デザイン

A A


資料基準日:2017年1月2日

21世紀は、感性を売るデザインの時代

誰でも一度は行ってみたいと思う観光都市、住んでみたいと思う一流都市、デザインの街「ソウル」を目指し、文化観光デザイン本部が立ち上がりました。都市の特性に合ったデザインを開発し、国際的なデザインの街づくりに努めていきます。

[共感への配慮] WDC・SDO開催

[共感への配慮] WDC・SDO開催

WDC2010やソウルデザインオリンピックを開催し、「市民のデザインへの関心と見識」を高め、デザイン分野の底辺拡大を促進し、ソウルをデザインの街へと飛躍させていきます。

[環境への配慮] ソウルの景観をより美しく

[環境への配慮] ソウルの景観をより美しく

  • ソウルの主要景観スポットに対する中長期的基本計画を作成。周期的にグレードアップさせ、一貫性のある体系的な景観資源の保全、管理を実施します。
  • 省エネ、排出削減、リサイクル、低炭素グリーン事業など、環境、自然、人との調和の取れた共存を模索する環境にやさしいグリーンデザインの推進に取り組みます。
[生活への配慮] 誰もが住みやすいソウルの街

07_s_policy_03

ソウル市の公共施設、建物、レジャー空間、ビジュアル媒体などをユニバーサルデザインの概念と原理で改善し、生活での人々の不便をデザインで解決していきます。

[文化への配慮] デザインソウルDNA・ブランドの開発

[文化への配慮] デザインソウルDNA・ブランドの開発

ソウル市のマスコット「ヘチ」を中心にソウルのアイデンティティを確立するためのDNAを持続的に開発し、ソウルのブランド化事業を推進します。

[経済への配慮] ソウルデザイン産業の育成

07_s_policy_05

デザイン産業の需要と供給のバランスを整え、デザイン-生産-マーケティングがうまく繋がるよう、デザイン産業を活性化させます。