メインコンテンツに移動
T T

国際交流

ソウル市外国語ホームページを約100言語でサービス開始

国際交流ニュース

ソウル市外国語ホームページを約100言語でサービス開始

外国人も歴史・文化・政策などソウルのあらゆる情報を手軽に活用できるよう、ソウル市外国語ホームページが2020年12月30日から世界中の約100言語でサービスを開始する。 ソウル市はGoogleの自動翻訳システムを導入して従来の6言語(英語、中国語簡体字・繁体字、日本語、フランス語、スペイン語)で提供していたサービスをネパール、ベトナム、カンボジアなど非英語圏の少数言語まで100の言語に拡大したと明らかにした。ソウルに居住しているが韓国語に慣れていないため、母国語を使うしかない外国人もソウルの市政にさらに便利にアクセスできるようにするという趣旨だ。 また、翻訳の品質も高くなっている。今までサービスしていた言語のうち、4言語(英語、中国語簡体字・繁体字、日本語)は専門家の翻訳を通じて継続して提供し、非英語圏の言語も専門家が翻訳したクオリティの高い英語コンテンツを基に翻訳することで品質を高めた。 利用方法は簡単で、ソウル市外国語ホームページの自動翻訳サイト(http://world.seoul.go.kr)にアクセスし、ホームページ上部の言語選択バーから好きな言語を選択するだけだ。選択すると、ホームページ内のすべてのコンテンツが該当の言語に翻訳される。 今回のサービスは、2019年に行われた「ソウルタウンミーティング」でロシア語圏の住民からのリクエストで始まった。ソウル市は、ロシア語のホームページがあったら嬉しいという住民の意見を検討しながら、今後さらに多くの言語に柔軟に対応し、ホームページの管理を効率的に行うため、言語圏を大幅に拡大してサービスすることに決めたと説明した。
ソウルからウランバートルまでたった2,000km、姉妹提携25周年:文化で心をつなぐ

国際交流ニュース

ソウルからウランバートルまでたった2,000km、姉妹提携25周年:文化で心をつなぐ

ソウル市は、2020年11月30日(月)、午後2時(韓国時間、ウランバートル市の現地時間は午後1時)から、ソウル市とモンゴルのウランバートル市との姉妹都市提携25周年を記念する特別イベント「ON CONNECT SEOUL X ULAANBAATAR」を開催、両都市の文化を交流する。新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、イベントの内容をソウル市とウランバートル市でそれぞれ撮影した後、YouTubeで生中継する予定。このように今回のイベントは、オンタクト方式で他国とリアルタイムでコミュニケーションするという、海外文化交流における新しい方法を試みるという点で大きな意味がある。 当日のイベントには韓国とモンゴルの人気タレントやインフルエンサーたちが参加し、両都市を広報するオンライン公演やトークショー、そして韓国の名女優キム・スミが出演して料理の腕をふるうライブショーなど盛りだくさんの見どころも準備されており、開催前から大きな関心を集めている。当日は、モンゴルのフュージョンダンスグループ「UB DRUMS ASPAC」の伝統打楽と舞踊によるオープニングに引き続き、キム・インホソウル特別市議会議長とイ・ヒョンチャン行政自治委員会委員長が祝辞を述べる。 イベントの1部は打楽器の名人「コ・ソクジンパーカッション」が、国楽にEDMを組み合わせた公演を披露する。王がお忍びで外出するというコンセプトで、ヨイド(汝矣島)のセッカンダリ(支流橋)、DDP、キョンボックン(景福宮)などのソウルの人気スポットや夜景を紹介する。次いで、韓国とモンゴルの人気タレントやインフルエンサーたちが両都市の文化のトレンドを共有するトークショーが行われる。このトークショーには両都市から各5人が参加し、各都市の文化の特徴について話をする。 ○韓国側の参加者:ヤン・サングク(お笑いタレント)、キム・スンへ(お笑いタレント)、The Nutsのチョン・イハン(歌手)、Mongol&Esu(ユーチューバー)、 イェギョル(国楽演奏者) ○モンゴル側の参加者:UKA(歌手)、NAKI(歌手)、GANTOGOO(歌手)、ZIZI・ZOLOO(歌手・インフルエンサー)、JOHN KO(歌手・インフルエンサー) 2部はモンゴルのアーティストGANTOGOOのオンライン公演で幕を開き、次いでフードコンサートが開催される。ここでは韓国の料理のバラエティ番組で人気を集めている名女優キム・スミが出演し、モンゴルの人気シェフMIKOと共に料理の腕をふるう。ここで紹介するモンゴルの伝統料理への関心が高まる一方、キム・スミはこれを機にモンゴルにスミ旋風が巻き起こることを期待しているそうだ。両都市の食文化をリアルタイムで楽しむ今回の料理ショーは、ソウルのクッキングスタジオとソウルONスタジオ、ウランバートルのスタジオで行われる。 本イベントのフィナーレは、韓国のモダンロックグループ「The Nuts」のメンバーのチョン・イハンが、「ソウルの森」「オリンピック公園」「ハンガン(漢江)公園」などを背景に、ソウルの美しい自然の中で歌う動画を披露し、コロナ疲れを感じている全世界の人々に癒しのひと時を提供する。最後に、両都市の市民の今後の願いと感想を録画したインタビュー動画を紹介して本イベントの幕を閉じる。 今回のイベントは、ソウル市のYouTubeチャンネルで生中継される。誰でもリアルタイムで観覧できる。 ○ ソウル市のYouTubeチャンネル: (韓国語) www.youtube.com/seoullive (英文) www.youtube.com/seoulcityofficial
[インタビュー] 科学者のデニス・ホン、「ソウル市民の新型コロナウイルス感染症への対応は世界最高!」

国際交流ニュース

科学者のデニス・ホン、「ソウル市民の新型コロナウイルス感染症への対応は世界最高!」

世界的なロボット工学者のデニス・ホン(UCLA機械工学科)教授が最近、韓国を訪れた。彼は「ソウル市広報大使として委嘱され、すぐに飛んで来た」と、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中、故国を訪れた理由を伝えた。 ヒューマノイドロボットの開発に勤しんでいる彼は、体が十個あっても足りない状態だ。ホン教授は、グローバル科学雑誌『ポピュラーサイエンス』が選定した「科学を揺るがす若い天才10人」に名を上げた。世界的なロボット研究所である「UCLA ロメラ研究所」の所長を務めている。世界で初めて視覚障害者向けの無人自動車を開発した。 ホン教授は新型コロナウイルス感染症のような非常事態において、ロボットがポジティブな役割を担うと確信している。米国でも説破しているところだ。 「新型コロナウイルス感染症が広まった場所などで、防疫や消毒をしたり、患者を看病したりする危険な仕事を、ロボットが人間の代わりに行うことができる。非対面・非接触が重要視され、ビデオ会議や遠隔教育が脚光を浴びているが、ロボットはその効果が倍になるようサポートできる」と語った。 そして、人間ができる仕事とロボットが代わりにできる仕事をはっきりと区分した。ソウル市が新型コロナウイルス感染症の長期化により、疲れた市民を癒やすために始めた「心の防疫」キャンペーンが良い例といえる。 「ロボットが人の心をケアする役割を果たせないわけではない。しかし、人の方が上手くできること、すべきことがある。人に共感し、コミュニケーションし、ケアすることはロボットではなく、人間の役目だ」と語った。 今回の訪韓を通じて、ホン教授はソウルが都市を封鎖することなく、徹底した生活防疫により日常を守る姿を見て、どのような印象を受けただろうか。 「とても素晴らしい。世界最高水準で上手く対応している。マスクの着用やQRコードで出入りするなど、すべて印象的だった。ソウル市が本当に努力しているが、すべては市民がしっかり付いてきてくれているから可能なことだと思う。100点満点中、200点をあげても足りないくらいだ」と語った。