メインコンテンツに移動
T T

環境/エネルギー

ソウル市、エコマイレージ導入から12年…ソウルの3.7倍にあたる面積の森林造成効果を得る

環境/エネルギーニュース

ソウル市、エコマイレージ導入から12年…ソウルの3.7倍にあたる面積の森林造成効果を得る

ソウル市が2009年から実施している生活の中のエネルギー節約インセンティブプログラム「エコマイレージ」には、ソウル市民5人のうち1人が参加して、これまで12年間(2009年9月~2021年7月)にかけて二酸化炭素(CO2)排出量約238万7千トン減縮を果たし、気候危機対応に貢献している。これは、ソウル市全体の面積の約3.7倍に達する森林(221,612.8ha)造成、または30年産松の木36,163万本植栽に匹敵する効果である。 ソウル市のエコマイレージは、オ・セフン(呉世勲)ソウル市長が温室ガス減縮を目標に2009年から開始した、生活の中のエネルギー節約インセンティブプログラムである。電気・水道・都市ガスを節約して炭素排出を減らした家庭・学校・企業にソウル市がマイレージを提供して、市民はこのマイレージで税金の納付、伝統市場用の商品券購入、砂漠に木を植えるための寄付など低炭素活動に参加することができる。 2009年エコマイレージ導入当時約36万人だった会員は、2021年7月末現在225万5千人となり、約6.2倍増加した。ソウル市民5人のうち1人がエコマイレージに参加しているほど、市を代表するエネルギー節約市民運動として定着しているといえる。 市民の積極的な参加によってこれまで12年間エコマイレージを通じて節約したエネルギーは、116万1,268TOE(2009年9月~2021年7月)に達する。火力発電所1基が1年間生産する発電量(約92万TEO/基)を超えるエネルギーを節減したことになる。116万1,268TOEを金額に換算すると、約7,669憶に達する。市が同期間にエコマイレージインセンティブ支給などに投入した予算(全569憶ウォン)と比較すると、投資比の効果は約13倍以上と分析されている。 市は、エコマイレージ加入者数が毎年増加しておりエネルギー節減効果も拡大していることを受け、制度を緩和して、市民にさらに多様な優遇を提供することで、カーボンニュートラルに拍車をかけていく計画だ。 まず、既存エコマイレージに乗用車マイレージを統合する。走行距離を減縮するとインセンティブが支給される乗用車マイレージを合算して使用先を一元化するなど、優遇を拡大していく予定だ。また、これまで建物中心だったエネルギー節約インセンティブも、資源循環プログラムや公共交通機関など生活の中でエネルギーを節約できる多様な分野に拡大して、マイレージの支給範囲を多様化させていく予定だ。 エコマイレージ 10年イベント ポスター エコマイレージ 10年イベント ポスター 09年 エコマイレージ 加入広報 19年 エコマイレージ 加入広報 21年 エコマイレージ 競進大会
ソウル市・環境部・教育庁、廃校の敷地を活用して環境教育・体験の場となる「エコスクール」を共同で造成

環境/エネルギーニュース

ソウル市・環境部・教育庁、廃校の敷地を活用して環境教育・体験の場となる「エコスクール」を共同で造成

ソウル市、環境部、ソウル市教育庁が気候危機時代に対応し、持続可能な未来を生み出すために必要な環境教育インフラの構築に共同で取り組むべく、業務提携を結んだ。 学齢児童の人口減少により、2020年3月に廃校した後、使われずに放置されていたカンソ(江西)区の旧コンジン(孔津)中学校の敷地に、気候・環境に関連した様々な体験が行える環境教育の拠点施設である「エコスクール」を造成する。ソウルでは初の広域単位の環境教育施設として、2024年9月の竣工を目標としている。 「エコスクール」は、児童・青少年だけでなくすべての世代のソウル市民が環境について学び、体験できる環境教育体験館であり、教育・文化・休息空間として造成される。 「エコスクール」の中には展示室や学習室などの教育施設が設けられ、運動場の敷地や屋上などを活用してミニ温室、家庭菜園、森、田畑、池などの生態環境が造成される。市民や生徒は、良質な環境教育を受けることができる。 業務提携により、3機関は従来のコンジン(孔津)中学校の建物をエネルギー負荷とエネルギー所要量を最小化するゼロエネルギー建築物にリモデリングし、学校の建物におけるカーボンニュートラルモデルを提示する計画だ。 エコスクール ▲ コンジン(孔津)中学校の写真 ▲ 外部の鳥瞰図
ソウル市-香港上海銀行、損なわれた緑地に「都市の森」を造成して気候変動危機に対応

環境/エネルギーニュース

ソウル市-香港上海銀行、損なわれた緑地に「都市の森」を造成して気候変動危機に対応

ソウル市は、「都市の森プロジェクト」を香港上海銀行(HSBC銀行)と協力して推進し、気候変動の危機に立ち向かうべく、6月8日、業務協約(MOU)を締結した。 「都市の森プロジェクト」とは、ソウル市内で傷んでいたり人の手が入っていない緑地スペースに様々な樹木を植え、「都市の森」を造成することによって、都市の大気環境を改善し、ヒートアイランド現象を和らげ、炭素を減らすなど、民・官の協力によって森の自然を回復させるための事業である。ソウル市は2013年より推進しており、2024年までに毎年1か所、計3か所の対象地を選定して造成する。計3億ウォンが投入される予定である。 ソウル市は「都市の森プロジェクト」に関する基本の方針を提示し、関連機関との協議をはじめ行政的なサポートを行い、香港上海銀行は事業に必要な財政面でのバックアップを行う計画だ。 第1回目の対象地は、「ヨンドゥンポ(永登浦)ムンレ(文来)近隣公園」内の散策路周辺にある傷んだ1千㎡規模の緑地スペースである。地元住民の意見を集めた後、周辺の環境と調和のとれた様々な種類の樹木を植え、自然を取り戻す森へと変身させる計画であり、下半期に工事に着手して10月に造成を完了させることが目標だ。 ソウル市はこれまで、企業の社会的貢献活動と連携するさまざまな都市緑化事業に取り組んできた。今回の業務協約もその延長線上にある。これまで8年間、197社の企業と共に緑化事業に取り組み、約175億ウォンの民間資本を誘致して、ソウルのあちこちに都市の森を造成してきた。これは民・官ガバナンスの成功事例と評価されている。
セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が5月に全面開放、歩行にやさしい都市・ソウルの新たな目玉

環境/エネルギーニュース

セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が5月に全面開放、歩行にやさしい都市・ソウルの新たな目玉

セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が、都心・人・文化・緑地をつなぐ「ソウルを代表する歩道」として新しく生まれ変わり、2021年春に市民のもとへ帰ってきた。 ソウル市は、セジョンデロ(世宗大路)一帯を「歩きたくなる街路樹の森の道」で綿密につなぐ「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)工事」を4月末に完了した。2020年7月に起工して以来、9か月での完成となる。 セジョンデロ(世宗大路)十字路~スンニェムン(崇礼門)~ソウル駅まで全1.55㎞区間のセジョンデロ(世宗大路)を1つにつないで、ソウルの表情を変える新しい名所として生まれ変わらせた。 ソウル市はこれまで、都心の車道を減らして歩行とグリーン交通空間を増やし、人が中心の「歩行者中心道路再編」を推進してきた。 単純に車道を狭めるのではなく、樹木と花が満載の「都心にある街路樹の森」という概念を初めて導入して、都心全体がグリーンの森の道でつながれる「歩行にやさしい都市・ソウル」という方向性を提示したのが、セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が持つ最も大きな意味だ。 「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)」の完成によって、クァンファムン(光化門)広場、トクスグン(徳寿宮)、スンニェムン(崇礼門)などセジョンデロ(世宗大路)を代表する名所を歩道でつなぎ、文化・歴史・景観を併せ持ちつつ商圏・経済・人をつなぐソウルの「代表的な歩道ブランド」として生まれ変わると期待されている。 なお、市民にセジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)の完成を広く知らせるため、「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)オンラインウォーキング」を皮切りに、5月3日から15日までの2週間にわたり、「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)、春を歩く」イベントを実施する。 新型コロナウイルス感染症の状況に応じて安全を最優先としてオン・オフラインで推進されるこのイベントは、「オンラインウォーキング」、「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)フォトゾーンツアー」など、非対面で市民たちが手軽に参加できるよう構成されている。 セジョンデロ(世宗大路)「サラムスプギル(人・森・道)」造成前/後 セジョンデロ(世宗大路)「サラムスプギル(人・森・道)」造成前/後 □ プレスセンター前 工事前 工事後 □ ソウル図書館前 工事前 工事後 □ ソウル広場 工事前 工事後 □ トクスグン(徳寿宮)前 工事前 工事後 □ テピョンノビル前 工事前 工事後 □ トクスグン(徳寿宮)トルダムギル(石垣道) 工事前 工事後 □ プクチャンドン(北倉洞)区間 – フングク(興国)生命前 工事前 工事後 □ スンニェムン(崇礼門) 工事前 工事後 □ ソウル駅方面 – ワイズタワー前 工事前 工事後 □ セジョンデロ(世宗大路)「サラムスプギル(人・森・道)」の位置図