資料基準日:2017年1月2日

C40(世界大都市気候先導グループ)

C40(世界大都市気候先導グループ)は、世界の大都市が気候変動の深刻さを認識し、それに対応するために自発的に構成した協議会です。地球面積の2%に過ぎない都市が、地球の温暖化の主犯格である温室効果ガスを80%以上排出しているという現実を受け止め、これに具体的に対応するため、2005年にKen Livingstone前ロンドン市長の提案により、ロンドンで出帆し、ソウルは2006年7月に加盟して活動を行っています。

  • 名称:C40(世界大都市気候先導グループ、Cities-Climate Leadership Group)
  • 位置:イギリス・ロンドン
  • 設立:2005年 ※ Ken Livingstone前ロンドン市長のリードの下、C20を設立。2007年C40(世界大都市気候先導グループ)へと拡大
  • 目的:気候変動への対応を約束した大都市の協議会
組織
  • 40の定会員都市および19の協力都市
  • 運営委員会都市とCCIが運営委員会の会議を開催(四半期に1度、カンファレンスコール) ※運営委員会都市(10) ベルリン、ヨハネスバーグ、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンパウロ、ソウル、東京、香港、ジャカルタ
活動
  • 2年に一度、都市の市長のためのサミットを開催。都市の成果を交流
  • 随時、実務者のためのワークショップおよび小規模のカンファレンスなどを開催
  • 006年、CCIとパートナーシップを締結し、都市のCO2排出量の削減およびエネルギー効率の向上のための努力を支援。
ソウル市との関係
  • 2006.07.25、気候変動への対応の国際協力のために加盟
  • 2007年、第3次C40サミットのソウル開催と関連し、MOUを締結
  • 2009.5、第3次C40サミットを開催(ソウル)
  • 2011.5、第4次C40サミットを開催(サンパウロ)

C40 1

C40 2