メインコンテンツに移動
T T

文化/観光

ソウル市、ポシンガク(普信閣)「除夜の鐘」オンライン打鐘式で2022(壬寅)年の新年を迎える

ニュース

ソウル市、ポシンガク(普信閣)「除夜の鐘」オンライン打鐘式で2022(壬寅)年の新年を迎える

ソウル市は新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、昨年2020年につづき今年2021年の大晦日にも、ポシンガク(普信閣)「除夜の鐘」打鐘式について現場でのイベントは開催せず、オンライン方式で実施する。ソウル市のYouTubeとFacebookを通じて31日(金)23時30分に公開し、tbs交通放送、地上波・ケーブル放送局を通じても配信される。 2021年の「除夜の鐘」打鐘式には、アーチェリー韓国代表選手アン・サン、俳優オ・ヨンス、ラッパーのイ・ヨンジなど2021年を輝かせた市民代表10名と、オ・セフン(呉世勲)ソウル市長など合計14名が参加して、ポシンガク(普信閣)の鐘を33回鳴らす。市民代表には、自由・平和、市民安全、社会福祉、科学、多文化、大衆文化、国威宣揚などさまざまな分野で希望と勇気を与えた市民が選ばれた。 打鐘式だけでなく、▴全国の日の出スポットにてミニチュアで制作されたポシンガク(普信閣)の鐘を打鐘する映像、▴ポシンガク(普信閣)を舞台に新年の幕開けを伝える祝賀公演、▴セレブや市民たちによる新年を迎える応援リレーも同時に行われる。 オ・セフン(呉世勲)市長も、映像を通じて新年の挨拶を伝える。オ市長は、「昨年2020年につづき、今年2021年もオンラインで打鐘イベントが行われるが、夢と希望を込めて、すべての市民の皆様に除夜の鐘の音が伝わることを祈っている」と述べ、また、「2021年の一年間、困窮し苦しかった時期も賢く克服してくださった市民の皆様に感謝申し上げる。2022(壬寅)年の新年には、一日も早くかつての日常を取り戻せるよう、最善を尽くしていきたい」という挨拶を語る。 2021年はポシンガク(普信閣)の現場で打鐘式が行われないため、バスと地下鉄の延長運行は行われない。そのため、深夜に帰宅する市民は、終電時間を確認しておく必要がある。31日(金)のポシンガク(普信閣)周辺道路も、交通統制なく正常運行される。 2021年の打鐘イベントは、メタバースと360度VRでも見ることができる。ソウル市ホームページ画面上部のバナーからメタバースに入ると、仮想のポシンガク(普信閣)とソウル広場を見学でき、「除夜の鐘」打鐘体験も楽しめる。「除夜の鐘」打鐘イベントに関する内容は、ソウル市ホームページ(www.seoul.go.kr)で確認できる。
ソウル市、トンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区のPR映像を公開

文化/観光ニュース

ソウル市、トンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区のPR映像を公開

ソウル市が、コロナ禍の長期化によって沈滞状態に陥っているトンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区に活気を吹き込む。ソウル市は、PR映像を通してトンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区の隠れた魅力を紹介し、観光トレンドにぴったりの見どころ、グルメ、楽しみどころを提示する訪問認証イベントを実施する。 トンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区は、ファッションの企画からデザイン、生産、流通、販売まで行われる、韓国最大のファッションクラスター兼ソウルを代表する観光地として、多くの人々に愛されてきた。ソウル市は、グローバルファッション観光スポットとして、トンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区だけの差別化された魅力をアピールする計画だ。 テレビ番組『Street Woman Fighter』に出演して多くの人々に愛されたダンスチーム「La Chica」が、トンデムン(東大門)ファッションタウンの匠たちが服を作る過程をダンスの動作で表現する。生地の製作から企画、デザイン、生産、販売まで行われるトンデムン(東大門)ファッションタウンのバイタリティに満ちた現場とともに、「La Chica」メンバーの個性溢れるオリジナルダンスが、見る者を虜にする。DDP、トンデムン(東大門)歴史文化公園、チョンゲチョン(清渓川)など、トンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区周辺にある代表的な観光スポットについての紹介も欠かさない。 トンデムン(東大門)ファッションタウンの強みであるファッションとスタイルをテーマに、「トンデムン(東大門)であなたをさらにデザインするよ」というラップに合わせて華麗なダンスを披露する「La Chica」のトンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区PR映像は、12月21日(火)から、ソウル市YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/seoullive)を通じて公開される。 トンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区のPR映像写真 トンデムン(東大門)ファッションタウン観光特区のPR映像写真
ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館、3年間の努力の結晶として韓・中国際交流展「北魏」を開催

文化/観光ニュース

ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館、3年間の努力の結晶として韓・中国際交流展「北魏」を開催

ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館が、韓・中文化交流の年(2021~2022)を迎えて国立プヨ(扶余)博物館と共に3年間にかけて準備した企画展を、いよいよ一般市民に披露する。 グローバル古代国家であった百済と同じ時期、中国にて南北朝時代を宣言した「北魏」(386~535)という国、そしてその国を建国した鮮卑部族の拓跋氏の歴史を振り返るための展示となる。 北魏は、中国の歴史だけでなく、東アジア全体の歴史において重要な転換点となる国で、漢族中心の「中華」世界観が周辺地域との交流と融合を通じて新たな文化を生み出していく様子を見ることができる。 また、北魏は仏教を国家的な宗教として発展させた国でもあり、今回の展示を通じて北魏の隆盛を極めた仏教文化と、韓半島の仏教文化へ及ぼした影響についても確認することができる。 新型コロナにより交流が困難な状況ではあるが、中国から遺物を搬入して、直接接することのできる特別展示会として開催する。12月17日に始まり、翌2022年2月27日(日)まで無料で観覧することができる。新型コロナが感染拡大傾向にあることから開幕イベントは行わず、接種証明・陰性確認性(防疫パス)手続を経れば自由に展示観覧を行うことができる。 ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館、3年間の努力の結晶として韓・中国際交流展「北魏」を開催 写真1. 大同市から出土した儀仗行列陶俑 写真2. 三尊仏像 写真3. 手をつなぐ女性の彩色陶俑 写真4. ゲル(Ger)の形をした土器(北方の遊牧民の利用する移動式テント) 写真5. 洛陽市から出土した儀仗行列陶俑 写真6. 青銅製鐎斗
第1回「ソウルユニバーサルデザイン大賞」には、「スペース・サルリム」、「ポスコヒューマンズ事務棟」が選ばれる

文化/観光ニュース

第1回「ソウルユニバーサルデザイン大賞」には、「スペース・サルリム」、「ポスコヒューマンズ事務棟」が選ばれる

ソウル市は、「ソウルユニバーサルデザイン大賞(Seoul Universal Design Award‧SUDA)」の第1回大賞の受賞作品として、ソウル市の女性家族複合施設「スペース・サルリム」(公共部門)とキョンサンブクド(慶尚北道)ポハン(浦項)の「ポスコヒューマンズ事務棟」(民間部門)を選定した。その他にも、最優秀賞など全8点を選定した。 「ソウルユニバーサルデザイン大賞」は、ユニバーサルデザインの普及と関連産業の振興をリードするため、ソウル市が2021年、全国自治団体で初めて制定した賞である。あらゆる人がすべて尊重されるデザインが反映された建築物・空間・サービス・政策アイデアを発掘して、都市イノベーションに貢献した個人・団体の業績を激励し、包容的なデザイン文化を全国に普及させていくことを目標としている。「ユニバーサルデザイン」とは、性別、年齢、障害の有無、国籍によって差別されず、市民の誰もが安全かつ便利に利用できるデザインである。 市は、去る7月~8月に全国単位の公募を実施しており、その結果、全国から全40件の応募作品が受け付けられた。ユニバーサルデザイン専門家審査委員団と市民審査委員団が約1か月間にわたり書類審査、現場実査、最終審査を行い、最終的に受賞作品が選定された。 主な審査基準は、ソウルユニバーサルデザインの5大共有価値(▴制約のない共有、▴安定したバランス、▴尊重される多様性、▴革新的な変化、▴安全な空間)である。この共有価値にかなった作品が、各公募分野の配点基準にもとづいて選定された。 ソウル市は、「UD環境構築」分野の公共部門大賞として、「女性家族複合施設スペース・サルリム」を、民間部門大賞に「ポスコヒューマンズ事務棟増築ユニバーサルデザイン」を各々選定して、ソウル特別市長賞を授与した。 ソウル市は、14日(火)にトンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)のソウルオンスタジオにて、「第1回ソウルユニバーサルデザイン大賞」授賞式を開催した。最近感染拡大傾向にある新型コロナウイルス感染症の状況を考慮して、出席者は最少人数に抑えて行われた。授賞式の映像は、24日(金)16時から、ソウル市ユニバーサルデザインセンターYouTube「誰でも楽しむ明日TV」(https://www.youtube.com/SeoulUniversalDesignCenter)を通じて公開される。