ソウル市総合ニュース

A A
  • 旅行ガイドといっしょに地下鉄で巡る「都心の旅」

    SMG 2269
  •     遠距離移動と高い費用、それらの理由でソウル旅行の計画が立てられないでいる方に、ガイドさんと一緒に地下鉄に乗って出かける「都心の旅」を利用するのはいかがでしょうか。

        ソウル市は、地下鉄を利用して駅の周辺の文化財や観光地の旅を案内する「都心の旅ガイド」を7月15日から11月まで試験的に運営すると発表しました。

        「都心の旅ガイド」は、都心で観覧できる文化財や観光地を市民や外国人に知ってもらい、短い時間で充実した旅を案内するガイドさんといっしょに地下鉄と徒歩でソウルを巡るプログラムであり、障害者、高齢者、外国人、家族、それぞれの観光客の特性を考慮した4コースで構成されています。

    • 障害者向けコース(気軽に行ける伝統文化体験の旅)
      : 徳寿宮王宮守門将交代儀式→徳寿宮→仁寺洞通りなど

    • 高齢者向けコース(地下鉄で巡る思い出の旅)
      : 国立古宮博物館→ソウルメトロ美術館→南山韓屋村→清渓川散策など

    • 外国人・多文化家庭向けコース(ソウルの過去と現在を体感できる旅)
      : 仁寺洞サムジ通り→南大門市場→国立中央博物館など

    • 家族同伴向けコース(思わぬ発見と出会いを求めて巡る小さな旅)
      : 貨幣金融博物館→戦争記念館など

        旅行中に移動する地下鉄の利用料金は無料で、コースを回り終えると所定の記念品が贈呈されます。なお、入場料などその他の費用は各自負担となります。ソウルメトロのホームページで申し込むことができ、1回の旅行に参加できる人数は5~20人で、火曜日から金曜日までご利用できます。午後1時30分から約4時間、都心の旅を楽しむことができます。

        ソウルメトロの関係者は、「地下鉄を単なる交通手段ではない生活・文化における総合サービスを提供する道具にしていきたい。今後も多採なサービスやイベントを計画・誘致し、市民の皆様に喜びと有益を提供するハブとしての役割を果たす空間を造成するために努力していきたい」と意気込みを述べました。