市政運営の計画

A A


資料基準日:2017年1月2日

市民と共に健全な財政基盤を築きます。

1. 債務6兆9448億ウォン削減

01_policy_JAP_07_01

  • 市:1兆 1,864億ウォン削減(32,554億ウォン ► 20,690億ウォン) – ソウル公共投資管理センターの設立、投資事業の妥当性の検証緩和
  • SH:6兆4,982億ウォン削減(135,789億ウォン ► 70,807億ウォン) – 経営革新、開発事業への投資時期の調整
  • 地下鉄及び農水産物公社: 7,398億ウォン増加 – 老後設備の改善など投資需要の増加により債務増加が避けられない

2. 住民参加予算制度の導入

01_policy_JAP_07_02

  • 住民参加予算条例の制定及び委員会の構成(2012)
  • 市民の意見を受け付けて、予算の編成段階から検討・反映

開かれた市政を実現し、市民の権利を守ります。

1. 人権と権利が尊重される制度的基盤を作る

01_policy_JAP_07_03

  • ソウル市民の人権・権利増進条例の制定(2012年6月)
  • ソウル市民の人権・権利増進委員会の構成(2012年7月)
  • ソウル市民の人権・権利増進基本計画の策定(2013年11月)

2. 行政情報を公開し、市民参加を保障

01_policy_JAP_07_04

  • ソウル情報コミュニケーションセンターの開設
  • 個人情報以外のすべての情報を公開
  • 希望ソウル生活指標の開発(2012)及び市民報告

3. 市民が参加する現場コミュニケーションの活性化

01_policy_JAP_07_05

  • 聴策ワークショップ、隣の街訪問、インターネット・SNSなどのさまざまコミュニケーション方法 – 政策懸案に対する意見の収集
  • 貴重な市民の意見の政策化 – 市民のアイディアを補完・発展させて政策として実現
  • 市民参加オンブズマンの導入 – 分野別に市民専門家が参加、調査活動及び政策提言

村共同体を育成し、助け合いながら暮らせる心温まるソウルを作ります。

1. 村共同体の育成基盤の構築(2014年25ヶ所)

01_policy_JAP_07_06

  • 村共同体の基礎調査及び支援計画の策定(2012年6月) – 地域特性、人的・物的資源、支援方法など
  • 村づくりの支援 – 住民の自律的事業の実施、公共は行政・財政的な支援をする

2. 村共同体の総合支援センター設置(2012年)

村共同体支援センター

01_policy_JAP_07_07

  • 民間部門と市・自治区推進体系間のネットワークの役体制割
  • 教育、メントリング、地域単位の支援センター間の事業支援

3. 住民中心の村学校の運営(2014年 25ヶ所)

01_policy_JAP_07_08

  • 地域社会と一丸となる共同体教育の実現 – 生涯学習院、子供学校、村アカデミーなど
  • 地域社会に基盤を置いた教育プログラムと連携システムを構築