メインコンテンツに移動
T T

教育/女性/児童

ソウル市、誰もが平等に学べる「ソウルラーン」を構築

教育/女性/児童ニュース

ソウル市、誰もが平等に学べる「ソウルラーン」を構築

ソウル市が崩壊した教育のはしごを復元し、階層間の教育格差を解消するための「ソウル型教育プラットフォーム(仮称「ソウルラーン」)構築基本計画」を策定した。 2021年から3年間、導入-定着-拡散の段階を経て、青少年→青年→全市民の順に対象を拡大し、ソウル市民のライフサイクルに必要なあらゆる教育を支援するエデュテック基盤の生涯教育プラットフォームとして完成させることが主な目標である。 まず導入段階の2021年は生涯学習ポータルと連携し、「ソウルラーン(SeoulLearn)」サイトにて、学習資源へのアクセスが困難な低所得層の青少年(学校外・多文化家庭の青少年を含む)を対象に学習コンテンツを提供する。また学習者に合わせたメンタリングサービスを提供し、学習の効率を高めるとともに自己主導型学習能力を育てるようコーチングする。 2022年からは教育対象を一般の青少年や青年まで拡大するとともに、先端教育技術を融合した教育プラットフォームの構築も始める。2023年にはプラットフォームの構築を完了し、すべての市民が学習の消費者であり生産者として参加し、誰もが楽しめるオープンスペース生涯学習空間として定着させる。 ソウル市は8月末から「ソウルラーン」サイトを通じて、まず低所得層(基礎生活受給者および所得の中位値の50%以下の次上位階層)、学校外・多文化家庭の青少年を対象にオンライン学習(教科・非教科)コンテンツを提供する。 「ソウルラーン・オンラインメンター団」は、まずソウル市所在の大学(院)生から募集し、書類審査と面接を通じて選抜する。第一次選抜は8月16日からで教員資格所持者を優遇する。選抜されたメンターたちは、生徒一人ひとりの特性に合わせて学習進度の管理や相談、カリキュラムの推薦などを非対面で行う予定。また他機関のメンタリングプログラムと連携し、オンライン・オフラインメンタリングサービスを支援・拡大する計画も立てている。
ソウル市、保育園に室内換気装置の設置を支援

教育/女性/児童ニュース

ソウル市、保育園に室内換気装置の設置を支援

ソウル市は新型コロナウイルスから安全な保育園を作るため、ソウルの国公立保育園に換気装置の設置費用を支援する事業を初めて実施する。 感染の危険が高い乳幼児が密集している保育園に、室内空気質を改善する空気循環機を設置して室内の汚染度を下げ、保護者が安心して子どもたちを送り出せるように「換気安心保育園」を作ることが目標だ。 支援対象は、換気装置の設置義務対象から除外されている中小規模の国公立保育園だ。現在、延べ面積430㎡以上のソウル市の国公立保育園は、建築法に基づいて保育園の換気装置の設置義務対象となっており、換気装置が設置されている。しかし、2009年12月31日より前に建築された保育園は、延べ面積が1,000㎡以下の場合、設置義務の対象ではなかった。このような国公立保育園は全体の75%に上る。 空気循環機が設置されると、外部から入ってくる空気を一時的に閉じ込めて、冷たくしたり温めたりする熱交換方式を活用して建築物の冷暖房エネルギーを削減することにもつながる。 ソウル市は、計5億ウォンの市費を投入し、20の自治区にある29か所の国公立保育園に153台の空気循環機設置を支援する。各保育園と相談し、場所や設置容量などに合う空気循環機の種類を選択して設置する予定だ。
女性歴史共有空間「ソウルヨダムジェ(女談斎)」、市民に開放

教育/女性/児童ニュース

女性歴史共有空間「ソウルヨダムジェ(女談斎)」、市民に開放

女性の歴史を共有するための空間である「ソウルヨダムジェ(女談斎)」が市民に開かれる。 ソウルヨダムジェ(女談斎)はチョンノ(鐘路)区チャンシンドン(昌信洞)に位置しており、2つの棟で構成されている。ソウル市は、女性作家による作品の展示と、女性の歴史資料の展示などを通じて、これまであまり知られていなかった多彩な分野で活躍した女性たちの生き方を発掘して広く知らせるための歴史文化空間としてヨダムジェ(女談斎)を造成し、2020年11月よりプレ運営を行ってきた。 展示スペースには女性の歴史に関する書架、女性の歴史についての学習空間(講義室、映画上映館など)、女性史展示空間などがある。子供女性史学習教室も設けており、その他にも女性の歴史特別講義、女性がテーマの映画上映、女性史資料の展示などを一年中行う。 開館記念特別展示として、「ヨダムジェ(女談斎)、梅の花で開く」も開催する。女性作家であるイ・ドンウォン氏の梅をテーマにした作品展示を通じて、新たに生まれ変わる女性性をテーマにヨダムジェ(女談斎)の精神を象徴的に表現する。 展示の観覧は無料だが、事前の予約が必要である。観覧時間は午前10時から午後6時まで、1回につき30分観覧できる。開館記念特別展示は7月30日(金)まで開催されている。 < ヨダムジェ(女談斎)、梅の花で開く> 主要展示作品 < ヨダムジェ(女談斎)、梅の花で開く> 主要展示作品 青梅 1 探梅 雪梅 各展示室の写真 各展示室の写真 < 2階 教育コミュニケーション空間 > 展示室 < B2階 展示空間 > 展示室
ソウル市の国公立保育園が全国最大数に、2021年に1,800か所まで増やす

教育/女性/児童ニュース

ソウル市の国公立保育園が全国最大数に、2021年に1,800か所まで増やす

ソウル市の国公立保育園が2020年の年末までに1,749か所に増え、全国17の市・道の中で最大数を記録した。国公立の利用率も43.8%で他の市・道(平均15.1%)より約3倍高い水準である。 ソウル市は2021年2月15日(月)に、2021年は200億ウォンの予算を投入して1,800か所まで国公立保育園を増やすと発表した。 まず、ソウル市は2021年の拡充において、需要は大きいが、国公立の利用率が低い自治区を優先的に支援して地域間の格差を解消する。公保育の需要が多いアパート内の保育園の変更と新規共同住宅内の保育園に対する早期開園などを通じて、上半期において予算を集中的に支援する。特に2021年からは300世帯未満の団地も住民の半数以上が同意すれば、国公立への変更ができるようにした。 また、国公立保育園サービスの質改善事業も並行し、先導的な公共保育モデルを作ることにも注力する。公保育サービスの質向上のため、保育士1人が担当する乳幼児の数を減らし、保育現場の長年の願いでもある試験事業を推進する。0歳クラスは3人から2人に、3歳クラスは15人から10人に減らす事業を試験的に行った後、運営の拡大を検討する。 国公立保育園の再委託審査の基準も改善する。乳幼児の健康・安全および施設設置基準など「必須項目指標」を導入し、遊び中心・生態にやさしい保育など、保育政策の方向と保育環境の変化による詳細審査指標を新設するなど、優秀な委託企業が保育園を運営できるように支援する計画だ。 また、遊び中心、生態にやさしい保育、保護者と地域社会の参加、民主的で開かれた運営を志向する国公立保育園の新たな運営モデルも2021年に設ける予定だ。