Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • 希望オンドルは1年365日続く!

  • SMG 1314
    image_pdfimage_print

        希望オンドル事業を一年中推進、希望オンドル市民企画委員会を常時運営

        今まで冬季間に限り行っていた脆弱階層保護対策の一環である「希望オンドル事業」を一年中推進することにした。福祉死角地帯を発掘・支援するため地域ネットワークを拡大・強化するとともに「希望オンドル市民企画委員会」を常時運営する。

        「ネットワーク福祉センター」を 「福祉NPO支援センター」に

        ソウル市福祉財団である「ネットワーク福祉センター」を「福祉NPO支援センター」に改称するとともに再確立し、今後はプルプリ(草の根)市民団体を育成しながら官民協力の中枢的役割を果たすよう機能転換する。

        今年6月中に「ソウル福祉法律センター」オープン

        実行段階で提起された問題事例は12分野264件。これらの事例を基に、ソウル地方弁護士会、民主社会のための弁護士会、参与連帯などが協力し、今年6月中に「ソウル福祉法律センター」をオープンする。専門家による福祉法律サービスを提供しながら制度的な基盤を整備していく計画だ。

        また、従来の「オンライン希望オンドルコミュニティマップ」(http://ondol.welfare.seoul.kr)を再設計して、希望オンドル公募事業を実施する。模範事例などを紹介しながら一般市民や民間団体の参加を呼びかけていく予定だ。

        今年は希望オンドル事業を通じてより多くの人々に愛を伝え、ソウル市民の心も体も温かく満たされることを期待しています。.^^