Go to Main Content Go to Footer Content

教育/女性/児童ニュース

A A
  • 子どもの事故1日平均10人 「家庭(場所)」「落下(類型)」「1歳(年齢)」がトップ

  • SMG 1887

    ソウル市消防災難本部は、119救急隊が搬送した7歳以下の子どもの事故分析結果を発表しました。2013年の一年間で、ソウル市内で病気を除く事故で119救急隊によって搬送された7歳以下の子どもは3660人に上り、これは毎日10人の子どもが事故に遭っている計算になります。

    まず、事故原因別で見ると、落下が1539人(42.0%)と最も多く、次いで交通事故が421人(11.5%)、気道障害360人(9.8%)、衝突358人(9.8%)、火傷236人(6.5%)、挟まれ事故170人(4.6%)、刺傷159人(4.3%)、自転車110人(3.0%)、有害物質50人(1.4%)、その他の順でした。

    場所別で見ると、家庭2314人(63.2%)、道路(歩道)462人(12.6%)、住宅街(家の前)295人(8.1%)、遊び場123人(3.4%)、建物の中119人(3.3%)、保育園24人(0.6%)、その他の順でした。

    年齢別では、1歳が926人(25.3%)と最も多く、次いで2歳が682人(18.6%)、3歳540人(14.8%)、4歳449人(12.3%)、5歳381人(10.4%)、6歳363人(9.9%)、7歳319人(8.7%)の順でした。

    事故原因と年齢の相関関係を分析した結果、年齢が低くなるほど気道障害や火傷、有害物質などの事故が多く、自転車事故は年齢が高くなるほど事故率が高くなりました。

    < 2013年の一年間でソウル市内で119救急隊によって搬送された7歳以下の子どもの事故の現況 >

    ♣ 原因別の現況

    区分 落下

    (墜落)
    交通
    事故
    気道

    障害
    衝突 火傷 挟まれ

    刺傷 自転車 有害物質 落下物 その他
    人数 1539 421 360 358 236 170 159 110 50 46 35 176 3,660
    割合 42.0 11.5 9.8 9.8 6.5 4.6 4.3 3.0 1.4 1.3 1.0 4.8 100

    ♣ 場所別の現況

    区分 家庭 道路
    (歩道)
    /
    住宅街
    (家の前)
    遊び場 建物の中 保育園
    (幼稚園)
    その他

    (公園、屋外など)
    人数 2314 462 295 123 119 24 323 3,660
    割合 63.2 12.6 8.1 3.4 3.3 0.6 8.8 100

    ♣ 年齢別の現況

    区分 1 歳 2 歳 3 歳 4 歳 5 歳 6 歳 7 歳
    人数 926 682 540 449 381 363 319 3,660
    割合 25.3 18.6 14.8 12.3 10.4 9.9 8.7 100

    • 年齢が低くなるほど事故に遭いやすく、1歳の事故率は7歳の2.9倍

    ♣ 性別の現況

    区分 男児 女児
    人数 2202 1458 3,660
    割合 60.2 39.8 100