Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • 外国人に最も人気のソウルウォーキングツアーコース

  • SMG 183

    ソウル市内で外国人が一番歩きたいと思う場所はどこだろうか? ソウル市はキョンボックン(景福宮)、チャンドッグン(昌徳宮)、プクチョン(北村)などソウル市の人気観光スポットを歩きながらソウル固有の魅力を発見する「ソウルウォーキングツアー」コースを体験するイベントを実施する。

    文化観光解説ガイドの専門的な説明を聞きながら無料でソウル市内を探訪する「ソウルウォーキングツアー」プログラムは、[伝統文化中心地域][近代文化中心地域][生態復元地域]など33コースに分かれている。

    今回のイベントは、ソウル市に住む外国人やソウル市を訪れた外国人観光客を対象に行われ、参加者は2019年9月30日までに「ソウルウォーキングツアー」のレビューを作成する。

    参加方法は「ソウルウォーキングツアー」予約サイト(http://english.visitseoul.net/walking-tour)にて体験したいコースを予約し、体験後には「ソウルウォーキングツアー」Facebook(https://www.facebook.com/doboseoul)に参加した時の写真をアップして所感を書き込む。参加者の中から抽選で1組(3人)に景品(Amazonギフト券$150)を提供する。当選者は10月初旬に「ソウルウォーキングツアー」Facebookに掲載する。

    ソウル市は今回のイベントで、外国人に最も人気のあった5つのコースを選定して「ソウルウォーキングツアー」SNSにて広報、ソウル市を訪れる外国人観光客がより有意義に楽しくソウルを経験できるようにする予定だ。

    ソウル市は「ソウルウォーキングツアー」を継続して開発、その結果、韓国内及び海外からソウルを訪れる観光客数は年々増加している。特にソウル市内の夏の夜景が満喫できる「ソウルロ夜行」コースと猛暑で疲れ果てた心身をリフレッシュさせる「チョンゲチョン(清渓川)1」コースが人気を集めるものと期待される。

    「ソウルロ夜行」(2km・2時間)コースは、ソウルの新しいランドマークであるソウルロからスタートし、ナムデムン(南大門)教会、ハニャン(漢陽)都城、ナムサン(南山)のペクポム(白凡)広場まで歩くコースだ。真夏の夜に現代的なソウルロと歴史が息づくハニャン(漢陽)都城を歩きながら都心の中で癒しのひと時を過ごせる。

    また、チョンゲチョン(清渓川)1コース(2.7km・2時間30分)は、蒸し暑い夏に都心の中で清涼感が感じられるコース。チョンゲチョン(清渓川)に沿ってチョンゲ(清渓)広場、クァントンギョ(広通橋)、スピョギョ(水標橋)、オガンスギョ(五間水橋)、イガンスムン(二間水門)まで続く橋を歩きながらクァンファムン(光化門)、チョンノ(鍾路)、トンデムン(東大門)など周辺観光地の見どころや食べどころまで楽しめる。

    外国人に最も人気のソウルウォーキングツアーコース
    外国人に最も人気のソウルウォーキングツアーコース
    外国人に最も人気のソウルウォーキングツアーコース 外国人に最も人気のソウルウォーキングツアーコース
    Foreigners’ Favorite, Seoul City Walking Tour
    外国人に最も人気のソウルウォーキングツアーコース 外国人に最も人気のソウルウォーキングツアーコース