メインコンテンツに移動
T T

国際交流

ソウル市、「第9回ソウル-中国の日」をオンラインで開催…四川省の魅力を満喫できるチャンス

国際交流ニュース

ソウル市、「第9回ソウル-中国の日」をオンラインで開催…四川省の魅力を満喫できるチャンス

ソウル市は9月13日(月)から9月19日(日)までの1週間、ソウル市フェスティバル専用ホームページであるフェスティバル・イン・ソウル(festival.seoul.go.kr/seoulchinaday)にて「第9回ソウル-中国の日」をオンラインで開催する。 2013年に始まり、2021年で9回目を迎える「ソウル-中国の日」は、ソウル特別市と駐韓中国大使館と駐韓中国文化院が共同で毎年開催している韓中文化交流イベントで、これまでイベント会場であるソウル広場では約20の公演団による公演をはじめ、約60の展示や体験ブースが設置されるなど、訪れる市民に盛りだくさんの見どころや楽しみどころを提供してきた。しかし新型コロナウイルス感染症が流行し始めた2020年からはオンラインイベントに切り替えられた。 2021年は「四川に注目する」というテーマのもと、四川省地域の現況、観光、料理、芸術、文化遺産などに関して動画で知ることができる。また中国医学や太極拳など様々な中国文化について動画や写真で紹介される。どの作品も韓国語と中国語の両方による解説付きなので、ソウル市民もソウル在住の中国人も気軽に楽しめる。 また新型コロナウイルス防疫心得を遵守するためには室内で楽しめるものを必要とする市民のため、各自が自宅や室内でも参加できるオンライン参加イベントを実施する。今回は、リサイクル品を使って作る小さな庭園「四川パンダ植木鉢作り」、そして麻婆豆腐や担々麺などで有名な四川料理を体験・認証する「四川料理SNS認証イベント」が行われる予定である。
コロンビアのイバン・ドゥケ・マルケス大統領、「ソウル市名誉市民」に

国際交流ニュース

コロンビアのイバン・ドゥケ・マルケス大統領、「ソウル市名誉市民」に

コロンビアのイバン・ドゥケ・マルケス(Iván Duque Márquez)大統領が、ソウル市の名誉市民となることが決定した。 8月24日~26日に来韓したコロンビアのイバン・ドゥケ・マルケス大統領は、26日14時30分にソウル市を訪問し、オ・セフン(呉世勲)ソウル市長からソウル市民証の授与を受けた。 今回のコロンビア大統領の訪韓は、2011年9月にフアン・マヌエル・サントス(Juan Manuel Santos)大統領が訪韓して以来10年ぶりであり、イバン・ドゥケ大統領はソウル市を訪れた外賓として、ソウル特別市外賓迎接基準に基づき、名誉市民証を受け取る。ソウル市の「外国人名誉市民」は、ソウルにて連続して3年若しくは累積5年以上居住中の外国人、または市を訪問した主要外賓に対して授与している。 イバン・ドゥケ・マルケス大統領は、2018年、当時満42歳の年齢でコロンビア史上最年少の大統領に当選しており、米州開発銀行(IDB)勤務当時に著書『オレンジ経済』(2013)を通じて、コロンビアの次世代経済発展戦略としてクリエイティブ産業に重点を置く経済ビジョンを提示しならが、韓国を先端技術と文化コンテンツ強国として評価している。 この日、名誉市民証授与式につづいてオ・セフン(呉世勲)市長とイバン・ドゥケ・マルケス大統領は面談の時間を持ち、両国の都市間の第4次産業革命に関する企業の育成、企業支援インフラ、スタートアップ活性化方法などについて論議した。 なお、主要外賓を対象とするソウル市名誉市民証の授与は、コロンビアのイバン・ドゥケ・マルケス大統領が国家元首級としては35番目となる。これまで、コロンビア出身の主要要人のうちソウル市庁を訪問し名誉市民証の授与を受けた者は合わせて9名であり、今回名誉市民証を受けたイバン・ドゥケ・マルケス大統領は、10番目の授与者となった。 コロンビアは、韓国戦争当時に中南米で唯一、海軍のパディーヤ艦艇を先頭に、約5千人の戦闘兵を派遣した、とても重要な友邦国である。また来年2022年は、ソウル市とボゴダ市が親善締結40周年を迎える特別な年であり、このような重要な時期に先立って、イバン・ドゥケ大統領がソウル市の名誉市民になったのは、ソウル市とコロンビア間において非常に意味深いことといえる。ソウル市は、親善友好都市であるボゴダ市とメデジン市など、コロンビアの主要都市との間でより一層多くの交流が繰り広げられ、企業の海外進出が拡大されるなど、経済交流活性化のきっかけとなることを期待している。
ソウル市、国際関係大使に元駐ジュネーブ大使を任命

国際交流ニュース

ソウル市、国際関係大使に元駐ジュネーブ大使を任命

ソウル市は、第20代国際関係大使に元駐ジュネーブ大使のペク・ジア(白芝娥)氏を7月23日付けで任命した。 ペク・ジア(白芝娥)新任大使は、今後ソウル市の国際関係大使として勤務しながら、外交分野に対する幅広い見識と経験および専門知識を基に、海外都市との交流、国際会議の開催および国際機関の誘致など、ソウル市の国際交流全般に対して諮問役を務める予定だ。また、スマートシティ・交通・気候変動への対応などソウル市の優れた政策を世界に発信し、ソウル市の国際的地位を高めることに貢献する予定だ。 ペク・ジア(白芝娥)新任大使は、36年間様々な経験を積み、外交・安保分野において広く精通している国際関係専門家と評されている。ソウル大学校外交学科を卒業し、1985年に外交部に入部後、▴国際機関局長、▴駐国連次席大使、▴国際安保大使、▴企画調整室長、▴国立外交院外交安保研究所長、▴駐ジュネーブ大使などを歴任した。 駐ジュネーブ大使時代には、国連人権理事会、世界貿易機関(WTO)、世界保健機関(WHO)などジュネーブ現地に所在する多数の国際機関で韓国を代表して活躍する一方、国際労働機関(ILO)政府グループ代表などを歴任し、国益増進と国際協力活性化のために尽力してきた。 ペク・ジア(白芝娥)大使は、「ソウル市の国際交流・協力をより拡大するため、国際関係大使としての役割を全うしたい」と所感を述べた。