メインコンテンツに移動
T T

経済/投資

Try Everything 2021、約500社のスタートアップ企業と約200人の専門家が非対面で出会う

経済ニュース

Try Everything 2021、約500社のスタートアップ企業と約200人の専門家が非対面で出会う

米国、カナダ、イギリスなど15か国から、起業家や投資家など約200人にのぼる創業エコシステムを構成する者たちがオンライン・オフラインで一堂に会す。 ソウル市は、9月15日(水)から17日(金)までの3日間、「JUMP UP! SCALE UP!」というスローガンのもと、世界中の有望なスタートアップ企業や投資家、そしてアクセラレーターなどの創業に関するプレイヤーが参加するグローバルスタートアップ・フェスティバル「Try Everything(トライ・エブリシング)」を開催する。 当イベントは、創業エコシステムの活性化を目的に、2019年にソウル市が初回のグローバルスタートアップ・フェスティバル(Tech Rise)を開催したことに始まり、2回目の2020年はコロナ禍にもかかわらず防疫対策を徹底して、全国から370社以上のスタートアップ企業が参加し、計40のスタートアップセッションが行われた。2021年の「Try Everything(トライ・エブリシング)」は3回目の開催となる。 2021年は過去最大の500社以上のスタートアップ企業が参加する中、計91のスケールアップ、海外進出を中心としたスタートアップ専門プログラムが行われる。ソウル新羅ホテルのメイン会場で3日間にわたって開催される47のセッションは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため観衆なしのオンライン中継で行われ、海外の大企業や投資機関、ユニコーン企業、マスコミなど多様な創業エコシステムプレーヤーが参加して創業エコシステムの活性化を図る。 一方、新型コロナウイルス感染症の流行により、事業拡大に必要な投資金を誘致できないスタートアップ企業の資金調達を助けるとともに、投資先を探している投資企業のため、スタートアップ企業と海外の大企業・投資機関など様々なプレイヤーとの常時ミートアップ(Meet-up)プロセスを構築し運営している。2021年初めから推進しているミートアップは、9月現在まで計2000件以上を達成するなど、スタートアップ企業と投資家間の持続的なつながりを築いている。 「Try Everything 2021」の詳細な内容や日程については、公式ホームページ (http://tryeverything.or.kr)で確認できる。2021年開催されるプログラムは9月15日から17日までの3日間、YouTubeでライブ配信される予定であり、様々な景品がかかったライブ記念写真イベントなども行われる。
ソウル市、「参加予算制の成果と未来ビジョン」を共有する国際フォーラムを開催

経済ニュース

ソウル市、「参加予算制の成果と未来ビジョン」を共有する国際フォーラムを開催

ソウル市は8月27日(金)~28日(土)、市民参加予算制の成果と未来ビジョンを共有する「ソウル市民参加フォーラム」を開催する。ソウル市は2012年から市民参加予算制を行政に導入して運営を開始しており、今年2021年で10年目となる。10年目を迎えた今回のフォーラムは、ソウル市参加予算制の運営による成果と限界を診断して、未来戦略を論議する国際フォーラムである。 ソウル市の参加予算制に、過去10年間にわたり多くの市民が参加して予算規模などの量的な成果を達成したなら、今後は市民の身の回りの不便を解消できる事業の提案にとどまらず、私たちの社会が直面している喫緊の社会問題解決事業にも効率的に財政を割り当てるなど、未来志向的かつ市民参加的な新しい制度として新たな成長を果たすための論議を繰り広げる。 このフォーラムは、大きく3つのテーマに分けて実施される。第一に、▲参加予算制を行政に導入しているパリ、マドリードなど海外都市の事例を紹介して、ソウル市の制度と発展の方向性を論議する。第二に、▲参加予算制度を通じてさまざまな主体が参加する直接民主主義制度と民主的ガバナンスの役割について論議する。最後に、▲参加予算制度を通じて、気候変動など国連が定めた持続可能な開発目標を達成するために国際機関どうしの協力を強化する方法について発表と討論を繰り広げる予定だ。 本行事への参加を希望する市民は、市民参加フォーラムホームページに事前に参加登録したり、ソウル市のYouTubeなどを通じて参加できる。イベント終了後は、すべての動画を再視聴できるよう、ソウル市民参加フォーラムホームページ(http://www.sfcp2021.or.kr)に公開する予定で、発表資料もダウンロードできるようにする計画だ。
ソウル市の「ソーシャルベンチャーハブ」入居企業が、20か月にして年間売上143億ウォンを達成

経済ニュース

ソウル市の「ソーシャルベンチャーハブ」入居企業が、20か月にして年間売上143億ウォンを達成

ソーシャルベンチャー創業を目指す青年たちに、創業から企業運営に至るまでの全過程をワンストップで支援する「ソーシャルベンチャーハブ」の入居企業が、コロナ禍にも関わらず、目覚ましい成果を挙げている。入居して20か月が過ぎた現在、累積売上高143億ウォン、投資誘致81億ウォン、新入社員の採用161人という成果を挙げた。 ソウル市は、青年創業の新しいパラダイムである「ソーシャルベンチャー」を支援するため、2019年10月に韓国初のソーシャルベンチャー専用拠点スペースとなる「ソーシャルベンチャーハブ」をオープンした。現在12社のソーシャルベンチャー企業が入居しており、スペース、試作品の製作、民間専門機関による技術開発や投資・融資の誘致、販路、税務・法律コンサルティングなど、成長段階に応じて体系的な支援を受けている。 入居企業のこれまでの成果を見ると、オープンしてから20か月余りの累積売上高は計143億ウォン、投資誘致81億ウォン、新規雇用創出161人であった。オープン当時の入居企業の売上高が14億ウォン、新規雇用創出が19人だったことに比べると、目を見張るほどの成果である。 これに対しソウル市は、コロナ禍による景気低迷や厳しい雇用情勢が続く中、こうした高い売上を達成し、また新規雇用を創出しているという事実は、「ソーシャルベンチャー」の成長可能性を立証していると強調した。 さらに、入居企業の成果創出を可能にしている要素として、ネットワークを構築しやすい最適な立地条件やソーシャルベンチャーの成長に特化した適合型支援を取り上げた。ソーシャルベンチャーに特化したインキュベーティング機関として、起業スペースの支援から技術開発と製品の商用化、投資・融資の連携、オンライン・オフラインによる販路の支援、企業の特性に合わせた税務・法律コンサルティング、IRの参加及び販路の確保など、各企業のニーズに合わせたワンストップ密着支援が、ソーシャルベンチャーの成長を助ける重要な役割をしていると評価した。 ソウル市は今後とも、民間専門機関との緊密なネットワークを構築し、成長可能性の高いソーシャルベンチャー企業を持続的に発掘し、投資誘致の連携にも力を入れていく計画である。
ソウル市、グローバルスタートアップ・フェスティバル「Try Everything」に参加するスタートアップを募集

経済ニュース

ソウル市、グローバルスタートアップ・フェスティバル「Try Everything」に参加するスタートアップを募集

ソウル市は、97の投資機関(VC・AC)及び約100のIP専門機関(弁理士)と、1:1で投資誘致に関する相談ができ、数百に及ぶスタートアップ間でノウハウとインサイトを共有できるグローバルスタートアップ・フェスティバル「Try Everything(トライ・エブリシング)」に参加する創業準備者、スタートアップを募集する。 グローバルスタートアップエコシステムの専門家、投資家など創業プレイヤーたちが一堂に会するグローバルスタートアップ・フェスティバル「Try Everything(トライ・エブリシング)」は、9月15日~17日の3日間行われ、ソウル市が創業エコシステム活性化に向けて2019年に開催したグローバルスタートアップ・フェスティバル(Tech Rise)に端を発しており、2020年から毎経メディアグループと共同で実施しているものである。 2021年は2020年と異なり、全方位的にスタートアップをプッシュするため、本イベント会場だけでなく、ソウル市の至る所で40社以上の韓国・海外創業関係機関が参加するミートアップ、セミナーなどが開催される。また、韓国・海外のVC、グローバル大企業・ユニコーンが多く参加するため、スタートアップとのコラボレーションや投資などが大規模に行われる予定だ。 ソウル市は、安全にイベントを開催するために新型コロナウイルスの防疫対策を設け、合計3日間の日程をソーシャル・ディスタンシング段階に応じてオンライン・オフラインで弾力的に運営する計画だ。