Go to Main Content

希望日記

A A
  • 故郷に帰る準備は出来ましたか
    [朴元淳の市政日記34]

  • SMG 1409

        故郷に帰る準備は出来ましたか。
        帰省の道、私とご一緒しませんか。
        主な市政問題や市民の生活に関わる懸案問題について質問し、答える「応答せよ、朴元淳-第1回」がポッドキャストに掲載されました。「共に作るソウル、共に享受するソウル」になるため、経済に関するソウル市のビジョンについて書きました。
        このように、ソウルは市民の皆様の声に耳を傾け、それに応えながら変貌を続けています。
        帰省、安全運転で行って来てください。

    ご利用方法
    >iPhone:Podcast>카테고리(カテゴリ) > 정부 및 조직(行政/団体) > 원순씨의 서울이야기(朴元淳のソウルストーリー)
    >アンドロイドフォーン:wonsoontv.iblug.com

        「いつも秋夕のように幸せな日々が続きますように」という言葉があるほど、人々が幸せになる秋夕。
        しかし秋夕がすべての人にとって楽しい日な訳ではありません。

        今日、合井洞(ハプチョンドン)において大型スーパーが入るのに反対し、テントで路上生活を送っている望遠(マンウォン)市場の商人たちに会いました。数十年間生活を支えてくれた場所に大型スーパーが入り、一夜にしてその生活が崩れるのではないかと焦り、もう50日以上も家に帰れない状態です。
        大型マートと昔ながらの市場。その相互利益の道を探るのは、苦難の連続です。
        ソウル市は大型スーパーの義務休日制を実施しましたが、裁判所の制裁により留保されている状態です。条例を改定し、義務休日制を再度実施する予定です。
        ソウル研究院の調査によると、ひと月2回の大型マート義務休日制を実施した今年の春、市場の収益は40%ほど上がったそうです。
        大企業と小売店が共に生きる相互利益の道を、必ず見つけます。

        秋夕の時に共存を確認すべき対象はもう一つあります。
        それは家族です。
        秋夕の昔の風習には、嫁に行った娘と実家の母親がどうしても会いたいものだから、中間地点で落ち合い、互いの安否を確かめる「中路相逢」というものがあったそうです。
            義理の親と暮らす結婚生活には大変なことが付き物ですから、実家のお母さんにとても会いたかったでしょう。義理の親との生活と同様、ソウルでの暮らしも大変でしょう。帰省して親兄弟、故郷の野原、満月から大きな慰労と勇気をもらって帰ってください。
        秋夕の満月の下で、詩を一遍お送りします。

    シスターの李海仁(イ・ヘイン)さんの詩、「月光の祈り」です。

    ———————————————————
    月光の祈り

    あなたも私も
    故郷の恋しさを呼び起こす
    まるい月の秋夕

    我々が互いを見つめ合う視線が
    月光のように和やかで温かいことを
    我々の暮らしが
    暗い欲を乗り越え
    もっと明るくなることを

    鋭い憎しみと偏見を捨て
    もっと丸くなることを

    両手を合わせて祈ろうとしたら

    空よりさきに私の心に
    美しい月が昇りました

    秋夕の月を心に昇らせ
    あなたもずっと幸せであるように、真ん丸く!

    ———————————————————————————————-

    いかがですか。

    この詩のように、秋夕を丸く、幸せに、過ごしてください。
    それでは、また。