Go to Main Content Go to Footer Content

2030青年住宅

A A

ソウル市の「駅勢圏2030青年住宅政策」 ■住居貧困青年比率 ソウル市の転出人員の内2〜30代 ■その他(住居貧困ではない青年比率) (28~39歲)比率 対象敷地の用途地域の向上 行政的支援の強化

ソウル市の青年住居現況

住居不安の原因

• 青年失業率の増加や非正社員化などの不安定な労働条件のために生じる住居費確保の不安

• 家計の金融負債の増加による家計負担の増加(30代の金融負債増加率は12.9%)

• チョンセ料(一度に高額な保証金を支払う住宅供給方式)の上昇、ウォルセ料(月毎に家賃がある住宅供給方式)への転換の加速化


住居貧困青年の増加

• ソウル市内の青年(19~34歳)人口のうち、住居貧困青年が増加

• 国内全体の居候者の貧困率(14.7%)より高い数値
ソウル市内の青年(19~34歳)人口のうち、住居貧困青年が増加


■ 青年の転出比率の増加

住居費や住宅問題のためソウルを離れる青年総数が増加
青年の転出比率の増加