Go to Main Content

希望日記

A A
  • 「ソウルスタイル」を作りましょう
    [朴元淳の市政日記35]

  • SMG 1218

        市民の皆様、「世界的歌手のPSY、ソウルスタイルコンサート」を楽しむ準備はできましたか。

        今日の夕方、広場と徳寿宮(トクスグン)の正門に人々が雲集しているのをソウル市庁舎から眺め、ソウル市民の情熱にもう一度驚かされました。また、皆様から寄せられた便りも読みました。色々とありましたが、「幸せにしてくれるPSYに、そして素晴らしい舞台を準備してくれるソウル市に感謝する」というものがほとんどでした。しかし、そのご意見には「いいえ」と答えたいです。ソウル市の方こそ、これほどの情熱的な市民の皆様に感謝いたします。そして私個人には、「我々が心の底から幸せを望み、それを共有したがっている」ということが切実に伝わりました。

         PSY、本当にすごいですよね。私は韓流として企画されたコンテンツではなく、我々の中から、我々のために作られた文化コンテンツが世界で人気を博しているのを見て、非常に勇気付けられました。しかも、その流通の方法を見ると、新しい可能性を読み取ることができます。すべてSNS、ニューメディアを通じてPSYはそれこそ「世界的歌手」になりました。結局、我々が楽しみ、幸せになるものを、世界の人々も楽しむということに確信を得たのですから、その役割や影響は非常に大きいと思います。だから、「分かっている男(江南スタイルの歌詞の一部)」だけではなく、老若男女問わず、心臓が熱くなるまで楽しんでください。

        そして、皆様も安全な公演になるよう、ルールを守ってください。現場でご覧になれない方は、以下のアドレスでご堪能ください。

        私にとって最も重要なことは、市民の一人一人の安全です。

        500以上の国内外のマスコミが我々を見ています。
        ソウルスタイルとは何たるものか、世界に向けてお見せしましょう。^^