市長動静

A A
  • 市長室では今何が行われてる?ソウル市「ソーシャル生放送」24時間オープン

    SMG 1251
  •       ソウル市は、市政の実施状況の公開及び市民とのリアルタイムでのコミュニケーションを拡大・強化することを明らかにした。このためインターネット放送、ソーシャル生放送『ライブソウル、ライブ元淳』を7月10日に正式にオープンする。ソーシャル生放送とは従来の放送とは異なり、SNSなどのソーシャルメディアを利用して視聴者が放送されている内容について他の視聴者と意見を交わしたり、番組の司会者と話をするという形式で進行する番組のことだ。

         『ライブソウル、ライブ元淳』は、市長室にネットワークカメラを設置し、市長室内で行われる主な会議や業務報告などをオンラインで公開するというもので、オープン前から大きな関心を集めている。『ライブソウル』(http://tv.seoul.go.kr)は、ソウル市で行われる行事、各種政策会議、さまざまなコミュニケーションの場を公開する。また、『ライブ元淳』(http://mayor.seoul.go.kr/wonsoontv)では、ソウル市長と市民が主要施策について直接意見を交わすことができる。『ライブソウル、ライブ元淳』は、オンライン生放送及び過去放送した番組を見られるサービスがあり、24時間常時放送サービスを提供する。

         昨年11月にオンライン就任式でスタートしたソーシャル生放送サービスは「朴元淳のソウルストーリー」「オンライン聴策」「各種会議リアルタイム公開」などという形で市民とのコミュニケーション経路を少しずつ拡大してきた。また、全番組にソーシャルコメント掲示板を設け、番組に対する意見を誰でも共有できるようにしている。これらのサービスは、各種モバイル器機(スマートフォン、タブレットPC)を通じて利用できる。

    主な送出チャンネル