主要戦略地域 友好関係

A A


資料基準日:2017年1月2日

ソウル市は天然資源の宝庫であり成長の可能性の高いアフリカの主要都市との交流・協力を戦略的に拡大し、ソウルの国際的な知名度を高めると同時に、ソウルの優れた市政を伝えている。

姉妹都市締結による持続的交流の基盤を構築。
  • 姉妹都市:カイロ(エジプト)、1997.04.27締結
  • 交流覚書締結都市:アディスアベバ(エチオピア)、2010.09.29締結 / マプト(モザンビーク)、2011.06.13

「アフリカの日」のイベントを支援
  • 2013.05.25光化門広場、17の駐韓アフリカ大使館
外国都市の公務員交流事業などを通じ、ソウル市の優れた市政を発信・PR。
  • 2013.07.02 アフリカ5カ国(ガーナ、タンザニア、エチオピア、ガボン、アンゴラ)の長官がソウル市を訪れ、市政をツアー
  • 外国都市公務員の招聘研修、開発途上国の公務員に対する修士課程履修、地球村ハンマダン祭りなど