食品安全

A A
食品の安全性を確保するための能力を強化

中小の食品製造加工業者を対象に、現場での専門家による体系的な判断と、業者に合う技術指導をもって危険要因を事前に取り除くことにより、中小の食品製造加工業者の衛生水準を高め、HACCP(HA(危害分析)とCCP(重要管理点監視)からなる言葉)の早期定着など、食品安全政策を実現します。

農水産物の安全管理

市中に流通しているすべての農水産物の安全性を検査し、適合しない製品の流通を遮断すると同時に行政措置を行うことにより、市民の食品の安全性を確保します。

子供の食生活

子供の嗜好食品販売業者の衛生状態を改善し、指導·啓蒙活動などにより子供の食生活の安全性を向上させます。子供の食の安全性の大切さと食習慣の改善の必要性を正しく認識できるよう、子供の目線に合わせた多様な教育プログラムを運営し、正しい食生活を実践するよう、誘導します。

原産地表示
  • 市場における農水産物の原産地表示を指導・管理:農水産物の原産地表示を効率的に指導・点検し、食材取引の透明性を確保するとともに、消費者に正確な原産地情報を提供します。
  • 農畜産物の原産地を検定するために回収検査:農畜産物の原産地の偽装表示などの根絶を目指し、原産地検定のための回収検査を実施し、健全な取引秩序の確立および市民の食品の安全性確保に寄与します。
  • 飲食店の原産地表示制度の教育・広報および指導・点検:飲食店の原産地表示義務品目を拡大して施行するのに伴う広報および当該飲食店に対する指導・点検を通じて、原産地表示制を早期に定着させます。
外食業者の衛生管理
  • 飲食店などにメニュー価格を表示する際、付加価値税、奉仕料などが含まれた、実際支払わなければならない「最終支払価格」を表示します。
  • プルコギ、カルビなどの食肉は100g当たりの価格で表示

(2013.01.01より) 変更

  • カルビ100g ・・・ 10,000ウォン(1人前180g ・・・ 18,000ウォン)
  • ロース100g ・・・ 22,000ウォン(1人前150g ・・・ 33,000ウォン)
  • 表示対象 : サンギョプサル、ロースなど、主に生の肉を消費者が直接焼いて食べる形のメニューが表示の対象であり、調理された状態で提供されるメニューは表示義務対象ではありません。
  • 表示方法 : 表示の基準を100g当たり価格に統一しますが、1人前に該当する重量と価格をいっしょに表示することもできます。