希望日記

A A
  •  驚きの土曜日!この世で一番大きい学校にご招待します。
    [朴元淳の希望日記102]

    SMG 838
  •      3月から「驚きの土曜日」がスタートします。学校の授業が無くなった毎週土曜日、文化・生態・職業・科学など2,051のプログラムを提供します。

    例えば、普段から家族劇、ミュージカル、オペラ、ジャズなどの多彩な文化芸術を楽しみたいと思っていた方なら、南山(ナムサン)創作センター、広場、公園などがお勧めです。ここでは一年中盛りだくさんの公演が行われます。また公園、資源回収施設、水再生センターなどでは生活ごみの資源化、蝶学習館、水再生過程、1泊2日の動物園大探険キャンプなどを行います。

    ソウル歴史博物館では中・高校生のインターン制を実施しています。また週末に家族旅行する機会がない子供達を対象に、山や海などを家族で旅行できる「幸せづくり国内旅行」や「多文化(国際結婚)家族の韓国語童話口演クラス」なども運営しています。

    明知大学の学生たちが疏外階層の子供達の家を訪問して宿題などを見てあげる、「土曜幸福学校」も運営しています。また教科と連携したストーリーテリング形式の「ソウルの旅、教科書ツアー」も24のプログラムを開発して実施します。社会の科目と連携して、ソウルのあちこちで朝鮮時代の文化について学ぶ「大切な朝鮮の文化を分かち合う探訪記」は14のプログラム、創意科学に関連した「地球温暖化を知る」なども5つのプログラムを実施します。体育系のプログラムとしてはオリンピックの種目が体験できる「土曜オリンピック」を、美術は「現代美術作家の研究および壁画を描く」など2つのプログラムがあります。

    さらに3月1日からは、これらのプログラムを携帯電話で簡単に確認・申込みできるアプリ、「놀토서울(ノルトソウル)」も提供します。

    そして来たる5月には1週間の予定で、青少年が直接参加して楽しめるイベント、青少年が親と共に広報するSNSサークル、保護者体験団などが行われる「ノルトソウルエキスポ(EXPO)」を開催します。「驚きの土曜日」―とても楽しみです。