メインコンテンツに移動
T T

福祉/健康/安全ニュース

  • 変わる「ソーシャル・ディスタンシング」のお知らせ

  • ソウル市総合ニュース SMG 1245

    変更理由:自律と責任に基づいた持続可能なソーシャル・ディスタンシング体系の構築
    適用日:2021年7月12日以降
    主な変更内容

    • ▸段階の簡素化および段階引き上げ基準の調整
    • ▸段階別に集まることができる人数を変更
    • ▸大人数の利用施設について、危険度に応じて利用制限を変更
    • ▸防疫心得を違反した場合の罰則強化および違反営業所の一発アウト制など

    1. 段階区分および基準の調整:従来5段階→ 4段階に簡素化

    段階区分および基準の調整:従来5段階→ 4段階に簡素化
    区分 第1段階 第2段階 第3段階 第4段階
    感染者基準 全国 500人未満 500人以上 1,000人以上 2,000人以上
    ソウル 97人未満 97人以上 195人以上 389人以上

    2. 私的な集まり、イベント、集会の段階別人数制限

    私的な集まり、イベント、集会の段階別人数制限
    区分 第1段階 第2段階 第3段階 第4段階
    私的な集まり ▪ 制限はなく、防疫心得を遵守すること ▪ 8人まで可能 ▪ 4人まで可能 ▪≤ 18時以前 4人,
    18時以降 2人
    イベント ▪ 500人以上のイベント開催時は自治体に事前に届出 ▪ 100人未満可能 ▪ 50人未満可能 ▪ イベント禁止
    集会 ▪ 500人未満可能 ▪ 100人未満可能 ▪ 50人未満可能 ▪ 1人デモ以外のデモは禁止

    ※ 人数制限の例外
    – 直系家族が集まる場合、第2段階までは私的な集まりの人数制限を適用しない(※ 第3段階から例外しなし)
    – 同居家族、ケア要員(児童・高齢者・障害者など)、臨終を迎える場合は私的な集まりの人数制限を適用しない

    3. 大人数の利用施設の防疫管理

    ○ 大人数の利用施設のリスク度グループ別に分類

    大人数の利用施設のリスク度グループ別に分類
    区分 主要施設
    1グループ △遊興施設、△ホールデムパブ(カードゲームを楽しめるパブ)、△コーラテック(高齢者向けディスコ)・ダンスホール
    2グループ △カラオケ、△飲食店・カフェ、△銭湯・サウナ、△訪問販売などのための直接販売広報館、△室内体育施設(高強度・有酸素)
    3グループ △映画館・公演場、△塾、△結婚式場、△お葬儀場、△理容・美容業、△ネットカフェ、△ゲームセンター・マルチルーム、△読書室・スタディーカフェ、△遊園地・ウォーターパーク、△商店・スーパー・百貨店(300m2以上)、△カジノ、△室内体育施設(高強度・有酸素ほか)/td>

    ○ 大人数の利用施設の段階別防疫心得

    大人数の利用施設の段階別防疫心得
    区分 第1段階 第2段階 第3段階 第4段階
    遊興施設、ホールデムパブ(カードゲームを楽しめるパブ)、コーラテック(高齢者向けディスコ)など 施設面積6m2当たり1人
    (クラブ、ナイトクラブは8m2当たり1人)
    営業時間制限なし
    施設面積8m2当たり1人
    (クラブ、ナイトクラブは10m2当たり1人)
    24時以降営業中断
    施設面積8m2当たり1人
    (クラブ、ナイトクラブは10m2当たり1人)
    22時以降営業中断
    施設面積8m2当たり1人
    22時以降営業中断
    (クラブ、ナイトクラブ、感性酒店(若者向けダンス居酒屋)、相席居酒屋は集合禁止)
    飲食店、カフェ テーブル間の距離1mを確保するか、座席・テーブルを1つ飛ばしにするか、テーブル間に仕切りを設置(50m²以上)のうち1つを遵守すること
    営業時間制限なし 24時以降営業中断
    テイクアウト・デリバリーのみ許可
    22時以後営業中断
    テイクアウト・デリバリーのみ許可
    22時以降営業中断
    テイクアウト・デリバリーのみ許可
    カラオケ, 浴場業, 訪問販売 施設面積6m2当たり1人
    営業時間制限なし
    施設面積8m2当たり1人
    営業時間制限なし
    *カラオケは24時以降営業中断
    施設面積8m2当たり1人
    22時以降営業中断
    施設面積8m2当たり1人
    22時以降営業中断
    室内体育施設, 理容・美容業,ネットカフェ 施設面積6m2当たり1人
    営業時間制限なし
    施設面積8m2当たり1人
    営業時間制限なし
    施設面積8m2当たり1人
    営業時間制限なし
    ※プールは22時以降営業中断
    施設面積8m2当たり1人
    22時以降営業中断
    座席を1つ飛ばしにする、または施設面積4m2当たり1人
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする、または施設面積6m2当たり1人
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする、または施設面積6m2当たり1人
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする、または施設面積6m2当たり1人
    22時以降営業中断
    読書室、スタディーカフェ 座席を1つ飛ばしにする
    (仕切りがある場合は除く)
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする
    (仕切りがある場合は除く)
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする
    (仕切りがある場合は除く)
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする
    (仕切りがある場合は除く)
    22時以降営業中断
    映画館、公演場 座席を飛ばす必要なし
    営業時間制限なし
    同行者以外は座席を1つ飛ばしにする
    営業時間制限なし
    同行者以外は座席を1つ飛ばしにする
    営業時間制限なし
    同行者以外は座席を1つ飛ばしにする
    22時以降営業中断
    商店、
    スーパー、
    百貨店
    試飲、試食、休憩室を利用、集客イベントの禁止(第2段階~第4段階)
    営業時間制限なし 営業時間制限なし 営業時間制限なし 22時以降営業中断
    結婚式場、お葬儀場 テーブル間の距離1mを確保するか、座席・テーブルを1つ飛ばしにするか、テーブル間に仕切りを設置(50m²以上)のうち1つを遵守すること
    4m2当たり1人 100人未満
    4m2当たり1人
    50人未満
    4m2当たり1人
    直系家族のみ許可
    ネットカフェ 座席を飛ばす必要なし
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする
    (仕切りがある場合は除く)
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする
    (仕切りがある場合は除く)
    営業時間制限なし
    座席を1つ飛ばしにする
    (仕切りがある場合は除く)
    22時以降営業中断

    4. 事業所、宗教施設、介護施設などの施設

    事業所、宗教施設、介護施設などの施設
    区分 第1段階 第2段階 第3段階 第4段階
    事業所 ▪ 通勤時間や昼休みについてフレキシブルタイムを活用、在宅勤務を勧告 ▪ 3300人以上の事業所(製造業は除く)には、通勤・昼休みのフレキシブルタイム制、勤務者の10%に在宅勤務を勧告 ▪ 50人以上の事業所(製造業は除く)には、通勤・昼休みのフレキシブルタイム制、勤務者の20%に在宅勤務を勧告 ▪ 製造業以外の事業所には、通勤・昼休みのフレキシブルタイム制、勤務者の30%に在宅勤務を勧告
    宿泊施設 ▪ 客室内の定員基準遵守 ▪ 客室内の定員基準遵守 ▪ 客室内の定員基準遵守
    (全客室の3/4運営)
    ▪ 客室内の定員基準遵守
    (全客室の2/3運営)
    キッズカ
    フェ、展示会
    ▪ 施設面積 4㎡当たり 1人 ▪ 施設面積 6㎡当たり 1人
    パーティール
    ーム、
    マッサージ
    ▪ 施設面積 6㎡当たり 1人 ▪ 施設面積 8㎡当たり 1人
    宗教施設 ▪ 全体収容人数の50%
    (座席を1つ飛ばしにす)
    ▪ 全体収容人数の30%
    (座席を2つ飛ばしにす)
    ▪ 全体収容人数の20%
    (座席を4つ飛ばしにす)
    ▪ 非対面
    ▪ 集まり・食事・宿泊は自粛 ▪ 集まり・食事・宿泊禁止
    介護病院、介護施設 ▪ 従事者の先制検査については自治体の判断 ▪ 2週間に1回、従事者の先制検査(予防接種完了者は除く)사
    ▪ 非接触の訪問面会を許可、予防接種完了者は接触面会を許可 ▪ 訪問面会禁止
    学校 ▪ 基本的な防疫心得遵守および全面登校可能 ▪ 密集度1/3~2/3 ▪ 遠隔授業

    5. 個人と施設の防疫管理に対する責任を強化

    ○ 個人が防疫遵守事項を違反した場合、罰則を強化

    • – 防疫心得を違反して感染した場合、生活支援金の支援から除外し、防疫心得の違反により集団感染(クラスター)が発生した場合、違反者(個人、団体)に求償権を行使

    ○ 施設管理・責任強化および一発アウト制を施行

    • – 防疫心得を違反した営業所に2週間集合禁止命令
    • – 防疫心得を違反した営業所で集団感染が発生した場合、損失補償金、災難支援金など各種補償から除外

    6. 8月9日以降より変更される防疫心得

    * 以下の心得以外には、現在適用されている一時的な措置を正式なものとするだけですので、実際に現場で変更される点はありません。

    8月9日以降より変更される防疫心得
      現在適用されている心得 変更される心得
    直系家族の集まり (第3段階) 私的な集まりの人数制限の例外とする (第3段階) 私的な集まりの人数制限を提供する。例外として認めない
    1歳の誕生日祝い 1歳の誕生日祝い専門店には別途の心得を適用する 1歳の誕生日祝いについて、一元化した心得を適用する
    スポーツイベント (第3段階) イベントに分類し、50人未満の場合は許可する (第3段階) 圏域間の移動を含む大規模なスポーツイベントは、文化体育観光部の協議を経て実施する
    学術イベント (第3段階) 国際会議の防疫心得を適用し、別途の人数制限なし (第3段階) 動線が分離されている空間ごとに50人未満に分けて実施する
    公演場
    (正規公演施設以外の公演施設)
    正規公演施設以外の公演場での公演は禁止(一時的な措置) (第3段階) 面積6m2あたり1人、最大2千人までに制限し、防疫心得の遵守の有無をモニタリングするために、公演中に観客を常時撮影する
    展示会・博覧会 (第4段階) ブースの常駐スタッフの人数を制限する(2人)、PCR検査を義務化する、事前予約制で運営する (第3~4段階) ブースの常駐スタッフの人数を制限する(2人)、PCR検査を義務化する、事前予約制で運営する
    理容・美容業 (第4段階) 22時以後営業時間を制限 (第4段階) 営業時間の制限なし
    宗教施設 (第4段階) 収容人数の10%、最大19人まで正規の宗教活動を許可する (第4段階) 収容人数が100人以下の場合は10人、101人以上の場合は収容人数の10%まで正規の宗教活動を許可する(最大99人)