中核政策ニュース

A A
  • 持続可能な世界都市の発展! ソウル市が主導する。

    SMG 851
  • 持続可能な発展目標のための都市政策共有国際フォーラム開催

    今年6月8日から10日まで海外都市の公務員、国際機構の関係者(UN HABITAT、UN ESCAPなど)、世界都市専門家など、海外の100人を含む300人がソウル市庁8階の多目的ホール(Multipurpose Hall)に集まる予定である。

    彼らはソウル市(海外都市協力担当官)が開催する「持続可能な発展目標のための都市政策共有フォーラム」に参加し、様々な分野(電子政府、上下水道、都市計画、環境、交通、都市安全)で都市政策についての議論を行い、優秀政策を交流する予定である。

    この行事は昨年9月190ヶ国の首脳たちが集まってUNで合意した、「持続可能な発展目標(SDGs)」を都市次元で実践し、協力方案を議論するためにソウル市が主導してUNESCAP(国連アジア太平洋経済社会委員会)、CityNet(人間定住のための地方政府ネットワーク)」と共同で用意したのです。

    フォーラム期間中には様々な都市政策、技術、ノウハウなどが紹介される予定であり、ソウル市の優秀政策、民間企業の優秀技術の広報、都市間の協力ネットワークなどが成り立って世界都市発展に寄与することはもちろん、「ソウル市の優秀政策の海外共有事業」も活性化されると期待します。