生活安全

A A


資料基準日:2017年1月2日

地域住民が安全リーダーとして活動する、新しいコンセプトの生活セーフティーネットを構築。「生活安全ガバナンス」

薄暗い路地裏の巡察や山崩れなどの危険地域の安全点検まで、住民が直接調べ、安全を気遣うという新しいコンセプトの「ドン(洞)」レベルの生活安全ガバナンスを2012年から構築・運営しています。「生活安全ガバナンス」は、行政機関がリードしてきた従来の災難予防・対応・復旧を、地域住民が「わが家族とまちは自分で守る」という意志をもって生活セーフティーネットを構築するものです。ガバナンスに所属する住民の主な活動は、危険要素の予防と生活安全プログラムの発掘、災難発生の際の復旧活動への積極的な協力・支援などです。

거버넌스

거버넌스2