メインコンテンツに移動
T T

都市建築

ソウル市、話題のスポット「ヘバンチョン(解放村)シンフン(新興)市場」が地域経済をリードする名所として復活

都市建築ニュース

ソウル市、話題のスポット「ヘバンチョン(解放村)シンフン(新興)市場」が地域経済をリードする名所として復活

ヘバンチョン(解放村)の古い歴史的跡と価値を大切にしながらも、1990年代以降衰退の一途を辿っていた「シンフン(新興)市場」と一帯をまとめる都市再生事業が、開始から6年、2021年の上半期にフィナーレを迎える。 ソウル市は2015年12月にヘバンチョン(解放村)を「都市再生活性化地域」に選定し、再生事業を本格化した。ここ数年間で新しい工房やカフェなどが集まり、人気ドラマやバラエティのロケ地として登場しながら、話題のスポットとなった「シンフン(新興)市場」を、都市再生デザイン革新の成功的モデルかつ地域経済をリードする名所として変身させ、地域商圏の中心地として復活させる。 「シンフン(新興)市場」はオシャレなカフェやゲームセンター、革工房など新しく生まれた話題のお店と1970~80年代の姿が残っている従来のお店が共存し、独特なニュートロ(New+Retro)文化を生み出している。『椿の花咲く頃』『梨泰院クラス』『路地裏食堂』などの人気ドラマやバラエティのロケ地として有名になり、「SNS映えスポット」「ベストショットスポット」としても話題である。 ソウル市、話題のスポット「ヘバンチョン(解放村)シンフン(新興)市場」が地域経済をリードする名所として復活 <シンフン(新興)市場のカフェ> <シンフン(新興)市場のゲームセンター> <KBSドラマ『椿の花咲く頃』の撮影シーン> <SBSバラエティ『路地裏食堂』 シンフン(新興)市場の食堂> ソウル市は2021年下半期までに、市場を暗くしていた古いスレート屋根を取り払い、夜も明るい革新的なデザインのアーケードを設置する計画だ。古い公衆トイレと市場の道路は綺麗に整えて、景観照明などを設置して美観を改善する。また、排水・消防施設を整えて、監視カメラを新しく設置して安全も強化し、イベントの開催や休憩スペースの造成も行う予定だ。 ヘバンチョン(解放村)都市再生のコアである「シンフン(新興)市場環境改善事業」が完了すると、住民と商人たちの生活利便性を大きく改善すると共に、シンフン(新興)市場がヘバンチョン(解放村)の経済・文化拠点として生まれ変わり、もう一度地域に活力を与えるきっかけとなることが期待されている。 ヘバンチョン(解放村)シンフン(新興)市場における都市再生事業施行前後の写真 ヘバンチョン(解放村)シンフン(新興)市場における都市再生事業施行前後の写真 シンフン(新興)市場の外部全景(前) シンフン(新興)市場の外部全景(後) シンフン(新興)市場の内部の姿(前) シンフン(新興)市場の内部の姿(後) ヘバンチョン(解放村)シンフン(新興)市場周辺の 家修理支援事業(前) ヘバンチョン(解放村)シンフン(新興)市場周辺の 家修理支援事業(後)
ソウルの25年間の風景を記録したオンライン展示を開催

都市建築ニュース

ソウルの25年間の風景を記録したオンライン展示を開催

ソウル市は、25日から「変化するソウル風景の記録」をテーマに、アンタクト(非対面)時代を迎えてオンライン展示を開催する。 ソウル市はソウルの小さな変化も逃さず大切にするため、1995年から5年単位で25年間、変化するソウルの姿を記録する「景観記録化事業」を推進してきた。1995年の1次事業を皮切りに、2020年の6次事業まで6回にかけて行われ、ソウルの主要な風景スポット約80か所とテーマ別の空間の姿、市民の生活像を含む約3万枚の写真を通じて、ソウルの姿を把握・記録・保存している。 25年間蓄積してきた約3万枚の写真作品は、これまで一回性のオフライン展示にとどまり、市民への共有に限界があったため、これを改善すべくオンライン展示会を準備することになった。 今回の展示はソウルの主要な地点での歴史的な流れを企画した「景観記録化展示」、ソウルの25年間の姿を記録した「景観アーカイブ」、公募展やソウル風景のPRなどの「景観ストーリー」で構成されている。 展示に関する詳しい内容は、 https://urban.seoul.go.kr/cityscape で確認できる。 ソウルの25年間の風景を記録したオンライン展示を開催 第6次ソウル景観記録化事業写真集 オンライン展示のイメージ
ソウル市、「V-コマーススタジオ」をファッション企業に無料開放

都市建築ニュース

ソウル市、「V-コマーススタジオ」をファッション企業に無料開放

新型コロナウイルス感染症により、非対面・オンラインビジネスがブームとなっている中、ソウル市は360度3D立体撮影設備を備えた「V-コマース(video commerce)スタジオ」をファッション分野の小商工人たちのために無料で開放する。 ソウル市は、2020年7月のテストオープン後、6か月で約2,200企業が利用するほど人気が高い「V-コマーススタジオ」に、360度3D立体撮影設備を新しく導入して本格的な運営を開始した。 360度3D立体撮影設備は、ディテールが重要なファッション製品の材質やカラーなどを、実物とほぼ同一な状態で撮影可能な高級設備だ。ソウル市は、新型コロナウイルス感染症の局面で、新しく非対面・オンライン方式への切り替えを余儀なくされたファッション分野の小商工人のため、果敢に投資して設備を用意した。 スタジオは計150坪で、360度3D撮影専用スタジオと大型・小型スタジオなど計5つのスタジオで構成されており、写真撮影と補正をサポートする専門スタッフも常駐している。中央ホールには大型LEDモニターやフィッティングルーム、パウダールームもあり、ライブコマースを行うのに最適な場所となっている。 ソウル所在のファッションブランド事業者ならば誰でも利用可能であり、「V-コマーススタジオ」のホームページで先着順に事前予約をすることで、スタジオを利用できる。 ソウル市、「V-コマーススタジオ」をファッション企業に無料開放
ソウル市、街路灯・信号機・公衆Wi-Fi・防犯カメラをひとつに…「スマートポール」26基を構築

都市建築ニュース

ソウル市、街路灯・信号機・公衆Wi-Fi・防犯カメラをひとつに…「スマートポール」26基を構築

ソウル市は、ソウル広場、スンニェムン(崇礼門)、チョンゲチョン(清渓川)一帯など6か所に26基の「スマートポール」を構築した。 「ソウル市スマートポール(S-Pole)」とは、道路附属物(信号機・街路灯・防犯カメラ・保安灯等)の本来の機能のほかに、公衆Wi-Fi、AI防犯カメラ、モノのインターネット(IoT)、スマート横断歩道等のスマート都市技術を融合・適用した多機能ポールのことで、地域のインフラとして進化したモデルである。今後これは、都市の美観を高めるとともに市民の安全を守り福祉・便益を図る役割を果たす。 今回設置されたスマートポールには、設置場所の特性に合わせた機能が搭載された。例えば、大勢の人が集まるソウル広場には無料公衆Wi-Fi「カチオン」が、スンニェムン(崇礼門)には文化財の情報が得られるQRコードが、市民がよく利用する散策路であるチュンナンチョン(中浪川)周辺のソンジョン(松亭)堤防道等には市民の安全を守る映像非常ベルを設置した。 またソウル市は、スマートポールの設置範囲を拡大する一方、年末にはスマートポールの機能を高度化する試験事業を推進する。「スマートポール機能高度化試験事業」とは、従来の機種になかったドローンや電気自動車の充電機能等を搭載した発展モデルをつくる事業のこと。スマートポールの最上部にドローンステーションを設置してドローンが着地して充電できるようにしたり、管制センターにデータを送って災害監視・人命救助などにも活用する。さらに駐停車監視機能なども加える予定だ。 ソウル市は、スマートポールの設置により、各施設物統合による都市美観の改善、交換時期を迎えた道路附属物活用による交換費用の節減、施設物の安全確保などの設置効果があるものと期待している。 ソウル市、街路灯・信号機・公衆Wi-Fi・防犯カメラをひとつに…「スマートポール」26基を構築 設置前 設置後 スマートポールが提供する機能 スマートポールが提供する機能 S-DoT(Smart Seoul Data of Things) – 温度・湿度・PM2.5など17種類の都市現象を確認 都市案内サービス(QRコード) スマートフォンワイヤレス充電サービス