健康

A A


資料基準日:2017年1月2日

保健環境研究

1945年に漢城府衛生試験所として創設されたソウル特別市保健環境研究院は、様々な試験検査と研究を通じてソウル特別市の政策策定の科学的根拠を提供する専門的研究分析機関で、食の安全や都市疾病の予防、生活環境の改善などを通じて市民の健康と安全に貢献しています。

主要事業は、食品・医薬品の安全性検査や農水産物及び漢方薬材の検査、畜産物の疾病及び人獣共通感染症検査、感染症及び危害微生物検査、水環境・土壌・廃棄物調査、大気及び生活環境分野の調査などで、韓国内外の優れた機関との研究交流や各分野における強みを生かした様々な研究など、韓国内外の公認試験認証機関として市民の健康を守る重要な役割を果たしています。

- 韓国内外の公認試験認証の現況

  • • 海外:KOLAS国際公認試験機関、国際環境マネジメント・システム認証機関(ISO14001)、米国立標準技術研究所(NVLAP)
  • • 国内:悪臭検査機関(環境省)、飲用水水質検査機関(環境省)、アスベスト調査機関(雇用労働省)、残留性有機汚染物質測定機関(国立環境科学院)、エイズ確認診断機関(疾病管理本部)、インフルエンザ国家指定監視機関(疾病管理本部)、食品等試験検査機関(食品医薬品安全処)など

≪検査及び研究事業≫

▶ 健康に直結する各種食品や食品添加物、器具、容器、包装などの試験・検査とともに、医薬品及び化粧品の品質検査と有害物質の含有検査を行い、同時にこれらの品質と安全性に関する試験研究を通じて市民の健康を守っています。

  • • 食品、健康機能食品、食品添加物の品質規格検査及び研究
  • • 食品用器具・容器・包装及び衛生用品の基準規格検査・研究
  • • 一般医薬品及び医薬部外品の試験分析・研究
  • • 化粧品の品質検査・研究

▶ カラク農水産物卸売市場に搬入される農産物を競りの現場で迅速に検査するとともに、ソウル地域最大規模のキョンドン(京同)市場で流通される漢方薬への重金属や残留農薬、漂白剤といった有害物質検査を実施し、市民の健康増進に貢献しています。

  • • 農産物の安全性検査・研究
  • • 水産物及び干物の安全性検査・研究
  • • 漢方薬材の安全性検査・研究

▶ 畜産物及び畜産加工品への基準及び有害残留物質検査を通じて安全な畜産物の供給に貢献するとともに、鳥インフルエンザ(AI)や口蹄疫、狂牛病など家畜疾病の防疫と人獣共通感染症の予防に取り組んでいます。

  • • 成分規格や有害残留物質、微生物など畜産物の品質及び安全性の検査・研究 • 韓国牛の遺伝子確認及びDNA同一性検査・研究 • 動物感染症の臨床予察や検査、検診、予防、疫学調査など都市の防疫 • 都心の環境及び人獣共通感染症に関する調査・研究

▶ 食品・医薬品及び水質の衛生細菌検査に加え、コレラや腸チフスといった感染症細菌及びエイズやインフルエンザといったウイルス性疾患の検査を行うとともに、各区の保健所検査要員への検査技術教育と精度管理を行うことで市民の健康増進に貢献しています。

  • • 病原性微生物の検査・研究
  • • 食品、医薬品、化粧品の衛生微生物の検査・研究
  • • インフルエンザなどウイルス性感染症の検査・研究
  • • 食中毒の原因菌の検査及び追跡管理事業
  • • HIV検査と感染症媒介蚊の個体数調査及び研究

▶ 大気環境の改善に向けてソウル市全域で大気質自動測定システムを運営し、黄砂やオゾン濃度などの大気汚染状況を街頭の電光掲示板に表示して市民の健康危害を最小限に抑えているほか、アスベスト調査、騒音振動測定、ダイオキシンといった微量大気環境因子の調査・研究を行っています。

  • • 都市大気測定網を25カ所で、道路測定網を15カ所で運営
  • • 大気汚染情報の管理及び予報・警報制度の実施
  • • 気候変動、長距離移動汚染物質、有害汚染物質の調査
  • • 公衆施設や新築共同住宅などの室内空気質及びアスベスト検査
  • • 生活周辺悪臭汚染度及び騒音振動検査
  • • 近隣騒音や光害、電磁波、放射能など有害環境要因の管理

▶ 飲用水や生活用水、湧き水場などの水質検査とハンガン(漢江)本流・支流の水質モニタリングを通じて市民の地下水資源と水環境生態を保存するとともに、土壌汚染度及び廃棄物検査などソウル市の快適な環境づくりのための調査・研究を行っています。

  • • 飲用水及び生活用水の水質検査
  • • ハンガン(漢江)本流・支川における水質自動測定網の運営
  • • 廃水を排出する事業所における水質汚染物質検査
  • • 土壌及び廃棄物有害化学物質検査

≪グローバル連携強化及び教育サービスの提供≫

▶ 韓国内外の機関との共同研究及び連携

環境保健問題の解決に向け、北京環境保護科学院やモンゴル・ウランバートル市、サムスンソウル病院、韓国大気環境学会など韓国内外有数の機関と研究交流協約を締結し、各分野の強みを生かした様々な研究を行っています。

  • • 北京環境保護科学院及びモンゴル・ウランバートル市と北東アジアにおける大気質改善に向けた研究
  • • サムスンソウル病院及びソウル医療院と環境条件による患者への影響に関する研究
  • • 韓国大気環境学会や韓国室内環境学会、韓国環境保健学会などとの共同研究
  • • 室蘭大学及びコリョ(高麗)大学食品生医学研究所と食の安全及び生医学に関する研究

▶ 科学体験教室の運営など

最先端の実験室及び装備や保健環境分野における科学実験など、様々な科学体験イベントや実験過程の公開プログラムを通じ、ソウル特別市の研究機関としての資源を市民と共有するとともに、継続的な交流を図っています。

  • • 子ども青少年科学体験教室
  • • 中高生進路職業探索プログラム
  • • 大学生及び市民を対象とした「開かれた実験室」

‐付録:英語の案内冊子(予定)

食品・医薬品安全性検査分野 (1)_1 (1)_2 (1)_3
農水産物・漢方薬材検査分野 (2)_1 (2)_2 (2)_3
畜産物・人獣共通感染症検査分野 (3)_1 (3)_2 (3)_3
畜産物・人獣共通感染症検査分野 (4)_1 (4)_2 (4)_3
大気生活環境調査分野 (5)_1 (5)_2 (5)_3
水環境・土壌及び廃棄物調査 (6)_1 (6)_2 (6)_3
グローバル連携強化、科学体験教室の運営 (7)_1 (7)_2 (7)_3