メインコンテンツに移動
T T

環境/エネルギー

「温室ガス削減戦略を樹立するための市民シンポジウム」を開催

環境/エネルギーニュース

「温室ガス削減戦略を樹立するための市民シンポジウム」を開催

ソウル市は10月22日(木)午後2時30分、温室ガス削減対策と市民の参加について話し合う「グリーンニューディール政策による2050温室ガス削減戦略樹立市民シンポジウム」を開催し、その内容をオンラインにて生中継した。 今回行われたシンポジウムは、2020年7月8日に発表した「グリーンニューディール政策の推進による2050温室ガス削減戦略」の後続措置で、シンポジウムで提示された市民の意見をまとめて詳細な実行計画に取り入れる予定だ。 シンポジウムは建物や輸送など温室ガス削減のための各部門の専門家が参加し、各部門の問題点や今後の展望について話し合った。ソウル市はシンポジウムに先立ち、グリーンニューディール政策の具体的な推進策など地域社会における市民の意見を収斂するため、前もって自治区別に会議またはオンラインアンケート調査を実施した。 その結果は6分野における各専門家のテーマ発表の後に紹介する。そして司会者が参加者とともに分野別グリーンニューディール政策に対する疑問点や質問に対応するとともに具体的な市民参加の方法などを提案する予定。 今回のシンポジウムは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、市民が会場に入場する代わりにTBSテレビやYouTube「TBS市民の放送」を通じて生中継された。各参加者が発表した内容は、10月22日午後2時30分からソウル市ホームページ(http://www.seoul.go.kr)にて確認できる。
冷たく澄んだ森の空気を都心へ。「都市パラムギルの森」づくりを推進

環境/エネルギーニュース

冷たく澄んだ森の空気を都心へ。「都市パラムギルの森」づくりを推進

クァナクサン(冠岳山)とプカンサン(北漢山)で夜の間につくられる冷たく澄んだ空気が、ソウル都心へと流れてくるように「風が通る道」となる森が河川や道路沿いにつくられることになった。風が通る道に松の木やカエデの木のような、PM2.5(微小粒子状物質)の低減効果のある木々を植え、空気を浄化させる道をつくる。 ソウル市は、▴クァナクサン(冠岳山)-アニャンチョン(安養川)一帯、▴プカンサン(北漢山)-ウイチョン(牛耳川)一帯の2か所に気候変動対応のための「都市パラムギル(風が通る道)の森」づくりに本格的に乗り出すと発表した。 ソウル市は森林庁と協力し、11月中旬、森の造成を開始して2021年末までに完成させる計画だ。 今回の「都市パラムギルの森」は、対象地によって3つのタイプに分けられる。①森林の新鮮な空気が都心の方に流れるように方向を誘導する「風生成の森」、②森林-都心を結ぶ通路に空気浄化能力のある植物を植える「連結の森」、③公園の造成や屋上・壁面の緑化など都心につくられる「ティディム(足場)・拡散の森」である。 中でも「連結の森」には、オオヤマザクラの木やクヌギの木などソウル市が定めたPM2.5を低減させる樹種が植えられる。木の葉はPM2.5を吸着し、枝と幹は移動するPM2.5を遮断する役割を果たす。 もっと涼しい河川の森 「風生成の森」は、森林の空気が都心の方向へと流れるように誘導し、「森づくり」で風の通路をつくり、PM2.5を低減する樹種を植える方法で造成される。 新鮮な風が作り出される「風生成の森」 「ティディム(足場)・拡散の森」は、都心の公園や建物の外壁などを利用して小さな森をつくることで、気温差によって微風を作り出す仕組みとなる。 澄んだ風を作る「街路の森」 ソウル市は「都市パラムギルの森」により、都市の外郭にある森林の空気を都心へ流入・拡散させ、停滞した大気の循環を促すとともに、PM2.5の低減とヒートアイランド現象の緩和、さらには快適な緑の環境を提供するという目標を掲げている。
ソウルロ7017の花道で楽しむ秋の散歩

環境/エネルギーニュース

ソウルロ7017の花道で楽しむ秋の散歩

ソウル市は、都心の中で秋を感じられるように「ソウルロ、秋の花道」を造成し、庭園文化を活性化させるために植物に関するプログラムや様々なオンライン(非対面)プログラムを行う予定だ。 <ソウルロ、秋の花道> 「ソウルロ、秋の花道」は10月12日(月)から10月30日(金)まで運営する。秋を代表する植物であるピンクミューリー(ミューリーグラス)、ホウキギ、チョウセンノギク、キバナコスモスなどを植え、ソウルロからマンリドン(万里洞)広場まで楽しい秋の散歩道を造成する。 花道の途中には旅行に行きたい気持ちを込めて、秋の晩餐とキャンプをテーマに写真を撮影できるスポットを提供する。 <ソウルロ、庭園文化の活性化を目指す小会プログラム「緑の植物薬局」> 植物から心理的な安定が得られるように、ソウルロの庭園文化の活性化を目指す小会(Seoullo Gardenist)を運営する。その第1弾として「緑の植物薬局」をテーマとしたプログラムが10月13日(火)から10月23日(金)までソウルロ庭園センターで行われる。 「緑の植物薬局」では、家庭で育てる植物のうち枯れたり病気になったりした植物を調べ、その原因と解決案を教えてくれる「植物相談」、参加者が空の鉢植えを持ってきて植物を植える「空の鉢植え、いっぱいの鉢植え」、性格診断で調べる「自分にぴったりの植物探し」プログラムが行われる。 「植物相談」と「空の鉢植え、いっぱいの鉢植え」プログラムは、新型コロナウイルス感染症を予防し、ソーシャル・ディスタンシングおよび生活防疫の指針を遵守するため、事前にオンライン申請後に参加することができる。「自分にぴったりの植物探し」は常時オンラインプログラムで誰でも参加可能だ。 <オンラインプログラム:ソウルロ・キルノリ> オンラインプログラムである「ソウルロ・キルノリ」では、木蓮ステージに設置した床絵、ソウルロ庭園ストーリーなどと関連した公演動画、芸術家と一緒に楽しく散策する動画が順番にソウルロ7017の公式ホームページとYouTubeで公開される予定だ。 <ソウルロ7017ぶらぶら祭り> 「第1回ソウルロ7017ぶらぶら祭り」は、忙しい日常の中でも一日くらいは気楽に遊び、休み、楽しみながら周りの情趣が感じられる歩行文化プログラムと、音楽公演を楽しめるオンラインプログラムで開催される。関連動画はソウルロ7017の公式ホームページとYouTubeチャンネル、「JEBI ON AIR」YouTubeチャンネルで視聴できる。 <非対面で多彩に楽しめる音楽公演> ソウルロ7017の様々な場所で事前に8チームの公演を収め、芸術家たちが様々なテーマで人々の代わりに「植物の観客」の前で公演する。事前に参加を申請した市民に公演の感動と癒やしを込めて「植物の観客」を届けたユニークな非対面の公演動画もオンラインで視聴できる。 ソウルロ7017で行われる各種プログラムおよびオンラインイベントは、ソウルロ7017のホームページ(seoullo7017.co.kr)、ソウルロ7017の公式YouTubeチャンネル(youtube.com/c/서울로7017)、公式SNS(Instagram:seoullowalk_、Facebook:seoullowalk)から確認できる。
ソウル市、建材一体型太陽光発電(BIPV)の設置費用を最大80%支援

環境/エネルギーニュース

ソウル市、建材一体型太陽光発電(BIPV)の設置費用を最大80%支援

建築物を新築、または所有している市民を対象に、ソウル市が次世代太陽電池である「建材一体型太陽光発電(BIPV)」の補助金の申請受付を始める。選定された場合は設置費用の最大80%まで支援が受けられる。支援総額は30億ウォンだ。 ○ 「建材一体型太陽光発電(BIPV:Building Integrated Photovoltaic)」は、太陽電池を建物の外装材として使用した、従来の一般太陽光モジュールからさらに発展した太陽光システムだ。建物の屋上に限定されていた従来の太陽光発電の設置とは異なり、窓・外壁・屋根など建物の様々な空間に設置できることから、環境にやさしいエネルギーの普及だけでなく、都市景観の改善にも効果的な技術とされている。 ソウル市は「2022太陽の都市、ソウル」プロジェクトの一環として、上半期に引き続き、下半期にもBIPVモデル事業を推進し、市民と太陽光普及企業の参加申請を受け付けることを発表した。 下半期におけるモデル事業の支援優先順位は、①新技術型、②デザイン型、③一般型の順番であり、支援金も該当する基準によって差等支給する予定だ。 ○ 新技術型:韓国内の新素材、または新技術を適用した形式のことで、最大80%まで支援する。 ○ デザイン型:太陽電池としての視認性が低く、肉眼で見分けにくい適用形式のこと。支援金額は最大6百万ウォン/㎾までの範囲内で、立面型および屋根型のどちらも70%まで支援する。 ○ 一般型:デザイン型および新技術型以外の形式のこと。支援金額は最大3百万ウォン/㎾までの範囲内で、立面型は70%、屋根型は35%まで支援する。 特に、今回の下半期のモデル事業支援では、支援容量の制限をなくし、デザイン型の場合は屋根型への支援を70%まで拡大する。 ソウル市はさらに、太陽光普及企業の選定時に適格性の有無を慎重に検証する予定だ。総合および専門建設業免許の登録有無、電気工事業免許の保有有無、企業信用評価、普及実績、設置人材の保有状況などの定量評価と、外部審査委員会による事業能力、提案書などの定性評価を行う。 募集期間は8月24日から9月14日までであり、外部審査を経て9月末に参加企業を選定し、10月から事業を開始する計画だ。 ○ 支援対象は、ソウル市所在の民間建築物(新築または既存)の所有者または所有予定者で、適格性を持つ参加企業と一緒に提案書を作成し、ソウル市に提出する。 ○ 参加企業の資格は、総合建設免許と電気工事業の免許を保有しているソウル市所在の企業、または設置場所および形式に関連する専門建設免許と電気工事業免許を保有している企業だ。太陽電池モジュールの製造施設保有企業も、施工条件を満たす企業と共同で参加することができる。 ソウル市は2020年、民間モデル事業を通じて太陽光分野の新技術開発の誘導および建築デザインの改善などを研究・分析し、BIPVシステムをソウル市の主要太陽光事業の一つとして確立できるように推進する計画だ。 さらに、韓国のBIPV産業界が持つ優れたBIPV技術を市民が直接確認・体験できるように、太陽光の実証団地も構築する計画だ。