2016女性安心特別市 2.0

A A

より賢く細やかな女性安心特別市 2.0

ソウル市は、ソウルの全ての女性が安心して生活できるソウルをつくるため、「2016女性安心特別市 2.0」政策を発表した。女性安心特別市は、ソウル市が2013年から主要女性安全脆弱分野の分析を行い、改善する政策として、2016年を迎え高度化した社会に合わせて新しく強化された。「2016女性安心特別市 2.0」には、最新のスマート技術を使用し女性が24時間安心して過ごせる環境をつくり、女性が主体となって自分の安全を守る事の出来る方法を提示する政策が追加された。

また、女性安全に対する国際社会の関心を引き出すため、ソウル市の安全サービスを国際社会に紹介した。そのため、ニューヨークのUN本部で開かれる第60回「国連婦人の地位委員会(CSW)」に参加して女性安心特別市2.0政策を紹介し、国連ハビタット、国連の女性機構関係者と会い、女性政策交流の為の法案を協議した。

グレードアップした女性安心特別市2.0では

24時間安全なソウル、スマートワンストップ安心ネット

ソウル市は、持続的に発展しているスマート技術を導入し、ソウル市の安全システムをより強化する。このため、既存のCCTV、自治区統合管制センターをスマートフォンのアプリケーションと連携することで、より簡単に早く対応できる安全システムを構築する予定だ。

☞ スマート安心ソウルはこちら

死角地帯のない安全なソウル

ソウル市は、増加し続けている隠しカメラ、デートDV等の様な生活密着型犯罪にも積極的に対応する。各犯罪に対応できるよう専担チームを運営し、事前予防、事後対策のための相談と教育をより強化する予定だ。

☞ 細やかな安心ソウルはこちら

災害、災難克服の主体になる女性

ソウル市は、女性が安全のために、より積極的に行動し、対応できる主体になれるよう関連インフラを強化する。現在提供している「災害/災難退避マニュアル」、「安全体験館」等を女性の認知的観点から再分析、提供することで、関連教育を強化する予定だ。

☞ 災難、災害安心ソウルはこちら

女性安心便宜サービスの強化

ソウル市は、現在提供している女性安心便宜サービスを市民たちがより便利に利用できるようソウルの全エリアに拡大、適用する。現在運営されている女性安心宅配箱、女性の安全を守る家を拡大し、女性安全関連の指標等を開発し、政策に反映する予定だ。

☞ 女性安心サービス強化はこちら