Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • 市民作家たち、「熱い地球を冷ます良いエネルギーweb漫画」の連載をスタート

  • SMG 1551
    image_pdfimage_print

        ソウル市はソウルをエネルギー消費都市から生産都市へと変えるという目標を掲げている。それは、省エネと新・再生可能エネルギーの生産拡大により、原発一つが生産する電力量分を節約・生産しようというものである。「原発を一つ減らす」政策はその意思表明である。ソウル市はその政策を市民に効果的に知らせ、参加を促すため、WOWソウルホームページでweb漫画連載を開始した。

        ソウル市を代表するweb漫画作家の8人は、エネルギー節約・生産の文化を定着させるため、「良いエネルギー」の連載を開始している。そこでは温室効果ガス発生の90%を占めるエネルギー使用量を減らし、熱い地球を冷ますノウハウが紹介されている。

        WOWソウル公募展の受賞などにより才能を認められた作家たちが、事業部門の12の市民実践内容についてweb漫画で紹介しているのは、生活の中で実践できる「電気を一つ消す」などの小さな省エネの実践から「エコ・マイレージ」などソウル市が進めている事業などへの参加である。