児童·青少年

A A

活動能力を強化

児童・青少年にクリエーティブな体験プログラムを提供し、多様な活動インフラを造成・提供することにより、健全な青少年活動へ誘導するとともに、主体的に成長できるよう、寄与します。

プロジェクトを推進:2,000のプログラム
  • 体験学習の多様化:教科と連携したソウルツアー、学校週五日制バス、大会など
  • 学校週五日制の広報を強化:学校週五日制アプリ(3月)、学校週五日制エキスポ(6月)、Best10など
Teenager Hue Cafe
青少年休カフェ
青少年施設の拡大および運営の改善
  • 「休カフェ」の設置(約25箇所)、「文化の家」の拡大(17箇所)、ハジャ·ミジセンターの運営など
  • 青少年修練館(31箇所)によって特性を活かした運営改善方案をつくる(アンケート→諮問→コンサルティング→マスタープラン)
多様な青少年活動の基盤をつくる
  • 中国における砂漠化防止のための防風林を造成。市・道の交流(6つ)など青少年国際·地方交流活動を強化
  • 文化ゾーン(12箇所)、サークル支援(412箇所)による青少年の活動基盤をつくるなど

相談・保護を強化

児童・青少年の様々な悩みに関する相談·福祉支援システムを確立し、家出の青少年など危機的状況に置かれた青少年に対し、保護環境を整えます。

児童青少年相談システムを構築
  • 初期相談(1次サービス):相談福祉センター(24箇所)、修練館相談所(8箇所)による初期相談
  • 初期相談施設が不足しており、自治区において洞単位で設置が必要なので自治区の持続的な関心が必要
  • 深化相談(2次サービス):経済、勉学、異性などに関する、ニーズに合わせた相談を実施
  • ネット中毒予防センター、児童虐待予防センター、学校外センター、ウィー·ドリームスタート、性文化センターなど
  • 連携·事後管理(3次サービス):CYS-Netを通じての地域社会と連携
危機に瀕した青少年の保護環境を拡大
  • 街を徘徊している青少年に対するソウル市全域における街の相談活動(アウトリーチ)を実施:年4回(四半期別)
  • 家出の青少年を保護し、自立させるための施設を拡大:12箇所→14箇所 ※140人しか保護できないので、施設が絶対的に不足している状態
  • 生涯教育施設に通うことの難しい青少年に対し、おやつ代·文芸イベントなどを支援:約800人

脱学校の青少年保護

学校から離脱し、または離脱する恐れのある青少年に対し、早期に介入して危険性を予防すると同時に、自立を支援することにより健全な青少年を育成します。

脱学校の青少年の早期発見および相談
  • 「学校外青少年支援センター」による早期発見システムを構築(教育庁と連携)
  • 相談マニュアルの作成·普及、個人·グループ·電話·サイバー相談および心理検査などを施行
Alternative school class
代案教育の現場を運営
脱学校の青少年への支援を拡大
  • 代案学校への支援を拡大:29校(2012年) → 35校(2013年)
  • 入学資格検定、進路、学校への復帰など、適正に合う学びの場を提供
大学に進学しない青少年を支援
  • 高校を卒業し、大学に進学しない青少年への支援政策を樹立
  • 民間のアイデアを受け入れ、社会的な関心を集めるための進学しない青少年を対象としたプログラムを公募
  • 教育(アカデミー、ワークショップ)、希望コンサート、進路の設計、文化·体験プログラム、調査・研究など

児童福祉

放課後、一人ぼっちの子供のため、社会的な養育機能の強化および親が養育できない児童に対する児童への福祉政策を推進します。

地域の恵まれていない児童に対する福祉サービスを拡大
  • 地域の児童センターへの支援基準を緩和:設置して2年→設置して1年
  • 土曜日養育教室を拡大:182箇所(2012年) → 240箇所(2013年)
  • 地域活動で知られた人を地域の児童センター名誉センター長として委嘱し、地域社会からの関心を誘導
Apartment  style housing at a child care center
児童養育施設の小規模化
民間と連携したサービスを支援
  • 児童財団を通じて低所得家庭の児童を支援:5,400人、56億ウォン
  • 恵まれていない環境の児童に対する教育費の支援(Now Start):1,300人、13億ウォン
施設で保護している児童の養育・自立環境を改善
  • 児童養育施設の小規模化(アパート化)を推進(23箇所)、家庭のような環境のためのグループホームを拡大(70箇所)
  • 退所する児童の自立生活館を運営(3箇所)、就業·相談など自立サービスを強化(児童自立支援団)

児童の権利

全国の自治体ではじめて制定された子供·青少年の人権条例に伴い、人権総合計画の樹立および児童・青少年の政策への参加機会を拡大します。

児童·青少年の人権総合計画を整える
  • 児童·青少年の人権を実現するための基本方向および履行事業を提案
  • 諮問会議、公聴会などの過程による意見収集およびガイドラインを設ける
  • 子供・青少年が参加する人権教育、多様な子供・青少年の余暇空間の拡大など
Image of Acheongnet
児青ネットの画像
児童・青少年の政策参加の通路を拡大
  • 児童(子供)・青少年参加委員会:23人  
  • スマートフォンを利用した児童・青少年政策ネットワーク(児青ネット)を構築, 6,874人、ユースナビ基盤のSNSアカウントを運営
  • 政策のお知らせ(市) → フィードバック(児青ネット) → 検討・反映(市)