メインコンテンツに移動
T T

福祉/健康/安全

ソウル市、秋夕連休中にも「営業する病院・薬局」を約1万か所運営…25区の選別診療所も稼働

福祉/健康/安全ニュース

ソウル市、秋夕連休中にも「営業する病院・薬局」を約1万か所運営…25区の選別診療所も稼働

ソウル市は、秋夕連休期間(9月18日~9月22日)中にも、安全に名節を過ごすことができるよう、救急医療機関、営業する病院・医院、薬局を合わせて10,968か所指定して運営する。25区の保健所・選別診療所も運営を続け、連休中でも迅速に検査を受けられるようサポートする。 今回の連休において、ソウル市内にある66か所の救急医療機関及び総合病院の救急救命室は普段通りに24時間運営を続ける。救急医療機関は ▴ソウル大学校病院など圏域・地域救急医療センター30か所、 ▴ソウル市トンブ(東部)病院など地域救急医療機関19か所、▴ソウル市テハン(大韓)病院など救急救命室のある病院17か所など、合計66か所が利用可能である。 「営業する病院・医院」とは、連休中に患者が一次診療を受けることができるようにするもので、救急医療機関以外の病院・医院4,204か所にて救急診療サービスを提供する。「営業する薬局」は、営業する病院・医院の周辺にある薬局を指定して6,698か所が運営される予定だ。 連休中に近所で営業する病院・医院または薬局について知りたい場合は、電話、インターネット、スマートフォンアプリから手軽に案内を受けることができる。120茶山(ダサン)・コールセンター、119(救急状況管理センター)に電話して案内を受けるか、スマートフォンアプリ「応急医療情報提供(e-gen)」、またはソウル市・自治区・中央応急医療センターの各ホームページから確認することが可能だ。 また常備薬(消化剤、解熱鎮痛剤、風邪薬、湿布など4種類13品目)はコンビニなど安全常備医薬品販売店舗7,126か所(ソウル市ホームページ → 「常備薬」で確認可)からいつでも購入することができる。 ソウル市は新型コロナウイルスの早期鎮静化のため、25区の保健所・選別診療所はこの連休中にも9時~18時の運営を続けながら、診断検査を行う。 秋夕連休に営業する救急医療機関の現況 計67か所(救急医療センター30か所、地域救急医療機関19か所、救急救命室のある病院等17か所) 秋夕連休に営業する救急医療機関の現況 区別 圏域(5)、専門(2)、地域救急医療センター(24) 地域救急医療機関(19) 救急救命室のある病院等(17) チョンノ(鐘路)区 カンブク・サムスン(江北・三星)病院 ソウル大学病院<小児専門> 2001-1000 2072-2475 ソウル赤十字病院 セラン病院 2002-8888 737-0181     チュン(中)区     ソウル・ペク病院 2270-0119 国立中央医療院 2260-7414 ヨンサン(龍山)区 順天郷大学校ソウル病院 709-9117         ソンドン(城東)区 ハニャン(漢陽)大学校病院 2290-8999         クァンジン(広津)区 コングク(建国)大学校病院 2030-5555 ヘミン(恵民)病院 2049-9119  ...   Read more
ソウル市、外国人を対象に「ワクチン接種・先制検査」督励キャンペーンを展開

福祉/健康/安全ニュース

ソウル市、外国人を対象に「ワクチン接種・先制検査」督励キャンペーンを展開

ソウル市において、全感染者に対する外国人感染者の割合が増加していることを受け、ソウル市は、外国人住民のワクチン接種と先制検査を督励するキャンペーンを集中的に推進する。このキャンペーンを通じて、防疫情報不足や言葉の問題などによって外国人のうち新型コロナのワクチン接種と先制検査の参加にハードルを感じる者の困難を取り払う計画だ。 まず、ソウル市は自治区、警察署、外国人支援施設と協力して、クロ(九老)・ヨンドゥンポ(永登浦)・ヨンサン(龍山)など主な外国人密集地域にて現場合同キャンペーンを実施する。 特に、韓国人に比べて手間のかかる予約手続きや、多言語案内の不足などにより外国人のワクチン接種率は多少低調である現状を鑑みて、新型コロナワクチン接種に関する案内をひと目で分かるよう整理した案内文を配布し、韓国人・外国人の区別なく同じ基準と手続きに基づいて事前予約が実施されていることを積極的に広報していく計画だ。\ 同時に、18~49歳のワクチン接種事前予約が終了する9月18日(土)まで、ソウル西南圏など外国人密集地域を所管する自治区と外国人支援センター18か所を通じて、オン・オフライン広報活動をたゆまず推進していく予定だ。 外国人住民に、新型コロナウイルス感染症の先制検査への参加率を向上するための努力も続ける。去る8月、先制検査督励ポスターを多言語で制作して、外国人が頻繁に出入りする建設現場、職業紹介所など4,475か所に配布・貼付しており、先制検査督励動画は屋外電光板、地下鉄プラットホームなど29,664か所に9月10日(金)まで再生される。 外国人住民に対する新型コロナウイルス感染症の防疫に関連情報は、ソウルグローバルセンターホームページ(http://global.seoul.go.kr)で確認でき、ソウルグローバルセンター代表電話(☎02-2075-4180)または☎02-120でも問い合わせを受け付けている。 18~49歳の外国人住民の方、新型コロナワクチン接種を予約してください! 韓国人・外国人の区別なく同じ基準と手続きにより事前予約が実施されています! ○ 事前予約期間: 8月19日(木) 20:00~9月18日(土) 18:00 (接種時期:8月26日~9月30日) ○ 対象者別の予約方法 – 登録外国人:オンラインまたは電話予約 ※ オンライン予約は代理予約も可 · (オンライン) 新型コロナ予防接種事前予約システム (http://ncvr.kdca.go.kr) · (電話) 1339または新型コロナ予防接種自治区別コールセンター – 外国人登録番号を有していない外国人(不法滞在外国人を含む)など:保健所を訪問 · (事前の手続き) パスポートを持参して 保健所を訪問すると臨時管理番号を発行 · (予約受付) 保健所への現場訪問または新型コロナ予防接種自治区別コールセンター ※ 旅行目的などで来韓した短期滞在者(90日以下)はワクチンの接種対象者から除外されます。 ※ 未登録外国人の場合でも、出入国・外国人官署に通報しません。 ソウル市、外国人を対象に「ワクチン接種・先制検査」督励キャンペーンを展開 Vaccine reservations take place via the same criteria and process without distinctions of nationalities!...   Read more
首都圏、9月6日~10月3日の間ソーシャル・ディスタンシング第4段階を継続

福祉/健康/安全ニュース

首都圏、9月6日~10月3日の間ソーシャル・ディスタンシング第4段階を継続

変わる「ソーシャル・ディスタンシング」のお知らせ ソーシャル・ディスタンシング内容の調整 (期間) 2021年9月6日(月)~10月3日(日)、秋夕連休を考慮して4週間 (主な内容) 首都圏は第4段階、非首都圏は第3段階及び5人以上の私的な集まりを禁止する措置を維持する。ただし、各地域の状況を踏まえて段階基準を調整する。 (私的な集まりにおける接種インセンティブ) 予防接種完了者に限り、私的な集まりにおける人数制限の例外を適用する 。 – (第4段階) (変更前) 18時以前は4人まで、18時以降は2人まで可能。ただし、飲食店・カフェにおいて接種完了者を含める場合に限り、18時以降4人まで可能。 → (変更後) 飲食店・カフェ及び家庭において、接種完了者を含める場合、6人*まで可能。 *1次接種完了者・未接種者の場合、私的な集まりは18時以前は4人、18時以降は2人まで可能。 – (第3段階以下) (変更前) すべての大人数の利用施設及び家庭において、4人までの私的な集まりが可能。 → (変更後) 接種完了者を含める場合、8人**まで可能。 * 従来の第3段階において、予防接種完了者に対して人数制限のない私的な集まりのインセンティブを適用していた自治体も、8人までに統一する(チュンチョンプクド(忠清北道)・チュンチョンナムド(忠清南道)・チョルラプクド(全羅北道)・テグ(大邱)・キョンサンプクド(慶尚北道)・キョンサンナムド(慶尚南道)・カンウォンド(江原道)など7か所) ** 1次接種完了者・未接種者の場合、私的な集まりは4人まで可能。 (飲食店・カフェ) 第4段階における飲食店・カフェの店内での飲食可能時間を21時→22時へと変更(元に戻す) (合理的調整) 防疫効果を維持するレベルで現場の意見を反映して調整する。 ➊(結婚式) 第3~4段階では、食事を提供しない結婚式の場合、1回の結婚式あたり49人→99人まで許可する。(飲食を伴う場合は現行の49人を維持する) * 第3段階では、動線と場所が分けられている場合はそれぞれ分けて適用することができるが、 第4段階では総人数を最大99人までに制限する。 ➋(準大規模店舗の出入者名簿) 第3段階以上の地域にある300㎡以上の準大規模店舗(SSM)及び総合小売業者に対し、安心コールなど出入者名簿の管理を勧告し、自治体側の独自の判断により義務化することができる。 ➌(学術イベント) 一般のイベントと学術イベントとの区分が曖昧なため、学術イベントに見せかけてイベントを開催するなどの問題が発生していることを踏まえ、学術イベントの定義を明確化*する。 * 学術イベントとは、大学・研究機関・学会などが主催または主管し、学問・技術など学術分野における研究成果の発表及び論議を目的とする行事(シンポジウム、カンファレンス、セミナー、ワークショップなどを含む)である。 (その他現場からの要請事項) 防疫緩和を求める声が高まっているが、業種間の衡平性をめぐる問題などが生じる恐れがあるため、今回の調整対象には該当せず、今後の調整の際に検討する。 (今後のソーシャル・ディスタンシング) 10月以降、拡散傾向が弱まる場合は段階の格下げを検討し、拡散傾向が続く場合にも予防接種を中心として防疫措置の緩和を検討する。
ソウル市、「希望二倍青年通帳」受付終了…敷居を下げて募集人数を増やし競争率を緩和

福祉/健康/安全ニュース

ソウル市、「希望二倍青年通帳」受付終了…敷居を下げて募集人数を増やし競争率を緩和

ソウル市は今年2021年、「希望二倍青年通帳」の敷居を下げて募集人数を増やした。その結果、競争率が緩和され、より多くの勤労青少年たちの経済的な自立基盤づくりをサポートできるようになった。 「希望二倍青年通帳」は、オ・セフン(呉世勲)ソウル市長が2009年に全国で初めてスタートさせた「ソウル希望プラス通帳」を母胎とする資産形成支援事業である。2015年、支援の対象を青年に限定した。働いているが相対的に所得が少ないため、資産形成に困難を抱えている青年たちが、具体的な未来計画を立て安定的な経済基盤となるお金を集められるよう、満期になったら貯金した額の2倍にあたる金額をかえすというものだ。 「2021年希望二倍青年通帳」の申請受付を行った結果、7,000人の募集人数に対して最終的に17,093人が応募し、競争率2.4:1で受付が締め切られた。これは、昨年2020年の競争率4.5:1(13,462人応募/3,000人募集)、直近の5年間の平均競争率4.8:1よりも低く、2020年に比べて申請者数は27%増加したが、募集人数の拡大によって例年に比べると競争率は下がった。 市は、本人の所得基準を2020年の月237万ウォンから、2021年は月255万ウォン以下へと大幅に引き上げ、募集人数も3,000人から7,000人に拡大したことにより、申請者同士の競合可能性を低めた。この所得基準の変更は、希望二倍青年通帳に対する青年たちの強い関心を反映させ、新型コロナウイルス感染症が長期化する中でより多くの青年たちに参加の機会を与えるために実施されたものである。 11月中には申請世帯に対する所得・財産照会と書類審査が行われ、新規支援者が確定される。最終的に選抜された青年通帳加入者は、11月から貯蓄を始めることができる。 市は、これまで5年間(2016年~2020年)合計10,111人に265億8,900万ウォンのマッチング支援金を支援した。マッチング支援金の支給を通じて、青年の自立をサポートするほかにも、青年の勤労と自立への意欲を高め、青年が一人で孤軍奮闘しないようサポートすることで、青年たちの政策疎外感を解消して、社会統合を図るため努力している。