Go to Main Content Go to Footer Content

希望日記

A A
  • 大学生のアルバイトを募集します
    [朴元淳の市政日記50]

  • SMG 1246

    <去年の夏、大学生アルバイトに参加した学生たちとの出会い>

        私のツイッターやフェイスブックに「ソウル市でインターンまたはアルバイトできる所はないですか」という問い合わせがありました。ここでお答えしたいと思います。ソウル市と25の自治区で、冬休みを迎えた大学生に社会経験及び学費稼ぎのチャンスを提供しようと、計2,199人の大学生のアルバイトを募集し、採用することにしました。

        志願資格については、ソウル市の場合は、高等教育法において、大学に在籍している学生(休学生を含む)のうち、ソウル市に所在する者、または高等教育法において、大学に在籍している学生(休学生を含む)のうち、受付初日現在、他地域に所在しているが、ソウル市に住民登録されている者とし、自治区の場合は、該当自治区に住民登録されている大学生とします。またソウル市では、申込者が多い場合、電算抽選で対象者を選抜します。特に全体570人のうち、生活保護受給者、次上位階層(潜在貧困層と基礎生活保障受給対象から除外された貧困層)、登録されている障害者本人、子供が3人以上の家庭、北朝鮮離脱住民、多文化(国際結婚)家庭の子供、国家有功者及びその子供などを含む171人(30%)を特別選抜しますので、ご理解、ご了承お願いします。

        選ばれた大学生アルバイトは、市庁及び事業所に分散配置されて勤務します。勤務期間及び賃金は、2013年1月10日(木)から2月7日(木)まで、週5日、1日5時間勤務(昼休みを除く)で、1日29,300ウォン(お昼付き)が支給されます。不十分ですか?すみません…。部署の配置は申込者の専攻及び将来の希望、資格事項、勤務部署の特性などを最大限考慮して社会生活に役立つよう配慮する計画です。

        アルバイトの申込みは12月4日(火)から12月11日(火)まで、ソウル市ホームページ(www.seoul.go.kr)で受け付けています。選抜結果は12月21日(金)、ソウル市ホームページにて発表します。次の機会には、もっとたくさんのアルバイト、インターン、社員を選抜できるよう努力します。ありがとうございます。