Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • 春~秋まで開かれる「2011光化門文化マダン」

  • SMG 2255

        ソウル市と世宗(セジョン)文化会館は、4月28日から10月9日まで、各種テーマを持つグローバル文化芸術祭り「2011光化門文化マダン」を、光化門(クァンファムン)の世宗文化会館中央階段特設ステージを中心に行う。

    光化門星の夜フェスティバル     ソウル市は、光化門文化マダンを、市民と外国人観光客が一緒に楽しめる、韓国を代表する歴史文化体験祭りとして発展させる計画だ。

         「2011光化門文化マダン」は、▴4月の忠武公(チュンムゴン)・李舜臣(イ・スンシン)将軍をテーマにしたメモリアルフェスティバルを皮切りに、▴5月~6月には「春、光化門星の夜フェスティバル」を▴7月~8月には世界各国のトップミュージシャンによる「ワールドミュージック・フェスティバル」、▴9月には「秋、光化門星の夜フェスティバル」、▴10月には世宗(セジョン)大王をテーマにしたメモリアルフェスティバルなど、約150回の公演や市民参加型プログラムが相次いで開かれる。

         忠武公・李舜臣将軍の誕生日にあたる4月27~28日には、光化門広場地下にある展示館「世宗・忠武公物語」と連携し、公演や展示会、無料公開講座、学術セミナーなどが調和した歴史テーマ祭り「メモリアルフェスティバル『忠武公物語』」が行われる。

         5月2日(月)から6月30日(金)の毎週月曜日から金曜日までは、「春、光化門星の夜フェスティバル」が世宗文化会館中央階段特設ステージで「夢と情熱の伝説」というテーマで行われる。

         「春、光化門星の夜フェスティバル」終了後、7月4日から8月31日までは「ワールドミュージックフェスティバル」が開かれる。「世界に出会い、交流する」というテーマで開かれる「ワールドミュージックフェスティバル」は、韓国や海外で活躍中の実力派ミュージシャンが世界各国の音楽を紹介するプログラムで、真夏の夜を再び熱くする予定だ。

         「ワールドミュージックフェスティバル」に続き、9月1日から10月7日までは「思い出とロマンの伝説」というテーマで、韓国トップクラスのミュージシャンが秋の夜を甘く染める「秋、光化門星の夜フェスティバル」が続く。

         「2011光化門文化広場」のフィナーレは、メモリアルフェスティバル「世宗物語」。ハングルの日を迎え、10月8日と9日の2日間行われる「世宗大王物語」は、光化門広場、世宗文化会館中央階段特設ステージ、世宗物語などで各種公演や市民参加型のプログラムが行われる予定だ。

         *問い合わせ:世宗文化会館公演企画チーム(02-399-1612)