Go to Main Content Go to Footer Content

主な事業

A A

村共同体支援事業

高度成長の影、住民の葛藤深化と共同体の弱体化

韓国経済は、持続的な高度成長を記録してきました。これにより、無分別な都市化は拡大しており、過度の匿名性の拡大と共同体の崩壊を生み出しました。韓国の引っ越し率は20%前後と世界的にも高い数値を記録しており、これは地域共同体がどれほど脆弱なのかを間接的に現わしています。開発中心の都市政策が推進され、住民間の対立が深刻化し、スペースに基づいたコミュニティは衰退しました。住民のための共同スペースが減り、住民間の関係が弱まり、都市民の幸福指数と生活の質は低下しました。ソウル市では、このような無分別な都市化、競争の激化に伴う市民の生活の質の低下、コミュニティの崩壊、加速する人間疎外などの社会的問題を解決し、持続可能な発展のために市民が幸せな村共同体が必要であるという認識の下、住民自ら村共同体をつくっていくことを支援する「村共同体事業」を開始しました。

村共同体をつくるためのソウル市の支援方向

ソウル「村共同体事業」は、村事業提案、計画の樹立、実行、事後管理など、事業の全過程を住民が樹立して推進する住民主導の事業です。住民が村に必要な仕事と共同の関心事を探し、村共同体が形成されるよう支援する一切の活動について包括的に支援し、教育、コンサルティング、カウンセリングなどを提供しています。住民が気軽にいつでも参加できるよう、年間を通して住民提案方式で構成し、「共同の問題意識」と「自発的推進意思」さえあれば、どの単位の村でも「村共同体事業」を申請することができます。

 

村共同体をつくるためのソウル市の支援方向

住民が共に集まり(村カフェ)、共に育て(共同育児)、共に健全な公論を考え(エネルギー自立・安全な村)、共に仕事先を設け(地域(町)企業)、共に楽しむ(村祭り)のすべての活動が「村共同体事業」の対象となります。

「村共同体事業」申込みおよび支援手順

「村共同体事業」申込みおよび支援手順

村共同体の回復のための基盤づくり

  • ソウル市は、「村共同体事業」を具体化した後、2012年1月、ソウル革新企画官の下村共同体担当官を推進機関として新設しました。村共同体担当官は、基盤の構築に力を注ぎ、民間の専門家と村の活動家が参加する官民ガバナンスを構築し、事業の方向性とシステムを確立し、内容を構成していきます。
  • 事業の法的根拠を設けるための「村共同体づくり支援等に関する条例」を共同で準備し、2012年3月に公布しました。4月には学術セミナーを通じて学界と現場の専門家の意見を聞き、市民の意見を積極的に収集するための市民討論会を5月に開催しました。ソウル市村共同体担当官フェイスブックなど、SNSを利用したリアルタイム市民コミュニケーションで共感を高めています。ソウル研究院が主軸となってソウル全域を対象に村共同体の基礎調査を実施し、それによって2012年9月に基本計画を樹立・発表するなどの基盤を構築しました。
  • 「村共同体事業」は、今後5年間で段階的に事業を推進し、2014年までに住民主導の村共同体の基礎基盤を構築し、2017年までに村共同体の拡散と電波を通じた村共同体ネットワークと村指向の行政を定着させていく計画です。住民参加こそが村共同体の核心であり、村共同体総合支援センターが中間支援を、ソウル市が行政支援をします。ソウル市「村共同体事業」に基づき村のあちこちにコミュニティ文化が拡散し、驚くほど様々な村の活動が行われ、それぞれのコミュニティが造成されます。ソウル市は、住民が自らの生活を豊かにするために構想する住宅·福祉·文化·経済のすべての悩みが良い結果を結ぶよう行政的に支援します。また、2017年までに3千人の村の活動家を育成し、ソウルの隅々まで村共同体を育成する計画です。毎年、洞ごとに1つ程度の小さなコミュニティ活動を支援し、5年間で2千以上の様々な村活動が行われることが期待されます。

村から始まる変化

① 住民の関心と参加が大いに増えました。

2012年村共同体支援事業541件のうち87.3%が、2013年にも続けられました。2013年の村共同体事業の申請件数は2012年に比べ、二倍の2,233件であり、従来の村の活動団体ではなく、住民集会の申し込みが68%を占め、住民自ら村共同体を実現する基礎を築きました。

② 村から新しい暮らしが始まりました。

専業主婦が村の働き者に成長したケースが増えています(トンジャクグ(銅雀区)親コミュニティ「ファイト!夢見るどんぐり」など)。村放送局を通じて単なる隣人ではなく友人になりました(チョンノグ(鍾路区)村メディア「チャンシンドン(昌信洞)ラジオ・ドム」など)。閉鎖的であったアパートが、住民が互いにコミュニケーションを行う場となりました(カンブクグ(江北区)アパート共同体「コドク(高徳)サンノクアパート」など)。さらに、職能団体は村共同体を通じて、持続可能で新しい代案を見つけました(セマウル運動・クムチョン(衿川)支会の共同育児など)。

  • 2012年村共同体支援:35事業、597億ウォン
  • 2013年村共同体支援:22事業、222億ウォン

村共同体の代表事例

① 三角山「面白い村」

Comunidad ciudadana Samgaksan Jaeminan 1

Comunidad ciudadana Samgaksan Jaeminan 2

江北区牛耳洞、仁寿洞、水踰3洞一帯に位置しており、1998年に共同育児からスタートし、住民約600人が参加しています。住民主導で村共同体事業まで拡大された事例です。各種プログラムが行われる村の客間「面白いカフェ」、住民の才能のプロボと分かち合いを通じた「村の学び場」、音楽でコミュニケーションをとる村バンド「面白いバンド(30〜40代)」、住民が作り、住民が見る「村劇場牛耳洞」など様々な活動をしています。

② ソンミ山村

Comunidad ciudadana Seongmisan 1

Comunidad ciudadana Seongmisan 2

1994年、若い親30世帯が麻浦区城山洞、延南洞、西橋洞、望遠洞一帯に住宅を購入し、共同育児保育園をスタートしたことで始まった村です。現在30〜40代を中心に400世帯/1,000人が家族中心のコミュニティを形成しています。共同保育、トゥレ生協、村劇場、ソンミ山学校など教育·文化·福祉ケア·コミュニティを活発に運営しており、「小さな木」カフェなど、地域(町)企業20社が活動しています。

③ 石串洞 石串斗山アパート

Pisos Seokgwan Doosan, Seokgwan-dong 1

Pisos Seokgwan Doosan, Seokgwan-dong

25棟1,998世帯の城北区石串洞の石串斗山アパートは、様々な省エネ努力により管理費の削減を実践しているアパートで、省エネ型アパート村共同体が形成されています。地下駐車場の照明をLED照明に交換して毎月1,800万ウォンの電気代を削減しており、省エネ製品の設置、リサイクルグリーンマーケットの運営、省エネ教育などを実施し、住民が率先して省エネを生活化しており、多くの人々が石串斗山のアパートを訪問して節約ノウハウをベンチマーキングしています。

④ ソンデコル村

Comunidad ciudadana Seongdaegol 1

Comunidad ciudadana Seongdaegol 2

銅雀区上道3・4洞一帯に位置しており、市民団体「希望の村」と上道3・4洞の住民が募金で作った民間図書館「ソンデコルこども図書館」を中心に村共同体が形成されました。前年比削減した電気使用量をグラフで表示し、各家庭の省エネ競争を誘導する「ソンデコル節電所」の運営、地域商店街の節電を勧める「優しいお店認定制」の他にも、図書館を中心とした様々な小グループが活動しており、最近「省エネ型村共同体」として注目が集まっています。

⑤ 三仙洞「長寿村」

Samseon-dong, comunidad ciudadana Jangsu

城北区三仙洞300番地一帯に位置しており、1960〜1970年代の風景が残る166軒の古い家が密集しています。2004年に再開発予定区域に指定されましたが、大規模な再開発は難しいのが実情です。そこで2008年、地域活動家を中心に「長寿村代案開発研究会」が構成され、生活環境を改善し、自立できる基盤を住民と共に悩みながら実践しています。「まちの大工」を中心に、地域内の空き家のリフォームや家修理事業を推進しており、路地デザイン(壁画描き)、家庭菜園分譲、木工教室など様々な事業を展開しています。