Go to Main Content Go to Footer Content

窓口の多様化

A A

ライブソウル

ソウル市ソーシャルメディア「ライブソウル」は、市民とのコミュニケーションや市民からの意見収集を活性化するために運営されているライブ放送です。主な市政や会議の現場など、政策の決定過程をリアルタイムで公開し、市民の知る権利を満たすとともに、市政の価値を市民と共有することにより、透明な市政を行っています。

ソーシャルメディアは市民と積極的にコミュニケーションを取るためにSNSなどに積極的に活用されているメディアであり、従来の文字中心のコミュニケーションからレベルアップし、リアルタイムで映像を通じて直接コミュニケーションできるという長所があります。ソウル市は、時空間の制約を乗り越え、オンラインという開かれた空間において、ソウル市と市民が直接顔を合わせてコミュニケーションし、市政全般にわたる多様な意見と市民の積極的な参加を呼び掛けています。これは、ソーシャルメディアだからこそ可能な方法といえるでしょう。

オフラインで行われる市政に対し、オンラインメディアを活用して政策の策定からソウル市の行政の全過程をリアルタイムで市民に公開することは、費用をかけずに多くの市民と共有し、市民からの意見を収集してさらに市政に反映できる方法です。このような革新的な努力を、「ライブソウル」は続けています。「ライブソウル」は、毎日放送されるオンラインの生放送と、以前の放送を「オンデマンド」で24時間常時放送サービスを行っているので、いつでも市政の現場を見ることができるようになっています。また、視聴者が直接リアルタイムで意見や感想を書き残すことができるよう、ソーシャル書き込み機能も付いていますので、関係者のみならず一般市民とも意見交換が可能です。「ライブソウル」モバイルアプリは、ホームページの機能の他にも、「SNS共有」機能から、印象深かった放送をツイッターとフェイスブック、カカオトークアカウントを通じて他の人と共有することができます。