メインコンテンツに移動
T T

環境/エネルギー

「地球の日」記念市民参加エコキャンペーンを実施

環境/エネルギーニュース

「地球の日」記念市民参加エコキャンペーンを実施

ソウル市ボランティアセンターは4月22日、「地球の日」を記念して「みんなで拾おう、ソウル一周」キャンペーンを実施する。このキャンペーンは日常生活の中で環境保護を実践しようと「プロギング(Plogging)」で行われる。 「プロギング(Plogging)」とは、スウェーデン語の「ゴミ拾い(PlockaUpp)」と「走る(Jogging、ジョギング)」の合成語で、ジョギングしながらゴミ拾いをする活動という意味。 今回実施するキャンペーンは、気候変動の深刻性を市民に知らせるとともに日常生活の中で環境保護を実践することを目的として企画された。 「みんなで拾おう、ソウル一周」キャンペーンは、4月22日(木)から25日(日)までの4日間行われ、市民なら誰でも時間や場所に関係なく参加できる。 参加方法は、家で使っていないエコバッグやゴミ袋など拾ったゴミを入れる袋、ゴミばさみ、軍手などを各自で準備し、ゴミを拾いたい場所に行ってゴミを拾う。 また参加認証の方法は、キャンペーン期間中に居住地周辺の路地や河川、山などを歩きながらゴミを拾い、Volunteer Worldのホームページまたはイタソウルのウェブアプリケーション(ita.city)に活動の感想などを投稿する。または活動中の写真を撮り、「#V세상(Volunteer World)」「#다같이줍자서울한바퀴(みんなで拾おう、ソウル一周)」とハッシュタグをつけてSNSでシェアしても参加認証が受けられる。 ソウル市は、感想文や写真などを投稿した参加者の中から抽選でエコ商品を贈呈する予定。 キャンペーンの詳細な内容については、Volunteer Worldのホームページ(www.volunteer.seoul.kr)で確認できる。
国民・政府・企業間協力によるトクス(徳寿)中学校緑化事業を完了

環境/エネルギーニュース

国民・政府・企業間協力によるトクス(徳寿)中学校緑化事業を完了

トクス(徳寿)中学校の運動場が、花が咲き木々が育つ緑の憩いの場になった。これまで利用されずに放置されていたため索漠とした雰囲気さえ感じられた運動場の一部が、学校緑化事業により新しく生まれ変わった。 ソウル市は、学校の運動場内の空地にシラタマミズキ、マサキ、ヤマブキ、サツキなどの花が咲く木とヤブランなどの花が咲く植物を植えた。これによって大気汚染を浄化するとともに学生や教員たちが自然を通じて心身の癒しが得られるものと期待している。 今回の事業は、ソウル市が2013年から推進している「ソウル、花で咲く」キャンペーンの一環として実施された。これまで企業の社会貢献活動として市民と共にバス停、通学路、遊び場、公園などで実施してきた緑化事業を学校まで広めたわけだ。 ソウル市は過去8年間、企業の社会貢献活動を活性化するため、196企業とともに106か所において緑化事業を実施した。そしてそこに約175億ウォンの民間資本を活用し、国民・政府・企業が相互協力して成功させたと高く評価された。 今回の事業は国民・政府・企業の相互協力の下、初めて推進された学校緑化事業であるという点で意味が深い。コロナ禍で大変な時期に学生や教員たちが花や木々を見ながら少しでもストレスを解消し、快適な環境の中で勉強できることを願ってやまない。
ソウル市、ハンガン(漢江)の水質改善のため多様な政策を展開

環境/エネルギーニュース

ソウル市、ハンガン(漢江)の水質改善のため多様な政策を展開

ソウル市がたゆまぬ努力を重ねた結果、ソウルを横切るハンガン(漢江)の水質はかなりきれいになった。2020年に観察されたハンガン(漢江)の水質を評価する各指標を見ても、韓国の環境部が提示する目標値を上回った。 これはソウル市が水質汚染総量制など多様な政策をたゆまず行ってきた結果である。水質汚染総量制とは、河川に排出される汚染物質の総量が一定量以下になるよう管理する制度である。各地方自治体は、環境部が提示する水質の目標値を達成・維持するよう管理する。万一目標値を達成できない場合、開発行為が制限される。 また、効果的に水質を改善するため、水質汚染総量制のほかにもこれまで多様な政策を繰り広げた。例えば、4か所の水再生センターで放流される水の水質基準を法定基準より強化したり、82の水質測定網で水質を監視しながら水質汚染に対応するなどの政策を並行してきた。 ソウル市は2021年下半期に、「2段階」(2021年-2030年)の水質汚染総量制施行計画を樹立する。そして環境部が提示する2030年の目標水質を達成し、きれいで安全な水質環境へと改善するための多様な方法を模索する計画である。 また市民が、居住地周辺にある河川の水質をいつでも簡単に把握できるよう、2021年の下半期中には「統合水質指数」を「水循環情報公開システム(http://swo.seoul.go.kr)」を通じて公開する。誰が見ても現在の水質の状態を、一目で、わかりやすく把握できるようにする予定だ。
ソウル市民が分別・排出した透明色のペットボトルがレギンスに!

環境/エネルギーニュース

ソウル市民が分別・排出した透明色のペットボトルがレギンスに!

ソウル市は2021年1月、使用済み透明色ペットボトルのリサイクル率を高めて新たな高付加価値を創出するため、HYOSUNG TNC(ヒョソンTNC)社をはじめクムチョン(衿川)区・ヨンドゥンポ(永登浦)区・カンナム(江南)区と業務に関する契約を締結、この事業で生産した衣類やバッグなどの商品を3月10日に販売開始した。 今回初めて販売される商品は、レギンスやプリーツバッグなどPLEATS MAMA(プリーツママ)の「LOVE SEOUL(ラブソウル)」エディション8種類。ソウル市が自治区を通じて使用済み透明色ペットボトルを回収・選別し、これをHYOSUNG TNC(ヒョソンTNC)社がリサイクルポリエステルを加工した糸「REGEN SEOUL(リージェンソウル)」として再生、それをさらにPLEATS MAMA(プリーツママ)で商品化して販売する。 今回販売開始した8種類の商品は、2021年3月10日から「THE HYUNDAI SEOUL(ザ・ヒュンダイ・ソウル)」に入店している「PLEATS MAMA(プリーツママ)」の実店舗とウェブサイトにて販売している。 ソウル市は2020年12月から、ソウル市内の共同住宅での使用済み透明色ペットボトルの分別・排出を義務化した。それ以前は、使用済み透明色ペットボトルのみを分類して排出していなかったため、高付加価値のリサイクルを促進するのに限界があり、リサイクル業界では、ペットボトルリサイクルの原料を海外から輸入していた。したがって今回の商品販売は、廃プラスチックの再資源化とともに、各地域で回収した廃棄物をその地域で消費する「地域型資源循環及び循環経済」のきっかけを造るテストプロセスとなる。 ソウル市はこれを機に「地域型資源循環及び循環経済」の構造を拡大できるよう、事業を継続して推進する一方、個人消費が増えない品目・リサイクル商品は、公的資金で購入するという方案も検討する予定だ。