メインコンテンツに移動
T T

交通

新型コロナウイルス感染症で変わったソウルの公共交通機関の利用環境、タルンイの利用が急増

交通ニュース

新型コロナウイルス感染症で変わったソウルの公共交通機関の利用環境、タルンイの利用が急増

2020年、新型コロナウイルス感染症の影響により、ソウルにおけるバスや地下鉄など公共交通機関の利用は減ったが、個人の移動手段に対する関心が高まり、タルンイ(公共自転車)の利用は大幅に増加したことが明らかになった。 2020年の一年間、公共交通機関(バス、地下鉄)の合計利用件数は34億件で、2019年と比べて12億件(25.9%)減少した反面、タルンイの合計レンタル件数は2,370万件で467万件(24.6%)増加した。 このような公共交通機関の利用減少は、新型コロナウイルス感染症によるソーシャル・ディスタンシングや在宅勤務などが実施され、市民の移動最小化、自発的な距離の確保などが影響していると見られる。 反面、非対面の交通手段である自転車の人気が高まってタルンイの利用件数が増加し、通勤にも多くの市民が利用したことが明らかになった。特に、退勤時間帯のタルンイ利用率はバスや地下鉄に近い9%台まで急増し、生活移動手段として脚光を浴びている。 ソウル市は、このような交通ビッグデータの分析結果を通じて、市民の需要に合わせた様々な交通政策を開発し、交通の利便性増進に向けて様々な研究に活用する予定だ。
ソウル市、2021年歩行安全文化の確立を目指して本格始動

交通ニュース

ソウル市、2021年歩行安全文化の確立を目指して本格始動

ソウル市は、歩行者・自転車・パーソナルモビリティの美しい共存を目的とした歩行安全文化の確立を目指し、歩行者の安全確保のための法令改正、試験事業の実施、官・民・警による大々的な合同キャンペーンなどを、3月から本格的に始める。 歩行者のみならずパーソナルモビリティ利用者の安全確保のためにパーソナルモビリティの走行速度を20km/hに制限するという法律の整備にも継続して取り組んでいく。 ただし、道路の特性に合わせて制限速度を設定し、歩行者の安全を妨害しない範囲内で個人専用の移動手段利用者の権利も保障する計画だ。 さらにソウル市は、歩道に無断駐車して歩行者の通行を妨害した車両に対し、罰金を科す前に、即刻車両を牽引できるよう、道路交通法施行令の改正を要請する計画だ。 都心部のグリーン交通振興地域内に造成された自転車道を中心に「低速指定車道制」を推進することも検討している。「低速指定車道制」とは、片側3車線以上の道路で、下位1車線を制限速度20km/hと指定して自転車やパーソナルモビリティなどがより安全に走行できるようにする制度である。 ソウル市は、これまで実施してきた幹線道路は50km、生活道路(主要道路)は30kmと速度を制限する「安全速度5030」事業をさらに発展させ、子ども・高齢者・障害者保護区域と生活圏域における生活道路の制限速度を20km/hに引き下げてより厳格な安全環境を造成する「ソウル型安全速度532」事業を積極的に推進する。 2021年もソウル市の歩行者の安全を守ろうとする努力は続く。自治区ごとに民間ボランティア、警察署、地域のパーソナルモビリティ会社などが協力して行う「歩行安全街頭キャンペーン」もスタートする。新型コロナウイルス感染症防疫指針を徹底して守り、3~5人以内の小規模で行うとともに、オンラインや動画を活用したアンタクト(非対面)による広報も年末まで行う予定だ。 ソウル市、2021年歩行安全文化の確立を目指して本格始動
クァンファムン(光化門)広場の東側道路を拡幅、3月6日土曜日0時から対面通行可能に

交通ニュース

クァンファムン(光化門)広場の東側道路を拡幅、3月6日土曜日0時から対面通行可能に

クァンファムン(光化門)広場の東側道路を拡幅、3月6日土曜日0時から対面通行可能に 2021年3月6日土曜日0時から、セジョンデロのクァンファムン(光化門)広場の「東側」にある道路(キョボ(教保)ビル、駐韓米国大使館前)が、これまでの一方通行から対面通行に変わる。 ソウル市の発表によると、クァンファムン(光化門)広場の「東側」の道路を拡幅し、車線を7~9車線に増やす道路整備工事を2021年3月初めまでに完工し、3月6日土曜日から対面通行に変えるという計画だ。 ソウル市は、2020年11月から市民の意見を収集するなど様々なコミュニケーションを行った結果をもとに、「人が休むにも歩くにも楽しいクァンファムン(光化門)広場」の造成事業を推進しており、工事期間中においても市民の不便を最小限にとどめるよう、順を追って段階的に進めている。 クァンファムン(光化門)広場の東側道路を対面通行に変えると同時に、現在車道であるクァンファムン(光化門)三叉路からセジョンデロ十字路までの西側道路、すなわちセジョン(世宗)文化会館前の道路は車道をなくし、市民がいつでも気楽に楽しめる広場を造成する。 したがってソウル市関係者は、「クァンファムン(光化門)三叉路とセジョンデロ十字路区間(セジョンデロ)の道路を利用する車両はすべて東側道路を利用してほしい」と呼びかけた。 西側道路は市民の意見を取り入れて、2021年11月までにクァンファムン(光化門)広場と合わせて公園化した広場を造り、「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)」と連結してクァンファムン(光化門)からソウル駅まで続く長さ約2.6kmの都心の中の歩行者道路を完成する。 またソウル市は、クァンファムン(光化門)広場の東側道路工事前後における交通の流れを分析した結果について、「着工直後、一時的に車両の走行速度がやや減少したが、渋滞を引き起こすほどではなく、例年同様(約22km/h)の走行速度を維持している」と説明した。(2019年平均21.6km/h、2021年2月平均21.9km/h) ソウル市とソウル特別市警察庁は今後とも、車両の走行速度を維持するとともに市民の不便を解消するため継続して交通対策を推進する。チャハムンロやソソムンロなどソウル市の中心部に進入する6つの主要道路にある13か所の十字路と、工事期間中に影響を受ける65の十字路においては、信号を最適化して渋滞を最小化するという計画だ。 ○ 都心外郭:ソウル市の中心部に進入する境界区間にある13の十字路を指定し、退勤ラッシュの時間帯には外郭方向を利用する車両の量を増やし、出勤ラッシュの時間帯には都心に進入する交通量を分散・迂回するよう誘導する。 ○ 工事影響圏:工事期間中に影響を受ける範囲(工事区間・直間接的影響圏)内にある65の十字路を指定し、影響の度合や安定化の段階に合わせて渋滞に迅速に対応する。 また2021年2月末には、セジョンデロと連結している「サジクロ」や「ユルゴクロ」から周辺道路に迂回できる動線を新たにつくる。サジク(社稷)公園十字路(サジクロ)からは「サジクロ」と「サジクロ8ギル」のどちらにも左折できるようになり、キョンボックン(景福宮)十字路(ユルゴクロ、トンシプチャガク(東十字閣)十字路)から左折すると、大韓民国歴史博物館の裏手にある「チョンロ1ギル」につながる。 ソウル市は、オンライン・オフラインメディアを通じて広場の東側道路が対面通行になることを広報するとともに迂回路を案内する。セジョンデロ、主要幹線道路、十字路には広報用のバナースタンドや横断幕を設置し、利用度の高いナビゲーション情報も変更する。さらにラジオでの交通情報提供や、ソウル市交通情報システム(TOPIS)、道路情報板(VMS)、バス到着案内端末機(BIT)などでも積極的に案内する予定だ。 一方ソウル市は文化財庁と話し合ったうえ、交通の流れを妨げない範囲内で、キョンボックン(景福宮)のクァンファムン(光化門)ウォルデ(月台)を復元するとともに新しいクァンファムン(光化門)広場の造成事業を推進し、2023年までに完成させる予定だ。
ソウル市、安心して公共交通機関を利用できるアプリ「My-T」をリリース

交通ニュース

ソウル市、安心して公共交通機関を利用できるアプリ「My-T」をリリース

ソウル市は、感染症との共存が避けられない時代に、市民がより安心して公共交通機関を利用できるよう、新型コロナウイルス感染者の移動経路と重なったときの通知や混雑していない経路の案内など、カスタマイズされたさまざまなサービスを提供するアプリ「My-T(マイティー)」をリリースした。 アプリ「My-T(マイティー)」が収集する個人の位置情報(GPS)、公共交通機関の運行情報、交通カードの乗り降り情報、各交通手段のWi-Fi情報などを結合・分析し、個人の通行・移動履歴、感染者の移動経路を比較して感染者との接触について通知する。 アプリ「My-T(マイティー)」では、新型コロナウイルス感染拡大が続く中でも安全かつ便利に移動できるよう、▴感染リスク通知情報、▴公共交通機関の混雑度に基づいたナビサービス、▴通行分析に基づいた「マイ移動経路」の提供、▴交通弱者向け低床バスの予約など、さまざまなサービスを提供する。 ①感染リスク通知サービスを提供 アプリ「My-T」では、自分の移動経路により感染者との移動経路が重なっているかどうかの確認や、感染者との接触通知情報などをリアルタイムで提供しており、情報不足による市民の不安を大幅に解消することができると予想される。 まず、自分の移動経路のうち、感染者の移動情報と重なったとき、通知サービスが受けられる。以前は、公共交通手段の運輸従事者が感染した場合、車両の乗客は濃厚接触者に分類されず、動線の情報が提供されなかったため、人々が不安を感じていた。しかし、今後はアプリ「My-T」により、感染者の移動経路と重なった場合、通知サービスを提供することで安心して公共交通機関を利用することができるようになる。 ②公共交通機関の混雑度に基づいたナビサービス さらに、公共交通機関の混雑度などを案内することで、混雑した路線を避けることができ、安心して別の移動手段を選ぶことができるナビサービスを提供する。 ③通行分析に基づいた「マイ移動経路」サービスを提供 さらに、市内バス、地下鉄、タクシー、タルンイなど、自分の移動履歴を一覧し、公共交通機関の利用履歴も照会することができる。今後、民間企業のサービスとも連携してクーポン、割引、ポイントなど、さまざまな特典にもつなげていく予定だ。 ④交通弱者向け低床バスの予約 交通弱者向けのサービスも強化される。低床バスに乗らなければならない車椅子の利用者が、自分が乗りたい停留所で乗車予約ができる予約サービスも提供する。 ソウル市は、今後3年間、段階的にサービスを完成していく計画だ。新型コロナウイルス感染者と重なる経路について情報提供する「安心利用」サービスを皮切りに、多くのサービスや特典を提供するため、民間企業が保有する技術とマイデータ情報の組み合わせにより、公共交通機関利用によるマイルの積立や料金の割引サービスを提供し、公共交通機関の利用実績を反映した信用格付けを向上させるサービス、データの売上の還元など、さまざまなサービス提供を計画している。