2016女性安心特別市 2.0

A A


資料基準日:2017年1月2日

災難、災害安心ソウル

■ 推進目標

災害、災難の様な安全に対する社会的な役割を強化

■ 主要計画

女性用災害災難対応マニュアルを開発

• ソウル市災難/災害マニュアルを性認知的観点で分析後、ガイドラインを提示(2016年上半期)

• 災難脆弱別に合わせた対応マニュアルの作成及び配布(2017年)

性認知的観点から災難/災害関連のインフラを構築

災難/災害関連の統計分析時、性別分離統計の義務化

• ソウル市で管理する災難/災害統計を性別で分離し分析

• 災難/災害に対する予防、対応、復旧対策樹立の際、性認知的観点を反映

市民安全体験館運営時、性別対応の力量を強化

• 災難/災害の対応能力向上のための教育及び体験を強化
– 女性の参与を誘導
– 災難/災害対応教育教授要員の性認知的観点の力量を強化

• 「女性安全体験の日」新設運営:毎年3月8日世界女性の日を基準

女性の主体性及び対応の力量を強化

災害/災難発生時、災難克服のため核心的な主体としての力量を強化

地域女性の安全のための核心リーダー200名養成

• 推進日程:2016~2018

• 地域女性の安全のための地域女性安全リーダーの養成:25名(2016) → 75名(2017) → 100名(2018)
– 地域管理者、保育班長、看護士等、それぞれの力量に合わせて養成

• 性認知的観点を持つ女性市民講師の養成及び地域安全ヘルパー活動の連携

• 「女性の安全核心リーダー」ワークショップを通じてネットワークを構築(毎年12月)

災害/災難対応のための力量強化教育実施

• 女性中心の消防官の職業体験教室運営(2016年上半期)

• 女性に合わせた教育運営:一人暮らしの女性、高齢女性を中心に災害/災難対応のマニュアル教育