訪問する洞住民センター

A A


資料基準日:2017年1月2日

訪問する洞住民センター、1年間の歩みー行政、福祉

既存の洞住民センターは請願処理や書類発給のような行政業務を処理する場所と認識されていたが、訪問する洞住民センター政策が進められて洞住民センターが困難な隣人たちを直接訪れて助けてくれて、住民たちと共に地域社会の困難を観察する場所として認識され、住民中心の福祉サービスの基盤が築かれている。

■ 主要施行現況

訪問する洞住民センター政策が推進された後、現在まで18自治区283洞が訪問する洞住民センターに変更された。また、1段階で推進した80洞では平均的に次のような業務を遂行して住民たちと一緒に村を作り続けている。

ソウル市の訪問する洞住民センター業務遂行の現況(80の洞住民センターの平均)

■ 住民、福祉中心の洞行政基盤造成

福祉関連人員の拡充

高齢者訪問看護士(79人)、村事業専門家(35人)など訪問する福祉サービス関連人員を新規で拡充した。また、社会福祉担当公務員を追加で拡充して福祉対象者が9千人余りも増えたが、福祉担当公務員1人が担当する福祉の対象者は115人に減少した。

社会福祉担当公務員の人員拡充と効果

行政的基盤の造成

福祉死角地帯の調査のような政策推進のための法的根拠を用意し、無人請願発給機を配置して行政業務の効率性を高めた。

無人請願発給機の全洞への配置による行政効率化

■ 訪問する福祉サービス

住民中心の訪問する福祉サービスを通じて福祉死角地帯が減少し、オーダーメイド型サービスの支援と資源連係が拡大された。

持続的な現場訪問

我が町の主務官、訪問看護士などの持続的な訪問によって65歳以上の高齢者と出産家庭を新たに訪問し始めるようになり、貧困危機家庭への訪問回数もさらに増加した。

福祉、健康分野の年間訪問回数

訪問サービス満足度(出産家庭)や産婦の養育能力向上

福祉死角地帯の減少

我が町の主務官、訪問看護士が持続的に高齢者を訪問した結果、7,209人の健康支援対象の高齢者を選定した。また、社会福祉機関の従事や住民代表、隣人などの依頼を通じ、計12,281人の貧困危機家庭を新たに選定して支援を強化した。

新たに選定された健康問題対象者数と貧困危機家庭の選定経緯

オーダーメイド型サービスと資源連携拡大

福祉対象者に対する案内やオーダーメイド型福祉サービスを持続的に進めた結果、福祉対象者の福祉給与の申請数が増加した。また、新たに選定された貧困危機家庭の場合、事例別に管理して他のサービス資源と連携して問題を解決した。

福祉相談件数と福祉給与の申請数

貧困危機家庭への資源連携や問題解決の現況

高齢者の健康のための連携サービスを進行