交通ニュース

A A
  • 往復6車線のウンボン(鷹峰)橋 10月中旬全面開通

    SMG 957
  • Eungbonggyo

    ソンス(聖水)大橋北端とソンドン(城東)区を結ぶ往復4車線のウンボン(鷹峰)橋(総延長633m)が、往復6車線に拡張され、10月中旬に全面開通します。2008年10月に着手したウンボン(鷹峰)橋の拡張・改修工事は、2015年12月の完成を目途に付帯施設など残りの工事が行われています。

    ソウル市は、工事が完了した4車線を31日(月)16時に開通させます。工事のために設置された「S字型」の仮設橋梁を通行する車両利用者の不便を一日も早く解消し、安全を確保するためです。

    ただし、安全のため、歩行者は階段やエレベーターといった安全施設の設置が完了する10月までは仮設橋梁の歩行路を利用することになります。

    ウンボン(鷹峰)橋は一日の平均交通量が5万6千台に上り、これをすべて消化しながら工事を進めなければならないという厳しい条件と工事対象地の立地条件から、当初の計画よりも工事期間が長くなりました。

    ソウル市の景観スポットの一つであるウンボン(鷹峰)山が近くにあるウンボン(鷹峰)橋は、周辺の景観と調和をなすようチュンナンチョン(中浪川)を横切る橋梁の中心部がきれいなアーチ型になっているのが特徴です。

    一方、先に開通する往復4車線の車両通行は全体の工事が完了するまで維持され、「S字型」の仮設橋梁は風水害対策期間が終了する10月中旬から撤去が始まります。

    Eungbong_map

    ▶ 詳細を見る : Click!