メインコンテンツに移動
T T

大気環境情報


  • 01外出をなるべく控える
    野外での集まり、キャンプ、スポーツなどの室外活動を最小限にとどめる。
  • 02外出時には保健用マスク(食薬処の認証があるもの)を着用する
    マスクを着用後、空気の漏れをチェックして顔面にマスクを密着させて着用する。
  • 03外出時、大気汚染状況が不良な場所を避け、活動量を減らす
    微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が高い道路脇、工事現場などに滞在する時間を減らす。
    激しい外部活動は、呼吸量の増加によりPM2.5をより吸引する恐れがあるので、減らす。
  • 04外出後はきれいに洗う
    全身をすみずみまで洗い、特に手・足・目・鼻を流水で洗い、歯磨きをする。
  • 05水とビタミンCが豊富な果物・野菜などを摂る
    老廃物排出効果のある水、抗酸化効果のある果物・野菜などを十分に摂取する。
  • 06換気、室内の水掃除などで室内の空気環境を管理する
    室内・室外の空気汚染度を考慮して、適切な換気を実施する。
  • 07大気汚染を誘発する行為を控える
    自家用車を運転する代わりに公共交通機関を利用し、ゴミを燃やす行為などを控える。