メインコンテンツに移動
T T

文化/観光

オンライン・ライブコマース・ファッションフェスティバル「Onlineトンデムン(東大門)ファッションフェア」を開催

文化/観光ニュース

オンライン・ライブコマース・ファッションフェスティバル「Onlineトンデムン(東大門)ファッションフェア」を開催

ソウルデザイン財団は、2020年11月27日から29日までの3日間、トンデムン(東大門)ブランドの特徴と長所を活かしたオンライン・ライブコマース・ファッションフェスティバル「Onlineトンデムン(東大門)ファッションフェア」(www.dotff.co.kr)を開催する。 イベントは、ポストコロナ時代におけるトンデムン(東大門)デザインプラザ(以下、DDPという)と共同で、トンデムン(東大門)ファッション商圏の活性化という目標を掲げて企画された。スピーディーで、かつ革新的なトンデムン(東大門)ファッション商圏の強みを活かし、「See Now, Feel Now, Buy Now, Wear Now」を実現する。 DDPを皮切りに、デジタル世界で繰り広げられる「Onlineトンデムン(東大門)ファッションフェア」は、NAVERショッピングと共同開催するライブコマースと、ブランド別ファッションフィルム、参加型イベントなどファッション・コンテンツを通じて消費者の関心を高め、30社の参加ブランドの売上創出を導く。 「Onlineトンデムン(東大門)ファッションフェア」の参加企業のためには、eコマース向け商品の企画とコマース・コンサルティングを運営することで、各ブランドの特性を反映した広報用ファッションフィルムとルックブックの制作をサポートする。また、NAVERショッピングのLIVEによるライブコマースと、10以上の主なeコマースの出店・販売が行われるように支援する。イベント終了後も、主要eコマース内の企画展が公開される予定であり、これを足場にしてオンラインビジネスへ切り替わることができるよう、参加ブランドをサポートする。 「Onlineトンデムン(東大門)ファッションフェア」事業は、トンデムン(東大門)ブランドのオン・オフラインにおけるマーケティング支援策を設けるために企画された。ソウルデザイン財団は、デザイン性に優れたトンデムン(東大門)ブランドが、「D2C(Direct to Consumer)」ビジネスへと切り替わるきっかけを作ることを目標としている。さらには、オン・オフラインの両方でドメスティック・ブランドと消費者との接点を広げることで、ファッション業界のデジタルベースへの転換期における新しい役割を果たすべく努めている。
「I‧SEOUL‧U」誕生5周年、「市民の10人中9人が認知、好感度は75%」

文化/観光ニュース

「I‧SEOUL‧U」誕生5周年、「市民の10人中9人が認知、好感度は75%」

ソウル市は、ソウルブランド「I·SEOUL·U」誕生5周年を迎えることを記念し、ソウル市民の1,500人を対象に「I·SEOUL·U」の認知度・好感度などに関するアンケート調査を実施した。今回のアンケート調査は、ソウル市が調査専門機関の㈱アジアリサーチ&コンサルティングに依頼し、2020年9月28日から2020年11月3日まで、20代以上のソウル市民1,500人を対象にオンライン調査を実施・分析したもの。 ソウルブランド「I·SEOUL·U」について、市民の10人中9人近く(88.3%)が認知していた。ソウルブランドを知ったきっかけについては、「テレビ、新聞、ラジオなどメディアのニュース」(47.4%)、「ポータルサイトなどインターネットからの情報」(47.1%)、「ソウル市関連イベント、広報物、造形物」(33.2%)などという回答が多数を占めた。 特に、ソウルブランドの認知度は、2016年(63.0%)、2017年(66.3%)、2018年(84.0%)、2019年(86.6%)、2020年(88.3%)と、年々高くなっており、市民の実生活にしっかり根付いていることが分かった。 また、ソウルブランドの好感度は、2016年(52.8%)、2017年(57.1%)、2018年(70.7%)、2019年(73.3%)、2020年(75.1%)という結果となり、市民の「I·SEOUL·U」に対する好感度が右肩上がりを示している。 「I‧SEOUL‧U」誕生5周年、「市民の10人中9人が認知、好感度は75%」 ソウルブランドの認知度 ソウルブランドの好感度 ソウル市に相応しいイメージに関する質問については、「活気に溢れている・ダイナミック(56.7%)、モダン(53.7%)、多様性に富む(49.1%)、国際的(24.1%)、楽しい都市(19.6%)」などの回答が得られた。ソウル市民が望む未来のソウルのイメージについては、「安全(38.4%)、余裕がある(31.3%)、安心できる(28.8%)、国際的(23.6%)、美しい(21.8%)」などが挙げられ、「安全で余裕があり、安心して暮らせる国際的な美しい都市」であることを望んでいることが分かった。 特に、新型コロナウイルス感染症対策に対するソウル市の防疫システムに関する質問については、71.7%が防疫について肯定的な回答が返され、感染防止・拡大防止政策が高い評価を受けていることが明らかとなった。
「ソウル×音楽の旅」第3編「ポエティック・ソウル(Poetic Seoul)」を公開

文化/観光ニュース

「ソウル×音楽の旅」第3編「ポエティック・ソウル(Poetic Seoul)」を公開

ソウル市は、2020年11月13日(金)、晩秋の趣を感じさせるソウルの自然景観スポットや文学空間において、感性豊かな音楽と文学をお届けする特別なオンラインコンサートを開催する。 AKMU(楽童ミュージシャン)は「ハヌル公園」において秋にぴったりのヒット曲を披露。「ソウルチェクポゴ(本宝庫)」では、AKMUメンバーのイ・チャンヒョク(李燦赫)が、自身のベストセラー作品『水を得た魚』の印象的なフレーズを朗読し、同名曲も歌う。ノドゥルソム(ノドゥル島)では、歌手ヤン・ヒウン(楊姫銀)と、詩のエッセイを著したチョン・ジェチャンが、「歌になった詩」をテーマにトークコンサートを行う。 ソウル市は、テレビで楽しむ「ソウル×音楽の旅(Seoul Music Discovery)」第3編「ポエティック・ソウル(Poetic Seoul)」を、2020年11月13日(金)19時に公開すると述べた。YouTube(「ソウル市」「文化でトントン」「The K-POP」)とNAVER V LIVE(ソウル×音楽の旅)で見ることができる。2020年11月21日(土)22時にSBS MTV、SBS F!Lからも放送予定だ。 「ソウル×音楽の旅」は、さまざまなジャンルのK-POP歌手とアーティストの公演を楽しみながら、ソウルの話題スポットを旅するという異色コラボが楽しめる非対面‧オンライン公演。ソウル市は、2020年10月から年末まで、計5編を順次公開している。 2020年11月27日(金)に公開される第4編「無限のソウル(Infinite Seoul)」では、意味ある音楽空間とソウルで活動したさまざまなアーティストにまつわる話を聞くなど、K-POPの歴史をひも解く時間となる予定だ。 掉尾を飾る第5編「韓流ソウル(Hallyu Seoul)」は、ナムサン(南山)・ハンガン(漢江)・古宮などのソウルのランドマークにおいて、K-POPと大規模な国楽管弦楽のコラボ公演を披露する。参加するK-POPアーティストは、12月第2週に公開する。 「ソウル×音楽の旅」の第1・2編は、YouTubeとNAVER V LIVEのアーカイブ視聴により、いつでも無料で鑑賞することができる。 「ソウル×音楽の旅」は、「ソウル市」「文化でトントン」「The K-POP」の3つのYouTubeチャンネルとNAVER V LIVE(ソウル×音楽の旅)、2つのテレビ(SBS MTV、SBS F!L)放送により見ることができる。
「変化のための48時間:マイパーク・テレビジョン」をオンライン開催

文化/観光ニュース

「変化のための48時間:マイパーク・テレビジョン」をオンライン開催

ソウルイノベーションパークは、2020年11月12日と13日の二日間開かれるイノベーションパーク最大の祭り、イノフェス「変化のための48時間:マイパーク・テレビジョン」をライブ配信で開催する。今回のイノフェスは、コロナ時代に合わせて非対面方式で企画された。 コロナ時代を生きる今の社会について著名な作家たちから直接聞く「差が出るパーク:作家たちのおしゃべり」、社会や生きることについて考えるイノベーションパーク・メーカーのお話「まち工房」、ジェネレーションY(ミレニアル世代)が考える次の世界についての「ミレニアル・トーク」、ソウルイノベーションパークのパラダイムシフト・モデル・プロジェクトについて知ることができる「地球を考える村」など、二日間21の事前製作映像とライブ映像が配信される。 その他にも、イノベーションパークの入居団体によるさまざまな品物やサービスを紹介する「イノ商店」、ソウルイノベーションパークの「ピアノの森」で行われる「band SINSUM」の公演、市民活動団体「ハンドスピーク」によるエレガントな手話公演、劇団「FLYING OFF THE CLIFF」の公演、ヴィーガンカフェ「DALYANG」が行うヴィーガン・キムチづくりなど、気軽に楽しめる多彩な文化公演やプログラムが行われる。 – マイパーク・テレビジョンのホームページ:48.innovationpark.live