機能を取り揃えたバス停に改良する大工事を行います。現在道路の中央にあるバス停のレベルにアップグレードするのです。
    基本的に屋根とベンチは必ず設置します。さらにバスがいつ着くのかひと目でわかるバス到着案内端末機(BIT)、障害者のような交通弱者のための点字ブロック音声認識バス情報案内、発光型改良路線図などを設置します。そして道路際のバス停内のWi-Fi(ワイファイ)ゾーンを大幅に拡大し、ITを基盤としたリアルタイム維持管理体制も構築します。来月5月からソウル市内にある道路際バス停全部(5,712ヵ所)を対象に改良工事に着手します。

        これまで道路中央のバス停とは異なり、道路際バス停は民間事業者が管理していたため、事業者の利益の有無を中心に立地を選定していました。それで地域の格差も激しく、普及率も低迷でした。それだけでなく、体系的な管理がなされず、違法の広告宣伝物が横行したり、デザインやカラーもそれぞれ異なり、都市の美観を阻害して市民の不平不満も高まっていました。
    小さなことかも知れません。しかしこのようなことから改善してこそ素敵な都市に生まれ変われるのだと思います。建て前や見栄でなく、中身がいっぱい詰まった果物のように、市民が便利に幸せに暮らせる都市となるよう、少しずつ、少しずつ、改善していきます。皆さんも応援してくださいね。^^