メインコンテンツに移動
T T

福祉/健康/安全

ソーシャル・ディスタンシング内容の調整方針 (2022年1月17日(月) ~ 2022年2月6日(日))

福祉/健康/安全ニュース

ソーシャル・ディスタンシング内容の調整方針 (2022年1月17日(月) ~ 2022年2月6日(日))

○ (期間) 2022年1月17日(月)~2022年2月6日(日) / 3週間施行 ○ (調整方針) オミクロン株が優勢株となる時期に備えて若干緩和 ○ (私的な集まり) (変更前) 接種の有無によらず全国4人まで可能 → (変更後) 接種の有無によらず全国6人まで可能 ○ (営業時間) 1・2グループの施設は21時まで、3グループ及びその他の一部施設は22時までという制限を維持 – (21時までに制限) 1グループ(遊興施設など)及び2グループの施設(飲食店・カフェ、カラオケ、浴場業、室内体育施設)の営業時間を21時までに制限 – (22時までに制限) 3グループ及びその他の一部施設(ゲームセンター、マルチルーム、カジノ、ネットカフェ、塾*、マッサージ・あん摩施設**、パーティールーム、映画館・公演場***)の営業時間を22時までに制限 * 塾の場合、22時までに営業時間が制限されるのは生涯職業教育塾のみ ** 医療法に基づき、視覚障害者が営業・従事するあん摩施設は対象外とする。 *** 映画館・公演場の場合、上映・公演の開始時間を21時まで許可 ○ (防疫パス) 現在適用中の15種類*の施設に対する防疫パスの適用を維持 * 執行停止の認容決定を受けたことにより、塾及び読書室・スタディカフェの2種類は執行停止に対する控訴及び本案訴訟の結果により調整予定 * 変更前の17種類から「塾など」、「読書室・スタディカフェ」の2種類を除いたもの ▴遊興施設等(遊興飲食店、団らん酒店(カラオケバー)、クラブ・ナイトクラブ、相席居酒屋、感性酒店(若者向けダンス居酒屋)、コーラテック(高齢者向けディスコ)・ダンスホール) ▴カラオケ(コインカラオケを含む) ▴室内体育施設 ▴浴場業 ▴競輪・競艇・競馬・カジノ(韓国人向け) ▴飲食店・カフェ ▴映画館・公演場 ▴マルチルーム ▴ネットカフェ ▴(室内)スポーツ競技(観覧)場 ▴博物館・美術館・科学館 ▴パーティールーム ▴図書館 ▴マッサージ・あん摩施設 ▴デパート・大型スーパー(3,000㎡以上) ○ (その他) イベント・集会及び宗教施設などの防疫心得は現在の基準を引き続き維持...   Read more
「ソウル型緊急福祉」で新型コロナによる危機状態の世帯を支援する…深刻段階解除まで基準緩和

福祉/健康/安全ニュース

「ソウル型緊急福祉」で新型コロナによる危機状態の世帯を支援する…深刻段階解除まで基準緩和

ソウル市が、現在最高段階にある新型コロナウイルス感染症の危機警報「深刻」段階が解除されるまで、「ソウル型緊急福祉」の基準緩和措置を延長する。新年2022年にも「ソウル型緊急福祉」の敷居を低くして、新型コロナによって突然の生計困難に直面している危機世帯に対する緊急支援を、中断せずに継続していく。 所得基準(基準中位所得100%以下)、財産基準(3億7,900万ウォン以下)を満たして危機理由に該当する場合、世帯当たり最大300万ウォン(4人世帯基準)の支援を即時に受けられる。支援世帯となる危機理由には、突然の事故や失業、営業していた会社が休業・廃業したり、無給休職で所得を失った場合などがある。「特殊形態勤労従事者、フリーランサー、自営業者」である主所得者または副所得者の所得が急激に減少した場合も支援を受けられる。 これとは別途に、孤独死の危険がある世帯に対しては生計費2回を追加支援して、猛暑・寒波によって困難な状況にある世帯には、扇風機・毛布など10万ウォン相当の物品の追加支援も維持することで、脆弱層の市民をさらに集中的に保護する。 新型コロナウイルス感染症状況下で一時的に基準を緩和した政府の「国家型緊急福祉」は2021年12月31日をもって基準緩和を終了したことと対照的に、ソウル市は「ソウル型緊急福祉」の基準緩和措置を継続していく方針である。「国家型緊急福祉」による保護を受けられない福祉死角地帯を補う役割を果たすものと期待されている。 市は、新型コロナウイルス感染症による失業、休業・廃業などで困難に直面している危機世帯を幅広く支援するため、2020年7月に「ソウル型緊急福祉」支援基準を緩和した。その後、新型コロナの感染拡大状況が長期化するに従い、2021年末まで6か月単位で緩和措置を一時的に延長して維持している。 「ソウル型緊急福祉」は、居住地の管轄洞住民センターまたは自治区から随時申請できる。受付後は、洞住民センター・自治区の事例会議を経て、支援可否と詳細が決定される。詳細についての問い合わせは、茶山(ダサン)・コールセンター(☎ 02-120)、またはソウル福祉ポータルサイト(http://wis.seoul.go.kr/hope/service/public/welfaresupport.do)、または居住地の洞住民センターで受け付けている。
ソーシャル・ディスタンシング強化を2週間延長 [2022年1月3日(月)~2022年1月16日(日)]

福祉/健康/安全ニュース

ソーシャル・ディスタンシング強化を2週間延長 [2022年1月3日(月)~2022年1月16日(日)]

○(期間) 2022年1月3日(月) ~ 2022年1月16日(日)、2週間実施 ○(微調整) 防疫効果を保ちながら現場の意見を取り入れて調整する。 -(映画館・公演場) 上映時間(2~3時間)などを考えると調整の必要性があると判断し、 (変更前)22時までに制限→(変更後)上映・公演の開始時間を21時まで許可 ○(私的な集まり) 接種の有無によらず全国4人まで可能 *ただし、同居家族、ケア要員(子ども・高齢者・体の不自由な人など)など現在の例外範囲は引き続き維持 -(飲食店·カフェ) 未接種者*1人の単独利用のみ例外として許可 *防疫パスの例外(PCR検査で陰性が確認された者、18歳以下の者、完治者、接種不可者)でない未接種者 ○(営業時間) 1・2グループの施設は21時まで、3グループ及びそのほかの一部施設は22時までに制限 -(21時までに制限) 1グループ(遊興施設など)及び2グループの施設(飲食店・カフェ、カラオケ、浴場業、室内体育施設)の営業時間は21時までに制限 -(22時までに制限) 3グループ及びその他の一部施設(ゲームセンター、マルチルーム、カジノ、ネットカフェ、塾*、マッサージ・あん摩施設**、パーティールーム)の営業時間は22時までに制限 *塾の場合、22時までに営業時間が制限されるのは生涯職業教育塾のみ。 **医療法に基づき、視覚障害者が営業・従事するあん摩施設は対象外とする。 ○(イベント・集会) 50人未満であれば接種の有無を問わない、 50人以上の場合は接種完了者のみで構成して上限299人まで可能 -300人以上のイベント(非正規公演場・スポーツ大会・お祭り)はこれまで通り関係部署の承認のもと 管理するものとするが、ソーシャル・ディスタンシング強化期間は必須のイベント以外は承認しない。 -例外及び別途の心得を適用するイベントであっても、50人以上の場合は 防疫パスを適用するよう拡大(299人以下という上限規定は適用しない) *(イベントの例外) 公務及び企業の経営に必須の活動に関するイベント(企業の定期株主総会など) (別途の心得) 展示会、博覧会、国際会議 ○(宗教施設) 接種の有無によらず全体収容人数の30%(最大299人)まで可能、 接種完了者のみで構成する場合は70%まで可能とするよう人数制限を縮小する。 ○(青少年防疫パス) 青少年の接種期間の確保及び円滑な現場定着のため、青少年の防疫パスの施行時期を調整する。 -(施行時期) 青少年の予防接種者の割合が十分なレベルに達するよう、 猶予期間1か月(2022年3月1日~)と移行期間1か月を付与(2022年4月1日~過料の賦課)する。 年齢, 施行時期, 備考 区分 年齢 施行時期 備考 変更前 ①19歳以上(2002年12月31日以前生まれ) 2021年12月6日~ 現在実施中 ②12~18歳(2009年12月31日以前生まれ) 2022年2月1日~–...   Read more
安心マウル保安官の施行から約60日経過、約160件の市民安全を守る

福祉/健康/安全ニュース

安心マウル保安官の施行から約60日経過、約160件の市民安全を守る

10月25日から、ソウル市は一人暮らし世帯密集居住地域に安心マウル保安官を配置して、深夜時間帯の市民保護、生活安全、夜道安全などを守るため、町の隅々を警棒ライトで照らしながら徒歩で巡察を行っている。 「安心マウル保安官」事業は、今年2021年10月25日から、一人暮らし世帯密集地域のうち犯罪の発生しやすい地域15か所でテスト運営中である。地域別に4名の保安官が2組で、夜21時から翌日02時30分まで、深夜時間における防犯巡察と安全な生活のため活動中だ。 安心マウル保安官は、夜間にも視認しやすいユニフォームを着用して、懐中電灯、警棒ライトなどの装備を持って犯罪予防効果を高めている。 「安心マウル保安官」の主な業務は、▲防犯のための巡察、▲生活上の安全に関する対応の大きく2つに分かれ、巡察中に犯罪や危機的状況が発生した場合、管轄の警察署に即座に通報して迅速に対処し、生活上の安全に対する対応に関しては自治区と共に点検・申告する。 ソウル市の安心マウル保安官事業は、現在テスト運営成果などをもとに改善方案を模索しており、一人暮らし世帯だけでなく、ソウル市民全体が犯罪に対する不安をなくして安心して生活できるよう、安全な都市環境構築に努めていく計画だ。 安心マウル保安官の活動(4人、2人1組) 歩道上の危険物積載を通報する活動 深夜時間の夜道安全巡察 割れたガラス窓など危険施設を通報