Go to Main Content Go to Footer Content

[2015] 市長挨拶

A A
  • 女性が幸せな 「女性安心特別市ソウル」

  • SMG 193

    2015「女性安心帰宅スカウト」発足式

    日付 2015年3月5日 | 場所 ソウル市庁多目的ホール

    皆様、こんにちは。お会いすることができて嬉しいです。ソウル特別市長パク・ウォンスンと申します。「女性安心帰宅スカウト」に選抜されたすべての方々に、お祝いとご感謝の言葉を申し上げます。

    「女性安心帰宅スカウト」は、日増しに深刻になっている女性対象犯罪を、事前に予防するため開始した事業です。これまで10万件を超える帰宅支援を通じて、多くの女性を家まで安全に送り届けてきました。スカウト皆様のそのような活動は、実際に夜の女性犯罪予防に大きく貢献し、何度もマスコミを通じてその成果が報道されました。

    しかし、女性たちを対象とするこれらの犯罪は、依然として時間や場所を問わず発生し続け、女性たちは不安と恐ろしい気持ちを断ち切れていないのが現状です。

    それでも私は、「女性安心帰宅スカウト」の皆様のおかげで、大分安心できるようになったと思いますが、皆様はどう思われますが? 私自身もスカウト隊員として「帰宅サポート」に直接参加し、パトロールにも挑戦してみましたが、スカウトの皆様の苦労も知ることができ、また市民の安全を守ったという自負心も感じられました。ソウル市は、これからも市民の安全のために、もっと努力していきます。特にスカウト皆様の活動に困ることがないよう、最善を尽くしてまいります。

    皆様、3月8日が何の日かご存知ですか? 正解は「国際女性デー」です。ソウル市は、「国際女性デー」を迎えてソウル市の女性政策をさらに強化するために、本日午前、新しい女性政策を発表しました。その要は、韓国社会をよりよい社会に変えていく過程において、女性の力をより多く活用するということです。

    そこで、地域の女性たちが運営する「国公立保育園」、「デイケアセンター」、「お家ご飯プロジェクト」、「放課後教育協同組合」などの政策を通じて、女性が中心となる多様な共同体を活性化し、それを社会的経済につなげることで、女性に経済の一つの主体になっていただくのです。女性の力でソウルを変えていくことに、力量を集中する計画です。皆様、いかがですか? 大賛成ですよね?

    ソウル市は、これからも女性が安心して安全な暮らしを過ごせるソウル、女性が中心となって変えていく、女性が幸せなソウル、さらに皆が幸せな人生を送れるソウルに作ってまいります。皆様もぜひ力を貸してください。ありがとうございました。