メインコンテンツに移動
T T

教育/女性/児童

わが町のキウムセンター第100号突破、コロナ禍によるケアの空白を解決

教育/女性/児童ニュース

わが町のキウムセンター第100号突破、コロナ禍によるケアの空白を解決

共働きや一人親家庭等において、小学生児童の放課後、夏・冬休み、休日保育の空白を埋めるための「普遍的初等ケア施設」であるソウル市「わが町のキウムセンター」が設置され、今回で第100号を突破した。2018年6月に第1号を試験的に開所して以来、2年5か月目のことだ。 特に、2020年は新型コロナウイルス感染拡大が長期化し、「わが町のキウムセンター」が「緊急ケア」の役割をも果たしている。学校が休校となり、保護者も仕事に出かけ、ケアする人がいない児童たちのため、すべてのセンターが午前からオープンし、緊急ケアサービスを提供している。一部のセンターでは、子どもたちがオンライン授業を聴いたり、お弁当を食べることができるようにサポートしている。 新型コロナウイルス感染拡大以降、児童のケアを巡る問題を抱えていた保護者たちの間で口コミで広がり、2019年末は定員の68%だった登録率が、90%(2020年10月末基準)に迫るほど高まっている。 各センターは、村共同体と連携した、多様で、かつ新しいプログラムを試み、地域単位のケアの拠点へと進化しつづけている。 ソウル市は、2022年までに家と学校から徒歩10分の距離に計400か所の「わが町のキウムセンター」を設置し、普遍的初等ケアを実現するという目標を掲げている。 現在、25の自治区において計197か所の設置が確定されており、この内、第100号を含む100か所が現在運営されている。
外国籍学生向け児童養育一時支援金のご案内

教育/女性/児童ニュース

外国籍学生向け児童養育一時支援金のご案内

1. 外国籍小・中学校在校生向け児童養育一時支援申込みのご案内 <主な内容> 支援対象:国立・公立・私立の小・中学校および各種・特殊学校に在籍する外国籍を有する児童(満18歳未満) ※ 2020年10月8日現在在籍している児童 ※ 外国人学校や無認可オルタナティブスクールなどは、学校外児童として支援 支給金額:小学校在校生☞20万ウォン、中学校在校生☞15万ウォン 支援方法:該当の学校から保護者名義の口座に送金 お問い合わせ:その他ご質問などございましたら該当の学校までご連絡ください。 2. [学校外学生] 外国籍学生向け児童養育一時支援申込みのご案内 <主な内容> 支援対象:小・中学生と同年代(2005年1月~2013年12月生まれ)の外国籍を有する学校外児童 ※ 2020年10月8日現在外国人学校または無認可オルタナティブスクールなどに在籍している児童 ※ 学年とは関係なく生年月日で支援します。 支給条件:外国人登録事実証明書・パスポート・金融口座などの保有者に限る。(詳しい内容は下記の「提出書類」を参照) 支給金額:小学生と同年代(2008年1月~2013年12月生まれ)☞20万ウォン、中学生と同年代(2005年1月~2007年12月生まれ)☞15万ウォン 申込期間:2020年10月19日(月)~10月23日(金) 9:00-18:00 ※ 昼休み(12:00-13:00)を除く 申込場所:ソウル特別市教育庁 学校保健振興院2階、213号 お問い合わせ:ソウル特別市教育庁 教育福祉チーム ☎02‐3999‐714~5 <詳細のご案内> 1. 支援対象:小・中学生と同年代(2005年1月~2013年12月生まれ)の外国籍を有する学校外児童 支給対象/支給条件 支給対象:小・中学生と同年代(2005年1月~2013年12月生まれ)の外国籍を有する学校外児童 ※ 2020年10月8日現在外国人学校または無認可オルタナティブスクールなどに在籍している児童 ※ 学年とは関係なく生年月日で支援します。 ※ 上記の「1. 外国籍小・中学校在校生」として支援を受けている児童は支援対象外となります。 支給条件:外国人登録事実証明書(外国人登録証)・パスポート・金融口座の保有者に限る。 支給金額:小学生と同年代(2008年1月~2013年12月生まれ)☞20万ウォン、中学生と同年代(2005年1月~2007年12月生まれ)☞15万ウォン 2. (申込方法:保護者または本人が教育庁を訪問して書類を提出(代理人不可) 申込対象/申込方法 申込者:支援対象児童の保護者または本人(代理人不可) 申込方法:ソウル特別市教育庁(学校保健振興院2階、213号)を訪問して書類を提出します。 提出書類(必須) ① 児童養育一時支援金支給申込書 ② パスポート(児童と保護者の両者とも提出)...   Read more
「第1号拠点型わが町のキウムセンター」、12日に試験運営を開始

教育/女性/児童ニュース

「第1号拠点型わが町のキウムセンター」、12日に試験運営を開始

ソウル市は、子どもたちが日常においてさまざまなアートに触れ、思う存分遊び、休むことのできる環境を提供するため、「第1号拠点型わが町のキウムセンター」を、12日(月)から試験運営を始める。 拠点型わが町のキウムセンターは、ソウル市ではじめて取り組むフィンランドのアナンタロ型の学童ケア施設で、多様な文化・芸術・体育プログラムを運営する計画である。利用料はすべて無料。当該センターは、従来の学童保育施設の従事者や利用する子どもたち‧保護者の「思う存分走り回り、遊べる空間」と「文化・芸術・体験」へのニーズに応えるために取り組んできた事業である。 第1号拠点型キウムセンターは、周辺環境、アクセス性、近くのケア施設の現状などを検討し、地下1階・地上5階の規模で建てられた。 韓国ではじめてフィンランドのアナンタロ型教育方法を導入することで、遊びと休みを通じて子どもたちが自ら目標を設定するようにし、動機づけや集中力の向上、社会的共感能力などを育てることができる環境づくりを目指している。 ▴スイングスツール、▴移動式本棚、▴プレイマットなど、学び・論理・遊びというテーマに沿ってデザインされたカスタマイズ家具が備えられている。子どもたちが自らその機能と造形をつくって使用することで、子どもたちの独創性と問題解決能力を引き出すとともに、センターで行われるプログラムを補助する役割を担う。 施設は、多目的体育・遊戯室、ケア・遊び空間、料理教室、メーカーズ室など10室の活動室で構成されており、子どもたちに身近に感じてもらえるよう、各室の名前は子どもの目線に合わせて名づけられている。 試験運営で進められるプログラムは、ポストコロナ時代に合わせて▴小規模、▴非対面、▴オンライン形式で行われるよう、その開発に心血を注いできた。利用する子どもの家や他の中小ケア施設からもプログラムへ参加できる。 「拠点型キウムセンター探訪」は、利用する子どもたちに料理教室、メーカーズ室などの施設を紹介し、文化・芸術・体育プログラムを提供する。 ソウル市は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、事前予約や1プログラム当たり利用者数を10人に制限するなど防疫心得を守り、ソーシャル・ディスタンシングの段階に合わせて安全に万全を期して運営する計画である。試験運営の期間中は、中小ケア施設を利用する子どもたち向けの文化・芸術・体育プログラムを提供し、新型コロナウイルス感染拡大が緩和してからは、ソウル市民に公開する予定である。 (わが町のキウムポータル:https://icare.seoul.go.kr/icare) 試験運営の完了後、ケア資源のコントロールタワーの運営や地域社会とのコミュニケーションを大切にする、圏域の学童ケア統合システムを構築していく計画である。
2学期の外国人留学生の保護及び管理方案

教育/女性/児童ニュース

2学期の外国人留学生の保護及び管理方案

最近、国内感染による感染者数は安定しつつあるが、海外からの入国による感染者数の増加傾向が続いている。これを受け、大学の2学期の授業が開始する前に、外国人留学生向けオンライン授業の活性化や入国時期の管理などによる積極的な管理・対策に徹する必要がある。 ➀ 留学生の入国段階に応じた保護·管理を継続 (入国前) 自国での遠隔授業を勧告し、入国する場合は特定の時期に集中しないよう、分散して入国するよう誘導 (入国時) 大学や地方自治体が協力して、空港から隔離場所(自宅・寮)までの移動手段の提供や有症状者の検査・診断などを通じて、海外からの入国による感染拡大を防止 (入国後) 健康状態などを1日1回以上モニタリングし、自宅隔離期間中、積極的に検査・診断を実施するなど、体系的に保護・管理 ➁ 遠隔授業などを活用して自国でのオンライン受講を活性化 各大学は、遠隔授業を利用して、自国で遠隔授業を受講できるよう、積極的に誘導する。遠隔授業の質を改善し、学生の満足度を高めるための方法を模索するとともに、運営基準を改善していく。また、遠隔授業を受講した留学生に対し、学士の学位を認める。 ➂ 海外からの入国者に対する管理システムと連携させた入国時期の管理 大学は留学生の入国計画を策定して、これを地方自治体と共有するとともに、地方自治体の自宅隔離管理条件に合わせて入国時期の管理を施行する。特定の時期に入国者が集中すると、防疫システムの限界を超えることが予想されるため、隔離可能な場所などを確保できた留学生を優先的に入国させることで入国分散措置を取る。 ➃ 留学生の自宅隔離場所を確保、管理を強化 留学生が自宅隔離場所(1人1室の寮、臨時隔離施設、ワンルームなど)を確保した上で入国するように誘導する。また、大学側は寮や大学の遊休施設を優先的に活用するが、そこでの収容が難しい場合に備え、臨時隔離施設を確保するための努力を続けなければならない。 ➄ 留学生を保護・管理するための予算などを支援 モニタリングのための人材や防疫管理を支援するため、まず41億ウォンを支援する。