市政運営の計画

A A


資料基準日:2017年1月2日

若年者の自己実現を支える希望的な経済体制を作ります。

1. 若年者の専門人材を育成し、未来経済基盤を強化

若年者の専門人材 <単位:人>

01_policy_JAP_04_01

  • 企業-大学間の連携、体系的な人才育成 – 創造アカデミー、キャンパスCEOなど
  • 東北圏の大学及び研究機関の連携、モバイル産業の拠点造成 – 東北圏の大学、KIST、ソンス(聖水)IT地区など
  • 民・官が協力して、スマートアプリ関連の専門人材を育成
  • 歴史・文化コンテンツ商品の開発・創造専門家の育成

2.『ソウル型未来革新職業』 発掘・育成

アイディアの発掘 → 事業化の支援 → プログラムの連携 → 企業間の協力・支援

  • 若年者雇用ハーブセンターの設立 – 新しい雇用アイディアの発掘及び事業化の支援

3. 若年者の創業・起業に対する体系的支援

若年者が創業・起業した企業 <単位:社>

01_policy_JAP_04_03

  • 創業・保育段階 – 新鮮なアイディアを持つ未来の青年実業家の選抜・支援
  • 市場への参入段階 – 共同ブランドの開発及びマーケティング、企業の自活力の強化
  • 成長段階 – 販路及び失敗企業の再起プログラムなど卒業企業の支援

分かち合いと連帯による良質の雇用を創出します。

1. 持続可能な良質の雇用創出支援

  • 社会投資基金3,000億ウォン造成(公共部門1,500億ウォン、市民少額参加1,500億ウォン), 社会的企業、村企業、青年ベンチャー企業などへの資金支援
  • ソウル型マイクロクレジット200億ウォン運営 – 生計型自営業者、失業者など一般市民を対象とした無保証少額金融サービス
  • 都市型製造業社(10人未満)への雇用補助金、就職奨励金の導入

2. 村企業及び社会的企業の自律的成長基盤を提供

地域共同体

01_policy_JAP_04_05

村企業 <単位:社>

01_policy_JAP_04_06

 

  • 地域共同体の基盤となる住民組職の育成 ► 村企業の活性化
  • 社会的企業開発センターの運営 ► 成長段階別のニーズに応じた支援

3. 勤労条件を改善し、労働者の権利を尊重する社会的雰囲気を醸成

01_policy_JAP_04_07

  • 公共部門における非正社員の正社員化:2012年中に基本方案を準備 – 民間部門:標準契約のガイドライン及びインセンティブによって雇用構造を改善
  • 脆弱労働者の権益保護プログラムの拡充 – 労働福祉センター 25ヶ所、市民名誉労働オンブズマン 75人