メインコンテンツに移動
T T

都市建築

再び跳躍するソウルの新たな変化、「2022ここが変わるソウル生活」でご確認ください

都市建築ニュース

再び跳躍するソウルの新たな変化、「2022ここが変わるソウル生活」でご確認ください

ソウル市は、2022年に新しく施行される事業、開館を控えた公共施設、市民生活に関連性のある新しい制度を市民が一度に把握できるよう、「2022ここが変わるソウル生活」を1月中旬に発刊する。今回発刊される「2022ここが変わるソウル生活」は、「ソウルビジョン2030」における4つの分野ごとに①共生都市 22件、②安心都市 17件、③グローバルリード都市 8件、④未来感性都市 13件の全60事業で構成される。 共生:ソウル安心所得、公正教育ソウルラーン、小商工人ローカル商圏支援 ソウル市は、所得と財産基準を満たす500世帯に3年間安心所得を支給して、比較集団として選定した世帯とともに5年間の変化を研究してソウル安心所得の効果を分析するテスト事業を始める。教育格差を解消するため、社会的弱者層の青少年に対してオンライン講義コンテンツとマンツーマンのメンタリングサービスを支援してきたオンライン学習サイト「ソウルラーン」が、2022年は法定ひとり親家庭の青少年と脱北住民に範囲を拡大して提供される。また、すべての青少年と青年を対象に進路・進学コンテンツ、一般常識、人文・社会、資格など様々なテーマの非教科目コンテンツを提供する。また、ソウル市は新型コロナウイルス感染症によって困難に直面している小商工人に対する支援を強化するため、路地商圏を援助するための「ローカルブランド商圏育成」事業を推進し、地元商圏のブランド化を通じて、ヨントラルパーク、シャロスキルなどの地域別にストーリーがある商圏を構築していく計画である。 安心:オンソウル健康ON、ソウル型共有保育園、1人世帯の病院安心同行 ソウル市民の誰もが時間と場所にとらわれず便利に健康を管理できるよう、ICT(情報通信技術)基盤で自己健康管理統合サービスを提供する、ソウル型スマートヘルスケアサービス「オンソウル健康ON」事業を2022年から本格的に取り組み、参加者を拡大していく計画だ。また、少子化時代を迎え、国立・公立、民間・家庭保育園の教育格差を解消して、保育サービスの質向上のため導入された共生・協力方式のソウル型共有保育園を、25の全自治区に拡大する。なお、ソウル市は日増しに増加している単身世帯支援対策づくりにおいても先頭を立っている。2021年11月に実証運営が開始された「1人世帯の病院安心同行サービス」は、2022年1月から本格的に提供される。病院へ同行する必要のある単身世帯のため、病院へ出発するときから帰宅するまでのすべての過程に同行マネージャーが保護者のように同行してくれる。1人暮らしの市民なら誰でも手ごろな費用で利用できる。 グローバルリード:ソウルフェスタ、SEOUL LIGHT(ソウルライト)、ソウル創業ハブM+開館 ソウル市は、新型コロナウイルス感染症により沈滞状況に置かれたソウル観光産業を活性化させて、市民と国内外の観光客が一緒に楽しめるグローバル観光祭り「ソウルフェスタ(Seoul Festa)」を開催する。お祭り期間中には、韓国で初めて披露される電気自動車レースや韓流スター公演が繰り広げられ、ソウルの粋、グルメ、ショッピング、各種文化公演など見どころ満載のイベントが催される。また、DDP(トンデムン(東大門)デザインプラザ)を中心に、多様なストーリーのメディアアートと光・照明が調和する「SEOUL LIGHT(ソウルライト)」イベントを年中拡大開催して、新型コロナの長期化によって疲弊した市民に希望のメッセージを伝える。ソウル市は、先端R&D融合・複合革新拠点であるマゴク(麻谷)に、「ソウル創業ハブM+」を開館する。マゴク(麻谷)所在の大企業と中小企業の同伴成長と、創造的な融合エコシステム構築を目標に企業に入居空間を支援する一方で、技術・事業化支援、ソウル革新成長ファンド、投資誘致マッチング、グローバル販路開拓、創業教育、専門家メンタリングなど様々なプログラムを運営する。 未来感性:メタバースソウル、新しいクァンファムン(光化門)広場とメディアファサード、小学生文化公演観覧支援 ポストコロナ時代に非対面コミュニケーションチャンネルとして浮上したメタバース(Metaverse)をソウル市政全般に導入できるよう、韓国自治体として初めて独自メタバースプラットフォーム「メタバースソウル」を構築する。3次元仮想現実空間「メタバースソウル」で、ソウル観光スポット訪問・体験サービスを提供する一方で、様々な体験・体感サービスと市民参加型空間を提供していく予定だ。なお、大韓民国を代表する空間であるクァンファムン(光化門)広場が、さらに新しくなって市民に公開される。ソウル市は、市民の気持ちを反映させて、クァンファムン(光化門)広場の歴史性を生かすと同時に歩行性と市民利用性を強化する「新しいクァンファムン(光化門)広場構築」事業の締めくくりに拍車をかけて、2022年上半期に市民広場を開場する計画である。「新しいクァンファムン(光化門)広場」の市民広場開場時期に合わせて、文化・観光の拠点であるクァンファムン(光化門)を華やかな光で彩るメディアファサードも設置・運営する計画だ。また、子どもたちの文化感受性を育むため、ソウル市の小学生に文化公演観覧を支援する。これを通じて小学生の文化公演観覧の機会を拡大する一方で、新型コロナによって困難をきたしている芸術団体に公演機会を提供して、公演文化の活性化を図る。 1月中旬に発刊される「2022ここが変わるソウル生活」は、ソウル市電子書籍ホームページ(ebook.seoul.go.kr)と情報コミュニケーション広場(opengov.seoul.go.kr)から誰でも手軽に閲覧できるほか、ソウルを代表するコミュニケーションポータル「私の手の中にソウル(mediahub.seoul.go.kr)」からでも確認できる。
ソウル市、米「CES 2022」で『ソウル館』を運営…革新企業25社を率いて参加

ニュース

ソウル市、米「CES 2022」で『ソウル館』を運営…革新企業25社を率いて参加

ソウル市は、翌2022年初旬に米国ラスベガスで開催される世界最大規模の家電展示会、「CES(Consumer Electronic Show) 2022」で『ソウル館』をオープンして、革新企業25社と共に参加する。新型コロナウイルス感染症により中断されていたオフライン大会が再開されるもので、2022年1月5日(水)~1月8日(土)にわたり開催される。 「CES」は、毎年初旬に米国ラスベガスで開催されている世界最大規模の家電展示会で、サムスン、LG、SKTなどの韓国大企業、Google、Amazon、Sonyなどのグローバル企業、デジタル新技術を保有する世界中のスタートアップが参加する技術交流の場でもある。 CESで『ソウル館』が運営されるのは、これで3回目となる。今回は、さらに高度になりアップグレードされたソウルのデジタル技術を公開するという意味を込めて、「Next Digital Seoul」がテーマに選定された。 歴代最大規模となるソウル所在の革新企業25社が参加して、各企業の技術ソリューションを世界に紹介し、ソウル市としても一歩先を歩むスマートポリシーを広報することで、スマートシティ・ソウルの国際的存在感を高めることを目標としている。 これと関連して、ソウルデジタル財団は、15日にソウル市庁で、オ・セフン(呉世勲)ソウル市長とCES 2022に参加する革新企業がオンライン・オフラインで出席した「CES 2022ソウル館発足式」を開催した。新型コロナの感染拡大傾向により、発足式はオンライン・オフラインで実施され、オフライン参加人数は最小限にとどめた。 革新企業25社が保有する技術ソリューションは、▴交通・環境分野(5社)、▴安全・健康分野(7社)、▴経済・リビング分野(13社)である。このうち、2021年CES革新賞を受賞した企業5社の技術は、▴IoT技術で個人に合わせてカスタマイズ型栄養管理をしてくれる「アルゴケア(Algo Care)」、▴動画の中の主人公、声を変える映像制作・共有SNSプラットフォーム「クレオン(klleon)」、▴いびき感知など使用者の熟眠を助ける人工知能スマート枕「メテル(Maetel)」、▴テキストを動画に自動変換するAIソフトウェア「ウェインヒルス・ベンチャーズ(waynehills ventures)」、▴3D顔スキャン、分析、ビッグデータでメガネを推薦するメガネ注文用アプリ「コプティック」である。 ソウルデジタル財団は、Google、PayPalなどのグローバル革新企業を育て上げた米シリコンバレー投資会社プラグ・アンド・プレイ(Plug And Play)、韓国貿易協会と協力して、今回初めてCES 2022参加企業の能力強化を支援している。グローバルビジネス力を強化するためのアクセラレーティングプログラム、市場性確保のための技術検証などを支援中だ。 ソウル市、米「CES 2022」で『ソウル館』を運営…革新企業25社を率いて参加
外国人が期待する「ソウルビジョン2030」政策1位は「ソウルペクチェ(百済)歴史遺跡地区の造成」

都市建築ニュース

外国人が期待する「ソウルビジョン2030」政策1位は「ソウルペクチェ(百済)歴史遺跡地区の造成」

ソウル市は、11日間(2021年11月19日~29日)にわたって韓国内外に居住する外国人を対象に実施した「外国人が最も期待する『ソウルビジョン2030』優秀政策」の投票結果を公開した。その第1位は、「ソウルペクチェ(百済)歴史遺跡地区の造成」となった。 投票は、ソウルビジョン2030履行に向けた市の主な事業30個を対象に実施され、合計6,227人が参加した。(参加者1人当たり少なくとも5個から最大10個まで選択可能、総投票数44,711票) ソウルの今後10年の未来ビジョンが込められた「ソウルビジョン2030」の主な事業のうち、「ソウルペクチェ(百済)歴史遺跡地区の造成」(3,477票、7.8%)が外国人の最も期待する政策1位に輝いた。 つづいて、▴子どもの体験遊びと憩いの空間を1か所に集めた「ソウル水再生体験館の開館」(3,305票、7.4%)、▴アジアを代表する観光祭り「2022 SEOUL FESTAの開催」(3,185票、7.1%)、▴ソウル投資庁設立などを推進する「アジア金融中心都市ソウル」(2,663票、6.0%)、▴第4次産業技術を活用して災害管理を体系的に行う「マニュアル安全都市ソウルの構築」(2,620票、5.9%)、▴トンデムン(東大門)に化粧品企業・研究機関、K-ビューティー体験空間などを集約させた「世界ビューティー産業ハブ構築」(2,246票、5.0%)があとに続いた。 「ソウルビジョン2030」の4つの未来像と関連して見ると、世界をリードする都市分野と未来感性都市分野に外国人は最も関心を示すことが分かった。①世界をリードする都市(33.9%)、②未来感性都市(31.0%)、③共生都市(19.6%)、④安心都市(15.5%)の順となった。 ※ 「ビジョン2030、外国人が期待する優秀政策」選定結果 ※ 「ビジョン2030、外国人が期待する優秀政策」選定結果 順位 分野 政策名 得票数 得票率 1 未来感性都市 プンナプ(風納)土城一帯 ソウルペクチェ(百済)歴史遺跡地区の造成 3,477 7.8% 2 未来感性都市 子どもの遊び体験と休息空間が1か所に、ソウル水再生体験館・公園の開館 3,305 7.4% 3 世界をリードする都市 アジアを代表する観光フェスティバル「2022 SEOUL FESTA」開催 3,185 7.1% 4 世界をリードする都市 ソウルの投資先としての魅力を高めるソウル投資庁の設立、「アジア金融の中心都市、ソウル」 2,663 6.0% 5 安心都市 マニュアルで守るソウルの安全 マニュアル安全都市ソウル 2,620 5.9% 6 世界をリードする都市 ソウルを世界のビューティー・ファッション・感性産業の中心地に、「世界ビューティー産業ハブの構築」 2,246 5.0% 言語圏別に見ると、英語圏の投票者数が80.1%を占め最も高い参加率を示した。次に、中国語簡体字(7.0%)、中国語繁体字(9.2%)、日本語(3.7%)がそのあとに続いた。 今回の優秀政策投票によって、ソウルの未来の青写真である「ソウルビジョン2030」に対して外国人が深い関心を示していることが分かった。特に、今回の投票で外国人が高い関心を示したソウルの未来像である世界をリードする都市、未来感性都市を中心に、ソウル市の政策推進過程を継続的に普及させて、変化するソウルの様子を海外に紹介し、ソウルの魅力的な都市イメージをアピールしていく方針だ。
市民が選んだ『ソウル市10大政策』、1位は「電気自動車普及」、2位は「スマートヘルスケア」

都市建築ニュース

市民が選んだ『ソウル市10大政策』、1位は「電気自動車普及」、2位は「スマートヘルスケア」

今後約10年間のソウルの変化に対するマスタープラン、ビジョン2030をベースに、市民が最も期待を寄せるソウル市の10大政策の第1位は、「電気自動車の普及・生活圏5分充電ネットワークの構築」だ。 ソウル市が11月10日から24日までの15日間、オンラインを通じて実施した『ビジョン2030、市民が期待するソウル市10大政策』についての市民投票の結果、「電気自動車の普及・生活圏5分充電ネットワークの構築」が6,298票(6.05%)を獲得して1位に選ばれた。つづいて、「ソウル型スマートヘルスケア」(6,128票、5.88%)、「地下道路時代の開幕」(5,996票、5.76%)、「6大再開発規制の廃止」(5,165票、4.96%)、「1人世帯の病院安心同行」(5,118票、4.91%)の順となった。 市民が期待する「ソウル市10大政策」を選ぶ市民投票は、ビジョン2030を履行するためにあるソウル市の主な事業30個を対象に実施された。この投票には、全15,440人が参加した。(参加者1人当たり最小5個から最大10個まで選択可能、総投票数104,160票) 「ソウル市10大政策」の投票結果を分野別に見てみると、①「安心都市」6件(1、2、5、6、9、10位)、②「グローバルリード都市」2件(3、8位)、③「共生都市」2件(4、7位)とこのように10大政策が選ばれており、市民はビジョン2030に描き出された未来像のうち、安心都市分野に最も深い関心を示していることが分かった。 ※ 「ビジョン2030、市民が期待する10大政策」最終選定結果 ※ 「ビジョン2030、市民が期待する10大政策」最終選定結果 順位 政策名 得票数 得票率 1 温室ガス・PM2.5(微小粒子状物質)を減らす 電気自動車の普及・生活圏5分充電ネットワークの構築 6,298 6.05% 2 自己主導健康管理のための ソウル型スマートヘルスケア、ONソウル 健康ON 6,128 5.88% 3 地下では素早く、地上は快適に 地下道路時代の開幕 5,996 5.76% 4 6大再開発規制の廃止で 誰でも夢のマイホーム 5,165 4.96% 5 一人暮らし中に突然不調を感じたとき 1人世帯の病院安心同行 5,118 4.91% 6 カフェ・デリバリー業・大型流通ショップといっしょに 使い捨てプラスチック10億個すっきりプロジェクト 4,966 4.77% 7 中壮年の創業、創職、転職支援により 50+シニア雇用拡大 4,928 4.73% 8 誰でもどこでも便利に ハンガン(漢江)公園利便施設の総合整備 4,564 4.38% 9 体系的かつスマートな災害管理で...   Read more